FC2ブログ
2019-07-18(Thu)

隠れ住む「貸倉庫難民」 脱法ハウス増加か 

建築基準法違反 全国で32都道府県1,469物件 うち是正済み288物件

東京新聞が「貸倉庫難民」として、脱法ハウス(違法貸しルーム)の現状をルポしている。
国交省は、13年以降取り締まりを強化し年々減少傾向にあったが、18年8月時点では増加し始めている。

ネットカフェ、サウナなど住居に困窮する非正規労働者など低所得者らが、「ここは底辺」という場だ。
そもそも、住宅ではない。貸倉庫であって、人が住むところではない。違法貸しルームであり、脱法ハウスなのだ。

この問題を国会で取り上げたのは、13年参院選で初当選したたつみコータロー議員で、初質問でもあった。

(平和と民主主義🔖市民と野党で安倍政治を終わらせる!)
https://twitter.com/snc20165/status/1148942213390319616
#たつみコータロー 国会初質問 とても「初」とは思えない! 格差と貧困がライフワーク、ずーっと国会に必要な人だ。必ず再選を!

しんぶん赤旗 2013年11月6日(水)
脱法ハウス 「住まいの貧困」解消を 辰巳議員初質問 参院委

東京新聞 2019年7月18日 朝刊
<参院選>隠れ住む「貸倉庫難民」 非正規労働者「ここは底辺」
<生活困窮者の住居> 「オフィス」「倉庫」などとして貸し出され、実際には多人数が寝起きしている建物を、国土交通省は、住居の建築基準を満たさない「違法貸しルーム」と定義。昨年は防火や採光の設備が足りていないとして、全国の都道府県などが1458件の貸主に是正指導した。一方、東京都は2016年度にネットカフェやサウナなど夜通し営業する店舗で実態調査し、住居を失い寝泊まりしている利用者が都内に1日4000人いると推計を出した。

----------------------------
たつみ議員は、銚子市の母子無理心中未遂事件について取り上げた質問もしている。
たつみコータロー 参院選大阪選挙区候補 #比例は共産党‏ (2019年7月15日)
https://twitter.com/kotarotatsumi/status/1151019725054304256

たつみコータロー参院大阪選挙区候補 魂の訴え(あべのキューズモール前)
https://youtu.be/sBikKdgeR2s



7月15日、たつみコータロー参院大阪選挙区候補は、あべのキューズモール前です訴えました。 魂の叫び。見てほしい、広げてほしい。絶対に国会に必要な人がいます。「格差も貧困もない社会を私は国会でつくりたい。どうかその仕事をさせてください。」#たつみコータロー が国会議員である意味、国会に再び戻る意味がここにあります。


続きを読む

2019-07-16(Tue)

住宅セーフティネット制度 「登録住宅」 5%止まり

低所得者らを拒まぬ物件 目標17.5万 9117戸(7/1現在) 
うち約6割は大阪府 旧雇用促進住宅を買収した民間事業者が運営


東京新聞 2019年7月15日 朝刊
<参院選 ともに>低所得者らを拒まぬ物件 「登録住宅」目標の5%止まり
----民間賃貸住宅の入居を断られやすい低所得者や高齢者、障害者らを拒まない「登録住宅」制度が、発足から一年半たっても、政府目標の5%程度の約九千戸にとどまっている。低所得者を受け入れた家主に家賃の一部を補助する仕組みも、本年度に予算化したのは全国で四十五自治体だけ。民間の空き家・空き室を活用して低所得者らの住まいの確保を目指す政策は、十分に機能していない。
----国土交通省への取材で分かった。制度は二〇一七年十月施行の改正住宅セーフティネット法に基づく。賃貸人が低所得者ら「住宅確保要配慮者」の入居を拒まない物件を都道府県などに登録し、行政側は配慮が必要な人に情報提供する。専用の住宅にすれば、国や自治体からバリアフリー化や防火・消火対策工事費の補助を受けることもできる。


「住まいの貧困に取り組むネットワーク」世話人 稲葉剛氏
・・・家主の善意に頼るのは限界がある。借り上げ型公営住宅のような仕組みが必要だ。

<参院選での各党の政策>
各党ともに「住宅セーフティネット制度」を推進するとしたうえで、
自民・・・「要配慮者の入居を拒まない住宅の登録制度や入居支援などの施策を進める」
公明・・・「登録を増やすてこ入れが必要。地域事情に配慮しながら制度の周知を図る」
立憲民主・・・低所得者や単身学生向け家賃補助創設。母子家庭など対象に、保育機能や無料学習支援を受けられる子育て賃貸住宅整備も検討。
国民民主・・・年収500万円以下世帯への月1万円の家賃補助。「住環境の改善は子育て支援につながる」
共産党・・・「居住の権利」を基本にした住宅政策の転換。「賃貸人ではなく入居者に給付する家賃補助にするなど制度拡充が急務」
日本維新の会・・・大阪府の家主の理解が進んでいる。「公的賃貸住宅のストックも活用し、生活支援機能や福祉機能を導入」
社民党・・・総合的な住宅支援制度創設や公共住宅の供給拡大、家賃補助充実。「住宅を社会保障と位置づけ、福祉と環境の視点から住宅政策を見直す」
れいわ新選組・・・「住まいは権利だということを全世代横断的にやっていく。公的住宅がもっと普及されるべきだ」
(東京新聞より)

国交省HP
新たな住宅セーフティネット制度について
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk3_000055.html


続きを読む

2019-05-08(Wed)

フラット35 不正利用 不動産投資に悪用  居住装い

「借金帳消し」甘い文句で若者勧誘  投資目的100人に不適切融資

国民のマイホーム取得を支える住宅ローン融資の「フラット35」。
投資向けの資金よりは低利で借りられることから、使ってはいけない投資に使っていたのだという。

日本経済新聞 2019/5/8付
フラット35 不正利用か 居住装い投資向け融資 国が調査指示
----住宅金融支援機構が提供する長期固定金利型の住宅ローン「フラット35」が、不動産投資に不正利用された疑いが出てきている。投資向けの資金よりは低利で借りられるため、実際には住まずに投資にまわす住宅の借り入れに使う事例があるようだ。石井啓一国土交通相は7日の閣議後の記者会見で、機構に再発防止を指示したと明らかにした。

読売新聞 2019年05月07日20時00分
フラット35、投資目的100人に不適切融資か
----石井国土交通相は7日の閣議後の記者会見で、住宅金融支援機構による長期固定型の住宅ローン「フラット35」で、本来は対象ではない不動産投資に融資した疑いのある事案が見つかったことを明らかにした。国交省は機構に報告を求めた。

朝日新聞デジタル 2019年5月4日03時00分
フラット35を悪用し不動産投資 「住む」偽り賃貸用に
----1%程度の固定低金利で長年借りられる住宅ローン「フラット35」を、不動産投資に使う不正が起きていることがわかった。ローンを提供する住宅金融支援機構も「契約違反の可能性がある」とみて調査を始め、不正を確認すれば全額返済を求める方針だ。
    ◇
----フラット35 住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が民間銀行などと連携して提供する住宅ローン。国民の住宅取得を支えるため、低い固定金利で最長35年間借りられる。転勤などで入居途中から賃貸に回すことは認められるが、当初から投資目的で借りると融資契約に違反する。住宅ローンは不動産投資向けローンと比べ、金利が低い。


朝日新聞デジタル2019年5月4日03時00分
「借金帳消し」甘い文句で若者勧誘 元社員が明かす不正
----国民のマイホーム取得を支える融資「フラット35」が、不動産投資に悪用されていた。貯蓄の乏しい若者らを不正行為に引き込んだのは、借金の一時肩代わりや家賃収入保証など、不動産業者の甘い文句だった。



続きを読む

2019-04-28(Sun)

空き家率 過去最高13.6% 846万戸

都市部で高い地域も  建て放題の住宅市場、いびつさの解消を

総務省が2018年10月時点の住宅・土地統計調査を発表した。
国内の住宅総数6242万戸のうち空き家は846万戸。割合は過去最高の13.6%だった。
地方を中心に人口減少などで空き家が増え、東京や大阪などでも空き家率は1割を超えている。
再開発に影を落としている地域もあるようだ。

空き家が増えている原因は、人口減などで需要が伸びていないのに、一方で大量の住宅建設が続いているからではないか。
空き家対策は、どう有効活用するかも大事だが、市場化優先になっている住宅政策を抜本的に見直さないと空き家はなかなか減らない。

結果の要約(PDF:612KB) 
https://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2018/pdf/g_youyaku.pdf
結果の概要(PDF:1026KB)
https://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2018/pdf/g_gaiyou.pdf

□平成30年住宅・土地統計調査 結果の要約 空き家率の推移
平成30年住宅・土地統計調査 結果の要約 空き家率の推移



続きを読む

2019-03-29(Fri)

KYB等免震不正 「規範意識が欠如」 再発防止策

大臣認定制度見直しを提言 免震装置のデータ保存 発注者による出荷検査立ち会いなど

免震材料及び制振部材に関する外部有識者委員会について
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/build/jutakukentiku_house_tk_000103.html
〇「免震材料及び制振部材に関する外部有識者委員会」の報告書のとりまとめ(平成31年3月27日)(PDF)
http://www.mlit.go.jp/common/001282111.pdf
 ・「免震材料及び制振部材に関する外部有識者委員会」報告書
http://www.mlit.go.jp/common/001282396.pdf
 ・「免震材料及び制振部材に関する外部有識者委員会」概要 
http://www.mlit.go.jp/common/001282323.pdf



朝日新聞デジタル 2019年3月28日05時00分
免震不正「規範意識が欠如」 国の有識者委が再発防止策
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13953286.html
----油圧機器大手「KYB」による免震・制振用オイルダンパーの検査データ改ざん問題を受け、国土交通省は27日、再発防止策を取りまとめた外部有識者委員会の報告書を公表した。
----報告書は「改ざんに関与した多数の実行者・上長、改ざんを知りながら是正しなかった経営陣・幹部に最低限の規範意識が欠如していた」と指摘。再発防止に向けた提言として、改ざん防止措置の徹底▽発注者による出荷検査への立ち会い、などを挙げた。


時事通信 2019年03月27日19時31分
免震装置のデータ保存を=改ざん問題で再発防止策-国交省有識者委
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019032701103&g=soc
----地震などによる建物の揺れを抑制する免震・制振装置の検査データ改ざん問題で、再発防止策を議論していた国土交通省の外部有識者委員会(委員長・深尾精一首都大学東京名誉教授)は27日、メーカーに検査データの保存を求めることなどを柱とする提言をまとめた。
 国交省は提言を受け、2019年度中に告示を改正し、同装置に関わる制度を見直す方針。



続きを読む

2019-02-15(Fri)

KYBデータ改ざん 不正“組織ぐるみ”

子会社経営陣ら黙認 第三者調査/川金HDも報告書 納期迫り改ざん

朝日新聞デジタル 2019年2月14日05時00分
KYB改ざん、組織的 子会社経営陣ら黙認 第三者調査
----油圧機器大手「KYB」(東京)による免震・制振用オイルダンパーの検査データ改ざん問題で、同社は13日、第三者による調査報告書を国土交通省に提出した。改ざん行為は納期に間に合わせるため、同社の製造部などが考案し、2000年ごろ始まったと指摘。同社は13日、改ざんは組織的だったと認めた。
 報告書によると、改ざんはKYBの製造部や技術部、品質保証部の幹部らが協議して始まった。07年に事業移管された子会社でも経営陣や幹部の一部が改ざんを認識していたと認定。「状況を改善すべき立場にありながら、むしろ不正を指示し、黙認した」と指摘した。同社の坪井勝執行役員は13日の会見で、00年以降、検査員8人に加え、上司ら同社、子会社の10人程度が改ざん行為を認識していたと明かし、「一定の組織的な動きであったといわざるを得ない」と述べた。


日本経済新聞 2019/2/13 21:14
KYB、2001年から改ざん 課長職社員が提案  19年3月期は100億円の赤字予想に
----油圧機器メーカーKYBは13日、免震・制振装置の検査データを改ざんした問題で、検査体制の見直しを柱とする再発防止策を発表した。製造部門以外の部署で品質検査を実施するなど、検査体制の独立性を高める。免震装置の製造を手がける子会社では、役員を含む約20人の社員が不正に関与・認識していたと結論づけた。
----調査によると、01年1月にデータの改ざんが可能な機能が追加され、最も古い改ざん記録は同年2月だった。
改ざんを行った動機について、免震用オイルダンパーの量産開始に伴い、納期に対応できず、課長職など一部社員による提案が発端だったとした。経営陣による指示や認識はなかったとしているが、3月をメドに関係者の処分を決める。


日本経済新聞 2019/2/8付
川金、納期迫り改ざん  免震・制振装置巡り報告書 品質管理体制に不備
----川金ホールディングス(HD、埼玉県川口市)子会社の免震・制振装置の検査データ改ざん問題で、川金HDは7日、調査報告書を公表した。子会社は顧客の要求に対応できる技術力がない中で、納期を優先するあまり検査データを改ざんしたと指摘。改ざんが長年行われた背景として、技術者の規範順守意識の著しい欠如や品質管理体制の不備があったとした。



続きを読む

2018-11-30(Fri)

免震偽装再び 検査データ改ざん問題で有識者会議 

大臣認定チェック強化も防げず  メーカー任せでは品質確保できない

免震・制振装置の検査データ改ざん問題を受け、国土交通省の有識者会議が初会合を開いた。
年度内に国交省に再発防止策を提言する方針を確認したという。

----会合では国交省が、今回の不正の概要や、2015年の東洋ゴム工業(兵庫県伊丹市)による不正を受けて見直した国の認定制度について説明。会議は今後、企業側が年明けにもまとめる原因調査結果を検証する。」(共同通信)

「免震材料及び制振部材に関する外部有識者委員会」(2018年11月9日)
・議事要旨 http://www.mlit.go.jp/common/001262402.pdf

見直した国の認定制度の説明では、
「品質管理基準は平成27年の基準改正でどのように変わったのか質問があり、事務局から、東洋ゴム(株)の不正事案を受けて、性能評価段階での審査の強化が行われ、それまでは書類審査のみであったが、改正後は現地立ち合い検査も求めることとした。また、製造部門とは切り離された品質管理責任者を置くこととともに、品質管理基準の中で、検査データなどの記録をきちんと保管することなどを定めた」(181109議事要旨)

これまでは、「書類審査のみであったが、改正後は現地立ち合い検査も求める」ことにしたということらしい。
確かに、免震ゴム偽装のあと、大臣認定を受けた建築部材の完成検査時に第三者の評価機関、評価員による抜き取り検査を実施するようになった。

ところが、検査対象は、ゴムに限定してダンパーは、その対象になっていなかったようだ。
大臣認定した建築部材は全てチェック対象にするべきだったのではないか。

そもそも、大臣認定制度自体に不備があるのではないか、と思わざるを得ない。
大臣認定制度は、製品の性能に基準を定め、サンプルが基準をクリアすれば、他の製品も基準をクリアしているものとみなす。
万が一を考え、全数を完成検査するが、それは自社でやってくれ、という制度だ。

自動車の型式検査も同じような制度で、日産やスバルなどの検査不正、検査データ改竄も完成検査を自社でやらせていて起こった。
製品の性能基準を定めることは必要だとしても、完成検査を製造会社にまかせ、第3者によるチェックが全くない。
ここに制度の欠陥があるのではないか。

加えて、製品を出荷した後に不正が発覚したら、立入検査などするが、事前に不正を防ぐ仕組みがないのがそもそも問題ではないか。
再発防止策というなら、根本的なところを直すべきではないか。

例えば、完成検査の製造会社まかせをやめ、第3者チェックに改めること、
さらには、事後チェックではなく、事前に不正を防ぐ仕組みをつくること、など。
大地震が頻発化しているいまこそ、建築物の安全・性能を保持する検査体制の抜本的な改善が必要ではないか。


続きを読む

2018-11-12(Mon)

大臣認定でまた不正  防火サッシ 不適合品出荷 279件

トクヤマ子会社、エクセルシャノン 製造現場の管理体制に問題か

国土交通省が、また、大臣認定に適合しない部品が使われた製品が出荷されていたと発表した。
化学メーカー、トクヤマの子会社エクセルシャノンが出荷した防火サッシだ。
出荷先総数911件のうち、35都道府県の279棟の一戸建て住宅などに設置されていたという。

防火サッシの戸締まりに使う部品が、国に申請していた亜鉛合金製ではなく樹脂製だったようで、
実際に火災の拡大につながったケースは確認されていないらしい。

すでに約9割の物件で部品交換が完了しており、12月末までに原則全ての部品を交換する予定だという。

報道では、当該製品の安全性について、
会社側は「樹脂製部品においても、自社の性能確認試験で防火性能に問題はないことを確認している」とし、
顧客の要望で交換しない場合でも適法となるよう、実際に出荷した製品仕様で大臣認定を取得する予定だ、と言っている。

これは、大臣認定に適合しない製品でも、自社の確認試験で問題なければ、大臣認定とれる、ということだろうか。
だとすると、大臣認定だと偽って出荷した製品でも、後から大臣認定が取れることになる。なんかおかしい。

会社は、原因について、
「社内基準で定められた生産初回時に行うべき認定仕様の確認を怠り、生産担当者に対する教育・確認が不十分であったことが原因で誤った部品を取り付ける」
「製品の最終検査において、当該部品の確認(クレセント本体のキャップを外して台座の材質を確認する)をする検査項目もなく、製品のチェック機能が働きませんでした。」
などと言っている。

大臣認定を受けておきながら「認定仕様の確認を怠り」とは、大臣認定の認識が軽すぎるのではないか。
さらに、最終検査で部品の「検査項目もなく」というのは、検査すべき大臣認定製品という認識もなかったということか。

免震ダンパーにしても本件にしても「大臣認定」制度そのものの在り方を見直すべきではなかろうか。

エクセルシャノンHP
防火設備(引違い窓)における国土交通大臣認定の仕様への不適合について




続きを読む

2018-11-07(Wed)

震度6強「倒壊の危険性高い」 858棟 改修は1割止まり

旧耐震基準の大型建築物 全国約1万棟 /日経 「倒壊危険建物」全国緊急調査 大規模旧耐震の実態

日経新聞が、全国に約1万棟ある旧耐震基準の大型建築物を調査。
うち震度6強で「倒壊の危険性高い」ものが858棟あったという。
ホテルや病院・学校など生活に身近な建物が目立つようだ。

2013年に改正耐震改修促進法に、「倒壊・崩壊する危険性が高い」と診断された1000棟のうち、
耐震の改修工事や除却が完了したのは全体の1割程度。まだ5割強が改修計画を策定していないという。

首都直下地震や南海トラフ巨大地震などの巨大地震の発生が切迫するなか、
日経は、建築物の耐震化をどう進めていくべきなのか解決策を探ると、特集している。


日経アーキテクチュア、2018年10月25日号
「倒壊危険建物」全国緊急調査 「診断結果」公表で判明した大規模旧耐震の実態

日本経済新聞 2018/11/6 20:45
旧耐震基準の大型建築物、改修は1割止まり 本社調査

日本経済新聞 2018/11/6 18:04
震度6強で「倒壊の危険性高い」858棟 本社調査


続きを読む

2018-11-01(Thu)

免震データ改ざん 2社以外に不正なし 国交省

免震・制振オイルダンパー 86社の内部調査 改ざん報告なし
病院も KYB新たに18件 まだ1割弱/外部有識者委員会を設置 国交省


----地震の揺れを抑える免震・制振装置の検査データ改竄が相次いだ問題で国土交通省は31日、メーカー88社に求めた一斉調査で、改竄を最初に公表したKYB(東京都港区)と、川金ホールディングス(HD、埼玉県川口市)傘下の2社を除く86社から不正はないと報告を受けたと発表した。(産経ニュース)

KYBと川金HD参加の2社を除く86社から不正はないとの報告だったようだが、社内調査だから「安心」とまではいかない。
引き続き、12月21日までに報告するよう求めている指定性能評価機関による調査結果が出るまで「安全」とは言えない。

そもそも86社のシェアはKYBと川金のシェアに及ばない。2社の調査はまだ終わっていない。
KYBが新たに18件の公共施設を公表したが、性能基準に合わない疑いのある物件の1割にも満たない。
「安全性に問題はない」を印象付けるような調査結果発表も一部にあるが、
「データ改ざん」そのものが許されない行為だと、厳しく対応する姿勢こそ見せてほしいものだ。

----油圧機器大手「KYB」と子会社「カヤバシステムマシナリー」による免震・制振用オイルダンパーの検査データ改ざん問題で、KYBは26日、国土交通省の基準や顧客の性能基準に合わない装置が使われた疑いのある物件約1千件のうち庁舎や病院などの公共施設18件を公表した。所有者の了解が得られた物件で、19日に発表された70件と合わせても全体の1割にも満たない。(朝日新聞)

----免震・制振装置の検査データ改竄(かいざん)が相次いだことを受け、国土交通省は26日、学識経験者を集めた外部有識者委員会を設置した。11月9日に初会合を開く。不正を行ったKYBなどから提出される原因究明結果を検証し、国としての再発防止策を提言するのが目的。(産経ニュース)



続きを読む

プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
豪雨被害対策 1316億円閣議決定 2019/11/11
「桜を見る会」後援会関係者をおもてなし  2019/11/10
数兆円の経済対策 災害対応や五輪後の成長底上げ 2019/11/09
リニア静岡工区 国仲介でも混迷 27年開業「黄信号」 2019/11/08
台風19号の土砂災害 台風被害 過去最多821件 2019/11/07
石木ダム 「災害はダム建設の追い風」長崎県課長 2019/11/06
台風19号 浸水想定区域図なし 決壊した36河川で  2019/11/05
ボーイング機墜落 安全より利益優先 2019/11/04
成田空港 国際線 ANA減便 10便羽田に 2019/11/03
レオパレス 4分の3で施工不備 改修完了延期 2019/11/02