FC2ブログ
2020-02-08(Sat)

逗子の斜面崩落 凝灰岩 強く風化 原因か

土砂災害警戒区域 土地工作物責任 法面に瑕疵なら 占有者に責任

毎日新聞2020年2月8日 12時53分(最終更新 2月8日 12時53分)
「斜面を覆う凝灰岩、強く風化」 亀裂入りもろく 逗子土砂崩落の現場
----神奈川県逗子市池子で市道沿いの傾斜地の一部が崩落し、土砂の下敷きになった県立高校の女子生徒(18)が死亡した事故で、国土交通省国土技術政策総合研究所の中谷洋明・土砂災害研究室長らが7日、現場を調査した。中谷氏は終了後「斜面を覆う凝灰岩が強く風化していた。これにより崩落が起きたとみられる」と述べた。


読売新聞 2020/02/08 07:47
逗子の斜面崩落、岩の風化が原因か…専門家調査
----調査は、同研究所の中谷洋明・土砂災害研究室長らが県や逗子市の職員と実施した。中谷室長によると、斜面に残る凝灰岩は、水分がほとんどなく亀裂が入っている状態だった。寒暖差や風雨で風化が早まるほか、日当たりが悪かったことも風化の要因という。逗子市などによると、高さ約15メートルのうち、石垣で補強されていない上部の土砂が幅約9メートルにわたって崩れた。


日刊ゲンダイDIGITAL2020年2月8日 9時26分  
逗子崖崩れ 現場マンション住民が負う「1億円」の賠償責任
----市によると、「土砂災害警戒区域に指定されているが、危険であるとの声は寄せられていなかった」(防災安全課)という。
神戸靖一郎弁護士
「民法には『土地工作物責任』という制度があります。土地の工作物の設置や保存の瑕疵によって損害が生じた場合、占有者が責任を負うものです。崩落した崖の法面(人工斜面)が宅地造成で造られたものであれば、工作物に該当する可能性は高い。地震や台風の後に事故が起きたわけではないので、法面に瑕疵があったと考えられます。法面が事故の原因箇所だと、マンションの管理組合か所有者全員が占有者となり、『土地工作物責任』を負います」



続きを読む

2020-02-08(Sat)

斜面土砂崩れ 神奈川・逗子 高校生死亡 

斜面崩落で国交省調査へ 神奈川県は警戒区域点検

東京新聞 2020年2月6日 朝刊
斜面崩れ 18歳高校生死亡 逗子 住宅地の市道脇、通行中
----五日午前八時ごろ、神奈川県逗子市池子二丁目付近で道路脇の斜面が崩れ、歩いていた県立高校の女子生徒(18)が巻き込まれ死亡した。市によると、崩れた土砂の量は約四二・五立方メートルで約六十八トン。県警は生徒の死因と、崩落原因を調べている。現場は住宅地で、ほかにけが人はいなかった。
 崩れたのはマンションが立つ土地の脇にある斜面。県の資料によると高さは約十六メートル。地面から半分ほどの高さまでは石垣で補強されていて、補強されていない上半分の部分が、幅三~四メートルにわたり崩れた。土砂は斜面の下の市道に一~二メートルほど積もった。生徒の一メートルほど後ろを歩いていた男性(53)は「少量の砂粒のあと、土砂が一気に落ちてきた。(生徒は)すぐに見えなくなった」と話した。


朝日新聞デジタル 2020年2月7日 9時30分
土砂崩れの斜面、17年間手つかずか 逗子の死亡事故
----神奈川県逗子市池子2丁目の市道に面する民有地の斜面の土砂が崩れ、通行中の女子高生(18)が死亡した事故で、崩れた斜面の状況は、2003年ごろから変わっていない可能性があることが、民有地に立つマンションの建設会社などへの取材でわかった。
 崩落原因について、逗子署や逗子市は「調査中」としている。署は、住民らへの聞き取りの結果、崩落前に斜面で工事をしていたり異常があったりした情報は把握していないという。


NHK 2020年2月7日 7時49分
神奈川県 斜面崩落受け 県管理の道路沿いの全斜面を緊急点検へ
----5日、神奈川県逗子市で道路脇の斜面が崩れ、18歳の女子高校生が巻き込まれて死亡した事故を受けて、神奈川県は斜面の安全確保が欠かせないとして県が管理する道路沿いのすべての斜面について、亀裂などがないか緊急点検を行うことを決めました。


日本経済新聞 2020/2/7 9:59
逗子斜面崩落で国交省調査へ 神奈川県は警戒区域点検
----神奈川県逗子市で道路脇の斜面が崩落し、県立高校の女子生徒(18)が巻き込まれて死亡した事故で、国土交通省の土砂災害研究室長と研究官の2人が、崩れた斜面の状況を調べるため7日、現地調査を行う。神奈川県と国交省が6日発表した。調査後、逗子市にも報告をする。
黒岩祐治知事は、事故現場は県が指定した急傾斜地の土砂災害警戒区域であったことから、県内の同区域約8700カ所のうち、県管理の道路に隣接する斜面を緊急点検する方針を明らかにした。点検の箇所数は未定で、今月中に職員が目視確認する。



続きを読む

2020-02-06(Thu)

信濃川水系緊急治水対策プロジェクト 19補正 140億円 

全体事業費 約1,227億円(国事業) 県内4エリアに遊水地

■河川における対策
全体事業費 約1,227億円(国事業)
災害復旧 約 214億円
改良復旧 約1,013億円
事業期間 令和元年度~令和9年度
目 標 【令和6年度まで】
台風第19号洪水における
・千曲川本川の大規模な浸水被害が発生した区間等において越水等による家屋部の浸水を防止
・信濃川本川の越水等による家屋部の浸水を防止
【令和9年度まで】
台風第19号洪水における
・千曲川本川からの越水等による家屋部の浸水を防止対策内容 河道掘削、遊水地、堤防整備・強化

信濃川水系緊急治水対策プロジェクト(PDF形式)
http://www.mlit.go.jp/report/press/content/001326900.pdf
200131信濃川水系緊急治水対策プロジェクト

信濃毎日新聞 (2020年2月1日)
千曲川水系治水対策プロジェクト発表 県内4エリアに遊水地
----国土交通省北陸地方整備局(新潟市)は31日、国と千曲川(信濃川)水系の流域自治体が2027年度までに取り組む「信濃川水系緊急治水対策プロジェクト」を固め、発表した。長野県内では洪水時に一時的に水をためる遊水地を、佐久市内、千曲市から長野市南部、長野市東北部から中野・飯山市付近、安曇野市内の四つのエリアに設けるとした。川幅が狭くなる中野市立ケ花、飯山市戸狩地区の狭窄(きょうさく)部では河道を掘削し、水が流下しやすくする工事を行う。


信濃毎日新聞 2020年1月31日
長野・穂保の堤防決壊復旧など140億円 国交省19年度補正予算
----国の2019年度補正予算成立を受け、国土交通省は30日、台風19号で被災した信濃川・千曲川水系で国と地方自治体が5〜10年かけて実施する「緊急治水対策プロジェクト」に、長野県内の同水系で同年度実施する事業分として140億円を充てると発表した。長野市穂保の堤防決壊現場の本復旧関連経費も含まれている。同水系の対策には総額1227億円を投じる計画。19号災害を受けた他の緊急対策事業の予算配分(箇所付け)も決定した。



続きを読む

2020-02-05(Wed)

阿武隈川、吉田川 緊急治水対策プロジェクト

「阿武隈川緊急治水対策プロジェクト」
「吉田川・新たな水害に強いまちづくりプロジェクト」


福島河川国道事務所
2020/01/31 令和元年10月台風第19号による阿武隈川の水害を踏まえた「阿武隈川緊急治水対策プロジェクト」を開始します。 ~本川・支川の抜本的な治水対策と流域一体となった総合的な防災・減災対策~(PDF:1303KB)
http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/kisya/kisyah/images/79563_1.pdf

<阿武隈川緊急治水対策プロジェクト(河川における対策)の概要)>
  【総事業費】 約1,354億円
【事業種別】
〇河川大規模災害関連事業
国 : 阿武隈川上流(福島県内)
【事業費】 約999億円
【事業期間】 令和元年度~令和10年度
国 : 阿武隈川下流(宮城県内)
【事業費】 約 86億円
【事業期間】 令和元年度~令和6年度
〇河川等災害復旧事業
国 : 阿武隈川上流(福島県内)
【事業費】 約121億円
【事業期間】 令和元年度~令和2年度
国 : 阿武隈川下流(宮城県内)
【事業費】 約 12億円
【事業期間】 令和元年度~令和2年度

200131阿武隈川緊急治水対策プロジェクト

*************************

北上川下流河川事務所
2020.01.31記者発表
令和元年10月台風第19号による水害を踏まえた
吉田川・新たな「水害に強いまちづくりプロジェクト」を開始します。
~大規模氾濫被害の最小化に向けた、より水害に強いまちづくりの実践~
http://www.thr.mlit.go.jp/karyuu/_upload/doc/02_news/h31/200131_press_project.pdf

<吉田川・新たな水害に強いまちづくりプロジェクト(河川における対策)の概要)>
  【総事業費】 約267億円
【事業種別】
〇河川大規模災害関連事業
国:吉田川
【全体事業費】 約241億円
【事業期間】 令和元年度~令和6年度
〇河川等災害復旧事業
国:吉田川
【全体事業費】 約 26億円
【事業期間】 令和元年度~令和5年度

200131吉田川・新たな水害に強いまちづくりプロジェクト


続きを読む

2020-02-04(Tue)

関東4水系「緊急治水対策プロジェクト」 総事業費約1,364億円

入間川・那珂川・久慈川・多摩川 河道掘削、堤防整備、遊水地整備等

毎日新聞2020年2月1日 地方版
入間川流域治水対策指針を発表 国、県、川越市など /埼玉
---「荒川水系大規模氾濫に関する減災対策協議会」は・・・「入間川流域緊急治水対策プロジェクト」を取りまとめたと発表した。
 同プロジェクトでは、川の水を流す能力の向上▽遊水・貯留機能の向上▽土地利用の工夫――などの複数の治水対策を組み合わせた「多重防御治水」を推進し、被害の最小化を目指す。


毎日新聞2020年2月1日 11時56分(最終更新 2月1日 11時56分)
台風19号で堤防決壊 那珂川と久慈川で「霞堤」活用へ 被害最小化目指す
----台風19号で堤防決壊が相次いだ那珂川(栃木、茨城)と久慈川(茨城)の洪水対策として、国土交通省関東地方整備局は1月31日、三つの柱からなる対策の組み合わせで、被害の最小化を目指すと発表した。伝統的な治水方法「霞堤(かすみてい)」を活用するほか、増水時でも川が流れやすいように整備する。2024年度末までに完了させる方針。


神奈川新聞  2020年01月31日 21:57
多摩川緊急整備に191億円 国交省、内水氾濫対策も
----国土交通省京浜河川事務所は31日、昨年10月の台風19号で深刻な氾濫被害を出した多摩川で、河道掘削を柱とした緊急治水対策プロジェクトを開始すると発表した。2024年度までに191億円を投じて河川整備を急ぐほか、流域の自治体と協力して下水道施設の改良や避難対策の強化に取り組み、洪水リスクの低減を図る。


<「緊急治水対策プロジェクト(河道・流域における対策)」の概要>
 (1)入間川流域緊急治水対策プロジェクト 約318億円
 (2)那珂川緊急治水対策プロジェクト 約521億円
 (3)久慈川緊急治水対策プロジェクト 約334億円
 (4)多摩川緊急治水対策プロジェクト 約191億円
   4水系合計 約1,364億円


続きを読む

2020-02-02(Sun)

台風第19号被害 7水系緊急治水対策プロジェクト 

総事業費4213億円 国管理河川 堤防決壊など甚大被害

毎日新聞2020年1月31日 17時56分(最終更新 1月31日 17時56分)
台風19号で被害の阿武隈川など7水系 4213億円の緊急治水対策
https://mainichi.jp/articles/20200131/k00/00m/040/210000c
----国土交通省は31日、昨年10月の台風19号で河川氾濫の被害が大きかった9都県の7水系について、堤防整備などの緊急治水対策を実施すると発表した。総額は約4213億円に上り、同様の緊急治水対策としては2018年の西日本豪雨(約790億円)や17年の九州北部豪雨(約1970億円)を大きく上回る。


国土交通省HP
台風第19号で甚大な被害が発生した7水系において『緊急治水対策プロジェクト』に着手します
令和2年1月31日 (国土交通省 水管理・国土保全局 治水課)
http://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo05_hh_000102.html

<7水系の緊急治水対策プロジェクトの概要>
    [1] 阿武隈川緊急治水対策プロジェクト           約1,354 億円  (令和元年度~令和10年度)
    [2] 吉田川・新たな水害に強いまちづくりプロジェクト   約267 億円    (令和元年度~令和6年度)
    [3] 入間川流域緊急治水対策プロジェクト         約318 億円    (令和元年度~令和6年度)
    [4] 那珂川緊急治水対策プロジェクト            約521 億円    (令和元年度~令和6年度)
    [5] 久慈川緊急治水対策プロジェクト            約334 億円    (令和元年度~令和6年度)
    [6] 多摩川緊急治水対策プロジェクト            約191 億円    (令和元年度~令和6年度)
    [7] 信濃川水系緊急治水対策プロジェクト         約1,227 億円   (令和元年度~令和9年度)
                             合計:約4,213 億円
200131台風第19号被害 7水系緊急治水対策プロジェクト


続きを読む

2020-01-30(Thu)

「水害は人災」 被災住民ら 各地で国賠提訴

西日本豪雨 51人が命を落とした岡山真備地区 ダム放流で8人死亡の愛媛肱川流域

18年7月の西日本豪雨で、堤防決壊やダム緊急放流で洪水被害を受けた住民らが国の責任を問い提訴を始めている。
国は、洪水被害の原因は、「想定外」の記録的豪雨だった、ダム放流は操作マニュアルも沿い適切だった、など管理責任を認めていない。

気候変動の影響による記録的豪雨の発生は、温暖化な度すすむ中で早くから想定できた。
なのに、それに備えた河川整備は実施してこなかった。行政の不作為責任だ。
そればかりか、もともと想定していた計画による河川改修が、完了していなかったところも少なくなかった。

行政が、豪雨災害の責任を認めてこそ、真剣に河川整備に取り組むのではなかろうか。

(愛媛新聞) 2020年1月31日(金)
西日本豪雨 大洲市住民らが損害賠償提訴
----2018年7月の西日本豪雨で、愛媛県大洲市民と遺族計8人が31日、鹿野川ダム(大洲市)と野村ダム(西予市)が事前に十分な放流をせずに大量に放流し、地方自治体は放流情報の周知を怠ったなどとして、国と大洲、西予両市に対し、計約8600万円の損害賠償を求めて松山地裁に提訴したと発表した。 


毎日新聞2020年1月28日 23時45分(最終更新 1月28日 23時54分)
西日本豪雨で河川氾濫 国のダム放流めぐり 愛媛の住民ら国賠提訴へ
----西日本豪雨(2018年7月)の際、愛媛県大洲、西予両市で肱川(ひじかわ)が氾濫して死傷者や浸水被害が出たのは国の不適切なダム操作などが原因だったとして、住民らが31日にも松山地裁に国家賠償を求める訴訟を起こす方針を固めた。住民側関係者への取材で判明した。
 関係者によると、住民側は、豪雨によりダムへの雨水の流入量が増えることが予想されたにもかかわらず、肱川の中上流にある野村ダム(西予市)と鹿野川ダム(大洲市)を管理する国土交通省四国地方整備局が、十分な事前放流をしてダムの容量を確保していなかったと主張。更に大洲、西予両市に対しては放流情報の住民への周知を怠ったと訴える。


日経 xTECH  2020/01/15 05:00
「水害は人災」と真備地区住民らが国や岡山県などに賠償請求へ
----金馬弁護士は、「真備水害は確かに未曾有(みぞう)の天災ではあったが、人災でもある。事前に予測できた災害であり、相当な準備をしていれば未然に防ぐことができた」と指摘する。弁護団は真備水害を「人災」と断じる根拠として、主に以下の5つの責任を挙げる。
 (1)新成羽川ダムの事前放流が未実施だった責任。(2)堤防が決壊した小田川の河道付け替え工事を怠った工事着工不作為の責任。(3)地域住民から陳情のあった小田川河川内の樹木伐採および河道掘削の工事着工不作為の責任。(4)各所に設置する陸閘(りっこう)の操作指針が存在せず、水害発生時に未封鎖だった責任。(5)ハザードマップ配布のみで具体的な避難計画がなく、倉敷市による避難指示も遅れた責任などだ。



続きを読む

2020-01-21(Tue)

阪神大震災25年 人間中心の復興を求め続けて

「人を守る」復興をめざして  過去に学び未来に備え  都市直下地震の備えを早く

<各紙社説・主張>
朝日新聞デジタル2020年1月17日 5時00分
(社説)阪神大震災25年 「人を守る」復興をめざして


読売新聞 2020/01/17 05:00
社説:阪神大震災25年 経験を生かして備えの進化を


毎日新聞2020年1月17日 東京朝刊
社説:阪神大震災から25年 継承したい安心への思い


日本経済新聞 2020/1/16 19:00
[社説]都市直下地震の備えを早く


産経新聞 2020.1.17 05:00
【主張】阪神大震災25年 決して忘れてはならない


東京新聞 2020年1月18日
【社説】阪神大震災25年 過去に学び未来に備え 


しんぶん赤旗 2020年1月17日(金)
主張:「阪神・淡路」25年 人間中心の復興を求め続けて


続きを読む

2020-01-05(Sun)

台風19号踏まえた緊急治水対策 中間とりまとめ 公表

久慈川・那珂川、多摩川・入間川(荒川)、信濃川(千曲川) 耐越水堤防導入なし

八ッ場あしたの会 2019年12月29日 事務局だより から
那珂川・久慈川・入間川・多摩川・千曲川の緊急治水対策(中間とりまとめ)(2019年12月26日)
----
〇令和元年台風第19号を踏まえた「那珂川緊急治水対策プロジェクト【中間とりまとめ】」
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000765046.pdf
〇令和元年台風第19号を踏まえた「久慈川緊急治水対策プロジェクト【中間とりまとめ】」
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000765051.pdf
〇令和元年台風第19号を踏まえた「入間川流域緊急治水対策プロジェクト【中間とりまとめ】」
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000764997.pdf
〇令和元年10月多摩川流域の水害を踏まえた「多摩川緊急治水対策プロジェクト【中間とりまとめ】」
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000764992.pdf
〇信濃川水系緊急治水対策プロジェクト(千曲川)【中間とりまとめ】参考資料
http://www.hrr.mlit.go.jp/river/sinanogawakinkyutisuitaisaku/02_project_chukan_sankou_chikuma.pdf
〇信濃川水系緊急治水対策会議 
http://www.hrr.mlit.go.jp/river/sinanogawakinkyutisuitaisaku/sinanogawakinkyutisuitaisaku_top.htm

東北地方整備局の記者発表(2019年12月26日)
○令和元年台風第19 号による水害を踏まえた「吉田川・新たな水害に強いまちづくりプロジェクト【中間とりまとめ】」
http://www.thr.mlit.go.jp/Bumon/kisya/kisyah/images/79230_1.pdf

191226吉田川・新たな水害に強いまちづくりプロジェクト【中間とりまとめ】

○令和元年台風第19号による阿武隈川の水害を踏まえた「阿武隈川緊急治水対策プロジェクト【中間とりまとめ】」
http://www.thr.mlit.go.jp/Bumon/kisya/kisyah/images/79229_1.pdf

191226阿武隈川緊急治水対策プロジェクト【中間とりまとめ】


続きを読む

2019-12-14(Sat)

吉田川と阿武隈川 越水が堤防決壊要因 法面・法尻補強

のり面と地面の境目をコンクリートブロックで補強 吉田川
表法面のコンクリート連節ブロックの布設や天端の舗装 阿武隈川


河北新聞 2019年12月04日水曜日
宮城・大郷の吉田川堤防拡幅へ 決壊箇所の用地確保に協力要請 国調査委
----台風19号豪雨で決壊した吉田川(宮城県大郷町)の堤防の復旧方法を検討する国の調査委員会が3日、仙台市青葉区の東北地方整備局であった。決壊箇所の堤防を拡幅する方針を決め、地元自治体に買収を含めた用地確保の協力を求めることを確認した。
 地盤改良後、堤防上部の幅を現行より広げ、宅地側に向かってのり面の高さを確保する。のり面と地面の境目をコンクリートブロックで補強し、越水した場合でも決壊までの時間を引き延ばせる構造を目指す。
 委員会の分析では、決壊箇所は越水で宅地側のり面が削り取られて堤防の崩壊が始まった。堤防幅が上流や下流よりも狭く、堤防が弱体化しやすい構造になっていたという。


福島建設工業新聞 2019.12.04
表法面の被覆工を提案/阿武隈川浜尾地区決壊堤防復旧
----東北地方整備局の阿武隈川上流堤防調査委員会(委員長=橋迪夫日本大学名誉教授)は、台風19号により被災した須賀川市浜尾地区の堤防決壊の原因を分析し、本復旧の方法案を取りまとめた。2日に仙台市の同局で開いた第3回会合で示した。
 決壊個所は阿武隈川左岸の浜尾遊水地「浜尾第2樋門」周辺の約50m。本復旧方法は、堤体への河川水、降雨の浸透を抑制するため表法面の被覆工が望ましいと提案。原形復旧となる表法面のコンクリート連節ブロックの布設や天端の舗装のほか、これまで行っていなかった計画水位高より上部の堤体の被覆も求めた。また、阿武隈川の本川整備による水位低下を基本方針とすることも提案した。
----原因については、決壊個所の上流部から浜尾遊水地南側に越流した氾濫流が樋門付近に集中し、堤内地側からの越水による洗掘と推察。堤防全体が水没したことで、堤体の浸透水が飽和状態となり弱体化した可能性も考えられるとした。


河北新報 2019年11月08日金曜日
吉田川と阿武隈川、越水から堤防決壊か 調査委が原因分析
----台風19号豪雨で吉田川(宮城県大郷町)と阿武隈川(須賀川市)の堤防が決壊した原因を調べる東北地方整備局の調査委員会が7日、仙台市青葉区のハーネル仙台であった。調査委は越水で堤防が削り取られ、決壊した可能性が高いとの見解を示した。

■東北地方整備局
東北地方整備局の災害対応状況
http://www.thr.mlit.go.jp/Bumon/B00097/k00360/saigai-info/top.html
河川関係
堤防調査委員会  
12/3 第3回 鳴瀬川堤防調査委員会資料 【配布資料 一式】 NEW! 
http://www.thr.mlit.go.jp/Bumon/B00097/k00360/saigai-info/2019_taihuu19gou/191203teiboutyousa_naruse.pdf
12/2 第3回 阿武隈川上流堤防調査委員会資料 【配布資料 一式】 NEW! 
http://www.thr.mlit.go.jp/Bumon/B00097/k00360/saigai-info/2019_taihuu19gou/191202teiboutyousa_abukuma.pdf

11/7第2回 阿武隈川上流堤防調査委員会資料
【配布資料 一式】
http://www.thr.mlit.go.jp/Bumon/B00097/k00360/saigai-info/2019_taihuu19gou/191107teiboutyousa_abukuma.pdf
11/7第2回 鳴瀬川堤防調査委員会資料 【配布資料 一式】
http://www.thr.mlit.go.jp/Bumon/B00097/k00360/saigai-info/2019_taihuu19gou/191107teiboutyousa_naruse.pdf

〇吉田川堤防決壊箇所の本復旧方法(案)
191203〇吉田川堤防決壊箇所の本復旧方法(案)


続きを読む

プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

治水リーディング・プロジェクト ダム スーパー堤防 

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
クルーズ船対応 各国批判「防疫の概念ないのか」 2020/02/26
沖縄県民投票1年 「辺野古」正当性なし 新基地計画破綻 2020/02/25
桜を見る会 首相の説明 破綻明らか 2020/02/24
森友学園問題 忘れるわけにはいかぬ 2020/02/23
クルーズ船の集団感染 無理があった隔離 2020/02/22
検事長定年延長 政府の説明破綻状態 2020/02/21
建築検査9機関に行政処分 不適切行為で 2020/02/20
GDP大幅マイナス 消費税増税 経済破壊 2020/02/19
桜を見る会 ANAホテル 「営業の秘密と言った事実はない」  2020/02/18
公共工事労務単価 過去最高 2.5%増の2万214円 2020/02/18
天気予報

-天気予報コム- -FC2-