fc2ブログ
2023-09-18(Mon)

バス運転手 2030年度に3.6万人不足 24年問題も影響

都市部でも減便が広がる 残業規制が適用される2024年問題が大きく影響


日本経済新聞 2023年9月18日 2:00
バス運転手、2030年度に3.6万人不足 24年問題も影響
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC318GH0R30C23A8000000/
【この記事のポイント】
・バスの運転手が不足し、都市部でも減便が広がる
・残業規制が適用される2024年問題が大きく影響
・大阪や福岡では自動運転導入に向けた実験も進む


続きを読む

2023-09-09(Sat)

中古車販売大手『ネクステージ』 も調査へ 斉藤国交相 不正疑惑報道受け

業界第2位 友人名義で保険契約捏造  タイヤ保証悪用する申請も 《ルールや方針が「ビッグモーター化」》 
現役社員、元社員が続々不正告発 「BMよりエグい」「わざとタイヤをパンクさせて…」



中古車の㈱ネクステージ IRニュース
2023年09月08日お知らせ
当社に対する報道等につきまして(400KB)
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/31860/ea91f8f0/ab1f/4605/bfdd/d93f4da6bdf0/20230908212827020s.pdf
2023年09月08日お知らせ
株式会社文藝春秋様からのご質問状につきまして(430KB)
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/31860/7938f0ee/f970/403a/a73e/d92e39892808/20230908212801364s.pdf
2023年09月01日お知らせ
報道機関様からのご質問状につきまして(554KB)
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/31860/c13453b1/f9ec/4da9/b0e9/8dfa2b8861c7/20230901174550057s.pdf

*********************************

時事通信 2023年09月08日17時34分
中古車大手ネクステージで不正 斉藤国交相「事実確認したい」―保険契約捏造も
----中古車販売大手ネクステージで不正が疑われる複数の事案が判明した。同社は8日までに、下取りした車に対して社員が友人名義で保険契約を捏造(ねつぞう)した事案があったと発表。タイヤがパンクした際に無料で新品と交換する「タイヤ保証」に関しても、社員による不正な保証申請が確認され、国土交通省は事実関係の確認に乗り出す意向だ。


朝日新聞デジタル 2023年9月6日 19時03分
保険の契約捏造「出すことはないと判断」 中古車大手のネクステージ
----中古車販売大手のネクステージ(名古屋市)は6日までに、複数の社員が友人などの名義を使って車の保険契約を「捏造(ねつぞう)していた」と明らかにした。同社は8月、ビッグモーターによる保険金の不正請求問題を受けた社内調査の結果、不正は見つからなかったと公表していたが、報道機関からの質問状に対して回答した。


東洋経済オンライン 2023/09/06 20:10
中古車販売大手ネクステージでも不正契約の疑義保険担当の役員が亡くなっていたことも判明
----東証プライム上場で中古車販売大手のネクステージをめぐって、自動車保険の不正契約といった疑惑が持ち上がる中、同社で保険事業を統括していた担当役員が2023年9月初旬に亡くなっていたことがわかった。


週刊文春 電子版オリジナル2023/09/06
《ルールや方針が「ビッグモーター化」》中古車販売業界第2位「ネクステージ」の不正を現役社員、元社員が続々告発!「BMよりエグい」「わざとタイヤをパンクさせて…」
----ビッグモーター(BM)による保険金の不正請求問題が明るみに出て、中古車販売業者に注目が集まる中、BMに次ぐ業界第2位「ネクステージ」でも同様の不正が横行している疑いがあることが「週刊文春」の取材でわかった。複数の現役社員、元社員が告発した。



続きを読む

2023-07-30(Sun)

ビッグモーター 34店舗に一斉立ち入り検査 国交省

国交相 「違反認められれば厳正に対処」  悪質性重視 行政処分視野に


NHK 2023年7月28日 19時48分 国土交通省
ビッグモーター 国交省が全国34の事業所に一斉立ち入り検査
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230728/k10014144981000.html
----中古車販売会社「ビッグモーター」の保険金の不正請求問題をめぐり、国土交通省は28日、全国34の事業所に一斉に立ち入り検査を行うとともに、整備工場があるすべての事業所について、法律に違反する点がないか会社に調査を指示しました。


読売新聞オンライン 2023/07/28 11:46
ビッグモーター34店舗に一斉立ち入り…国交相「違反認められれば厳正に対処」
https://www.yomiuri.co.jp/national/20230728-OYT1T50233/
----中古車販売大手ビッグモーターによる自動車保険の保険金不正請求問題で、国土交通省は28日、同社に対し、道路運送車両法に基づく立ち入り検査を始めた。対象は24都道府県の34店舗。不正の実態解明には社員らへの聞き取りや現場の確認が不可欠だと判断した。重大な違反が確認されれば、民間車検場としての指定取り消しなどの行政処分を行う。


日本経済新聞 2023/7/29 2:00
ビッグモーター不正で国交省が一斉立ち入り  悪質性重視、行政処分視野に 聴取後2日で
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73175780Z20C23A7EA2000/
----中古車販売大手ビッグモーター(東京・港)の保険金不正請求問題で、国土交通省が28日、同社の全国34事業所に一斉に立ち入り検査した。不正行為の悪質性とまん延を重くみて、幹部聴取からわずか2日で異例の大規模調査に踏み切った。調査は法令違反の認定を視野に入れたもので、行政処分が現実味を帯びる。
金融庁も同日、関東財務局が同社幹部を聴取し、調査を始めた。一連の問題は国が本格調査に乗り出す事態に発展した。


毎日新聞 2023年7月29日
渦中の「ビッグモーター」店舗を訪れて驚いた
https://mainichi.jp/premier/business/articles/20230728/biz/00m/020/019000c
川口雅浩・経済プレミア編集長
----中古車販売大手ビッグモーターをめぐる動きが慌ただしい。同社は損害保険金を水増しするために車の修理で不正を行った疑いが強まり、国土交通省が7月28日、全国の34店舗に立ち入り検査を行った。店舗前の街路樹が不自然に枯れる問題では、国交省や一部の自治体が調査に乗り出した。渦中のビッグモーターは今どうなっているのか。東京都内の店舗を訪ねてみた。



続きを読む

2023-07-29(Sat)

ビッグモーター 店舗前の街路樹 各地で枯れる 全国18都道府県で確認

除草剤成分検出も  「『草1本残すな』が店舗での合言葉でした」  除草剤は女子更衣室に


ビッグモーター店舗前の街路樹の調査結果について(直轄国道)(令和5年7月28日)
https://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_001688.html
----調査期間 令和5年7月26日(水)~令和5年7月28日(金)
  調査結果 地方整備局等による調査結果
       ・直轄国道沿いのビッグモーター店舗数   … 111 店舗
       ・うち店舗前の植樹に枯死の発生がある(※)… 10 店舗
        ※現在または過去5年程度で枯死の発生が確認された箇所
        ※現時点での速報値であり、今後、変更の可能性がある


朝日新聞デジタル 2023年7月28日 20時39分
記国道沿い10店舗で植樹枯死 ビッグモーター街路樹問題で国交省発表
https://digital.asahi.com/articles/ASR7X6JTHR7XUTIL02K.html
----国土交通省は28日、国道沿いにある中古車販売大手ビッグモーターの111店舗のうち、10店舗の前で植樹がこの5年ほどの間に枯死したと発表した。一方、同社は同日、複数の店舗で「清掃活動で使った除草剤などで枯れた可能性が高い」と公式サイトで謝罪した。


NHK 2023年7月28日 21時10分 自動車
ビッグモーター 店舗前の街路樹枯れる 全国18都道府県で確認
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230728/k10014144491000.html
----中古車販売会社「ビッグモーター」をめぐっては、28日までに少なくとも、全国18の都道府県、39の店舗の前で街路樹や植え込みが枯れたり、伐採されたりしていることが確認されています。

NHK 2023年7月27日 20時55分 自動車
ビッグモーター店舗前の街路樹 各地で枯れる 除草剤成分検出も
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230727/k10014144121000.html
----中古車販売会社「ビッグモーター」の店舗前の街路樹や植え込みが枯れているのが各地で確認されていて、ビッグモーターは店との関わりがあるかどうか調べる考えを示しています。一方、国や各地の自治体も調査に乗り出しています。


日本経済新聞 2023年7月29日 2:00
枯れた街路樹、会社が謝罪 国交省、不正車検の調査へ
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73174460Y3A720C2CM0000/
----中古車販売大手ビッグモーターは28日、各地の店舗前で街路樹が不自然に枯れるなどした問題で、「過去に清掃活動の際に使用した除草剤などによる影響で枯れた可能性が高い」とし謝罪するコメントを発表した。今後は土壌の入れ替えや植樹などで原状回復を進める方針を示した。
斉藤鉄夫国土交通相は同日の閣議後の記者会見で、「除草剤が使われていたと確認されれば警察に被害届を提出する。実行者が特定されれば損害賠償請求を考える」と述べた。国交省は同日までに、全国の国道沿いにある10店舗の周辺で街路樹が枯れているのを確認した。


朝日新聞デジタル 2023年7月27日 21時00分
「草1本残すな」ビッグモーター店での合言葉 除草剤は女子更衣室に
https://digital.asahi.com/articles/ASR7W67GJR7VUTIL02C.html
----「『草1本残すな』が店舗での合言葉でした」
 中古車販売大手ビッグモーターの店舗で昨年まで働いていた20代の女性は振り返る。
 「除去するために除草剤は欠かせませんでした」と言い、除草剤は女性の更衣室にクレーム対応の書類などとともに保管されていたという。
 同社の全国各地の店舗前で、公道の街路樹や植栽が枯れるなどのケースが相次いで分かっている。



続きを読む

2023-07-27(Thu)

ビックモーター不正 信じがたい悪質な行為 横行に驚く 各紙社説

組織ぐるみの不正あらわ  安全を悪用した悪質さ  社内処分で済まされぬ


朝日新聞デジタル 2023年7月26日 5時00分
(社説)ビッグモーター 信じがたい悪質な不正
----中古車販売大手「ビッグモーター」で、自動車保険の保険金水増し請求が発覚し、創業者社長が引責辞任すると表明した。社内にはびこっていた悪質な不正の全体像は、なお明らかではない。実態の解明と契約者の救済を急ぐ必要がある。

読売新聞 2023/07/26 05:00
社説:ビッグモーター 車ユーザー裏切る不正の横行
----利益を優先するあまり不正行為を助長するような企業風土がつくられていたとは。顧客を欺き、不信感を広げた責任は計り知れない。
 中古車販売大手で、車の整備も手がけるビッグモーターの兼重宏行社長が、自動車保険の保険金不正請求問題の責任を取り、辞任すると発表した。


毎日新聞 2023/7/22 東京朝刊
社説:ビッグモーターの不正 悪質な行為の横行に驚く
----顧客を軽視する社内風土がはびこっていたのではないか。
 中古車販売や整備を手がけるビッグモーターによる大規模な保険金の水増し請求が発覚した。
 修理依頼を受けた際、車をわざと傷つけたり、不必要な部品交換を行ったりして費用を膨らませる行為が全国の整備工場で横行していた。
 自動車保険を通じて修理費用を支払う損害保険会社から、過大な保険金を不正に受け取っていたことになる。


日本経済新聞 2023年7月23日 19:00
[社説]ビッグモーター不正は論外だ
----修理工場での不正と、それを生んだ経営体制の双方が厳しく問われる(東京都内のビッグモーターの店舗)
中古車販売大手のビッグモーター(東京・港)による保険金の不正請求問題で、耳を疑うような事実が次々と明らかになっている。特別調査委員会がまとめた調査報告書からは、もはや経営の体をなしていないガバナンスの実態が浮き彫りになってきた。


産経新聞 2023/7/21 05:00
主張:自動車修理の不正 厳罰視野に実態解明せよ
----耳を疑う行為である。大手中古車販売・整備のビッグモーター(東京都)で、事故車などの修理に伴う保険金の水増し請求が横行し、実際に不正受給していたことが判明した。
同社の調査委員会がまとめた報告書によると、整備士が故意に自動車を傷付けたりするなど、修理件数の3割超で不適切な行為の疑いが認められた。
国土交通省は道路運送車両法違反の疑いで同社を調査する方針だが、早急な実態解明が求められる。社会的な信頼を裏切り、保険金を不正請求した同社には厳正な処分が欠かせない。


東京新聞 2023年7月26日 07時55分
<社説>ビッグモーター 安全を悪用した悪質さ
----中古車販売大手ビッグモーターで、修理で預かった車両を故意に傷付け、保険金を水増し請求するなど悪質極まりない不正の横行が明らかになり、兼重宏行社長=写真=が辞任を表明した。
 しかし、社内調査で全容解明されたかどうかは疑わしい。経営陣が不正に関与したことはなかったのか徹底的に調査し、厳正に処分するよう監督官庁に求めたい。


北海道新聞 2023年7月26日 05:00
<社説>ビッグモーター 悪質行為の全容解明を
----中古車販売大手のビッグモーターが、自動車保険の保険金請求で不正を行っていた。
 事故車両の修理代を水増しして損害保険会社に請求する行為が、道内を含めて全国で横行していたとみられている。故意に車を傷つける悪質な事例もあった。
 顧客や取引先を裏切っただけでなく、自動車保険制度への不信感を高めかねない。創業者の兼重宏行社長がきょう付で引責辞任するのは当然だろう。


信濃毎日新聞 2023/07/19 09:30
〈社説〉ビッグモーター 組織ぐるみの不正あらわ
----営業ノルマの達成ばかりが優先され、現場では不正が常態化していたようだ。
 中古車販売大手のビッグモーター(東京)が、自動車保険の保険金を水増し請求していた。
 顧客から事故車の修理を請け負った際、故意に傷つけて損傷箇所を増やすといった行為が、全国の工場で横行していた。


京都新聞 2023年7月20日 16:00
社説:自動車保険不正 社内処分で済まされぬ
----テレビCMが頻繁に流れるおなじみの企業で、不正が横行していた。見逃すわけにはいくまい。
 中古車販売大手ビッグモーター(東京)が、自動車保険の保険金不正請求を繰り返し、道路運送車両法違反の疑いがあるとして、国土交通省が事実関係の聴取を要請したことが、分かった。
 同社の外部弁護士がまとめた調査報告書では、故意に車両を傷つけて修理代を水増しする不正行為が、全国各地の工場で行われていたと認定されている。組織ぐるみなのは明らかだ。


続きを読む

2023-07-26(Wed)

ビッグモーター不正 過剰ノルマで不正まん延 不正生んだ現場の実態

損保ジャパン 不正可能性を認識し取引/社長会見 整備士が憤慨 「現場に責任なすりつけ」


毎日新聞 2023/7/25 21:47(最終更新 7/25 21:54)
深掘り :ビッグモーター、不合理なノルマとそんたく 不正生んだ現場の実態
----中古車販売大手ビッグモーター(東京)で発覚した自動車保険金の不正請求問題が拡大している。創業者でもある兼重宏行社長は26日付での辞任を表明したが、国も調査に乗り出す構えで追及の勢いは強まるばかりだ。不正を事前に把握していた損害保険ジャパンにも疑惑の目が向けられており、騒動が収まる気配は見えていない。


日本経済新聞 2023年7月26日 0:28
ビッグモーター不正
ビッグモーターの不正可能性、損保ジャパンは認識し取引
----中古車販売大手ビッグモーター(東京・港)による保険金の水増し不正請求問題では、損害保険業界とのもたれ合い関係が浮き彫りになった。損保側は保険金を過大に払わされていたが、事故車をビッグモーターに紹介すれば保険契約を多く獲得できる構図があった。損害保険ジャパンが不正の可能性を認識しながら、取引を再開していたことも明らかになった。


日本経済新聞 2023年7月25日 20:31
ビッグモーター、内部統制不備 過剰ノルマで不正まん延
----中古車販売大手のビッグモーター(東京・港)が自動車保険金を不正に水増し請求していた問題を巡り、国や第三者機関を通じた実態解明の動きが始まる。不正が相次いだ背景や要因の分析のほか、損害保険会社とのもたれ合い関係が与えた影響の解明が焦点となる。


朝日新聞デジタル 2023年7月26日 8時00分
「現場に責任なすりつけ」 ビッグモーター整備士が憤慨した社長会見
----自動車保険の保険金を水増し請求していた問題を巡り、中古車販売大手のビッグモーター(東京都港区)の兼重宏行社長が25日、記者会見に出て不正の横行を認めた。一方、自身や経営陣の関与については「全くない」と言い切った。
 同社の自動車整備士として働く男性は、会見の様子を移動中の車内で見た。「責任をすべて現場になすりつけて『おしまい』。ひどすぎる」。職場に戻ると、同僚たちも苦笑いを浮かべ、退職を口にする人もいたという。


朝日新聞デジタル 2023年7月25日 20時00分
時時刻刻:ノルマは「現場の勘違い」 ビッグモーター社長会見、あきれる社員
----ビッグモーターの自動車修理保険金の不正請求問題は、兼重宏行(かねしげひろゆき)社長の引責辞任に発展した。組織的な関与を否定し、自身も「知らなかった」と繰り返したトップの姿勢に現場からは不満の声もあがっている。同社は実態解明の調査を続けているが、疑惑は修理部門以外にも広がっており、先行きは不透明だ。



続きを読む

2023-06-29(Thu)

北海道5人死亡事故 1週間  トラック運転手 事前に体調不良申告 

 「危険区間」対策4割未着手 最長13年間経過
軽井沢バス事故 判決 社説 バス事故の悲劇繰り返すな



北海道新聞 2023年6月28日 05:00
トラック運転手、事前に体調不良申告 八雲5人死亡事故 道警、勤務実態捜査
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/868872
---- 【八雲】渡島管内八雲町の国道でトラックとバスが正面衝突し、バスの乗客ら5人が死亡した事故で、死亡したトラックの男性運転手が事故発生前、勤務先の養豚会社に体調不良を申し出ていたことが27日、関係者への取材で分かった。道警もこの情報を把握しており、男性運転手の体調異変が事故につながった可能性があるとみて、勤務実態などを詳しく調べる方針。
 捜査関係者によると、死亡したトラックの梶谷誠運転手(65)=同管内森町港町=が事故前の勤務について、勤務する日本ハムグループの養豚会社「日本クリーンファーム」(青森県おいらせ町)の道南事業所(八雲町)に対し、体調に不安がある趣旨の申告をしていたという。会社側は19日の会見で「本人から体調面での特段の相談は受けていない」と説明していた。


UHB北海道文化放送 2023年6月28日18:20
事故当日"体調不良"訴えた?トラック運転手 「基本的にセルフチェック」健康状態把握に立会なし 5人死傷の北海道八雲町事故
https://www.uhb.jp/news/single.html?id=36297
----事故原因の究明につながるのでしょうか。
 北海道南部の八雲町でトラックが高速バスに衝突し、5人が死亡した事故で、トラックの運転手が事故当日に体調不良を訴えていたことが新たにわかりました。


北海道新聞 2023年6月25日 00:11(6月25日 10:25更新)
八雲5人死亡事故1週間 「危険区間」対策4割未着手 最長13年間経過
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/867338/
----開発局が死亡交通事故の頻度などからこれまでに選定した「事故危険区間」全1702区間のうち、今年3月末時点で4割近くで安全対策が未着手になっていることが24日、北海道新聞の調べで分かった。渡島管内八雲町の国道でトラックと都市間高速バスが正面衝突し、乗客ら5人が死亡した事故現場も対策の取られていない危険区間だった。危険区間の選定後、最長13年間にわたり中央分離帯などが設置されていない道路もあり、専門家は「早急に安全対策を進めるべきだ」と指摘している。
 同局が公表する「事故危険区間一覧」によると、3月時点の危険区間は選定開始の10年と比べ、3・6倍に増えた。安全対策の未着手は630区間で全体の37%だった。
----------------------------------

◇軽井沢バス事故 判決 社説
日本経済新聞 2023年6月17日 19:00
[社説]バス事故の悲劇繰り返すな
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD168P30W3A610C2000000/
----乗客の命を守ることを最優先にする。その当たり前のことを、すべての旅客事業者があらためて肝に銘じなければならない。
2016年に長野県軽井沢町で起きたスキーバス転落事故で、運行会社の社長と当時の運行管理者2人が実刑判決を受けた。事故現場にいない経営者らの刑事責任が認められるのは異例だ。



続きを読む

2023-06-19(Mon)

北海道八雲町 バスとトラック衝突 5人死亡事故

トラックが対向車線にはみ出したか 突然の衝撃「運転手が足もとに」

小さい文字
NHK 2023年6月19日 4時39分 事故
バス・トラック衝突5人死亡 トラックが対向車線にはみ出したか
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230619/k10014103191000.html
----18日、北海道八雲町の国道で札幌から函館に向かっていた都市間高速バスとトラックが衝突しバスの乗客ら5人が死亡した事故で、警察は現場の状況などからトラックが対向車線にはみ出したことが原因とみて調べています。
18日正午ごろ、八雲町野田生の国道5号線で、乗客15人を乗せた都市間高速バスと、家畜の豚を運んでいたトラックが正面衝突し、バスの乗客と双方の運転手を含めた17人全員が病院に運ばれました。・・・


朝日新聞デジタル 2023年6月18日 21時42分
バス席2列目、突然の衝撃「運転手が足もとに」 北海道5人死亡事故
----北海道の地域交通網を支える都市間高速バスと、養豚事業者のトラックが衝突し、5人の命が奪われた。バスの車体は大きくえぐれ、路上には破片が散乱。破損したトラックの荷台からは豚がはじき出され、周辺へ逃げ出した。見通しが良い国道で一体、何が起きたのか。
 北海道八雲町の国道で事故に遭ったバスの前から2列目の座席に乗っていた札幌市の女性(79)は、うとうと眠っていたところ、「ガガガッ!」というものすごい音と衝撃で起こされた。荷物やガラス状のものが上からたくさん落ち、足もとには運転手が倒れ込んできた。「とにかく驚いて、怖かった」と振り返った。女性は衝撃で額をぶつけて打撲傷を負い、病院で手当てを受けた。函館観光に行く途中だったという。
----バスが絡んだ過去の主な事故
2000年2月 北海道弟子屈町で観光バス3台と除雪車2台が衝突。バスの運転手1人が死亡、約100人が重軽傷
 07年2月 大阪府吹田市でスキー客を乗せた大型バスがモノレールの橋脚に衝突。アルバイト添乗員1人が死亡、26人が重軽傷
 12年4月 群馬県藤岡市の関越道で、高速ツアーバスが道路脇の防音壁に衝突。7人が死亡、39人が重軽傷
 16年1月 長野県軽井沢町の国道18号で、スキー客を乗せたバスが道路脇の崖下に転落。大学生ら15人死亡、26人が重軽傷
 17年6月 愛知県新城市の東名高速で、乗用車が中央分離帯を越えて観光バスに衝突。乗用車の運転手1人が死亡、45人がけが
 17年8月 北海道清水町の国道274号で、観光バスが道路脇に転落。少なくとも39人が負傷
 22年8月 名古屋市の高速道路で大型バスが横転して炎上。2人が死亡、7人が負傷
 22年10月 静岡県小山町の県道で観光バスが横転。1人が死亡、28人が負傷
 23年5月 宮城県栗原市の東北道で、停車中のバスに大型トラックが追突。留学生ら3人が死亡


NHK 2023年6月18日 22時08分 事故
バスとトラック衝突事故 乗客など5人の死亡確認 北海道 八雲町
----18日正午ごろ、北海道八雲町の国道で札幌から函館に向かっていた都市間高速バスとトラックが衝突し、警察によりますと、バスの乗客3人と双方の運転手の合わせて5人の死亡が確認されたということです。
・・・警察によりますと、この事故で双方の車の合わせて10人以上が搬送され、病院で手当てを受けていましたが、これまでにバスの乗客の男女3人と男性運転手、それにトラックの60代とみられる男性運転手の合わせて5人の死亡が確認されました。



続きを読む

2023-06-09(Fri)

軽井沢スキーバス事故 運行会社の社長ら2人に実刑判決

予見可能性認める 貸し切りバス会社の意識変えた 国も動き規制強化


朝日新聞デジタル 2023年6月9日 5時00分
バス会社長ら実刑 地裁「予見可能」 軽井沢スキー客死亡
----長野県軽井沢町で2016年、大学生ら15人が死亡し、26人が重軽傷を負ったスキーツアーバス転落事故で、業務上過失致死傷罪に問われたバス運行会社長ら2人の判決が8日、長野地裁であった。大野洋裁判長は「目先の利益を優先してずさんな運行管理業務を放置し、事故を発生させた」などとして、2人に実刑判決を言い渡した。
 量刑は、バスの運行会社「イーエスピー」(東京)社長の高橋美作被告(61)が禁錮3年(求刑禁錮5年)、運行管理者だった荒井強被告(54)が禁錮4年(同)。荒井被告は即日控訴した。


日本経済新聞 2023年6月9日 2:00
バス会社社長に禁錮3年判決 軽井沢事故で長野地裁
業過致死傷罪、予見可能性認める 元運行管理者は禁錮4年

----2016年に長野県軽井沢町で起きたスキーバス転落事故で、長野地裁は8日、業務上過失致死傷罪に問われた運行会社「イーエスピー」社長、高橋美作被告(61)に禁錮3年、元運行管理者の荒井強被告(54)に禁錮4年の実刑判決を言い渡した。
乗客が死亡する事故を巡り、現場にいなかった運行会社幹部の刑事責任を認めるのは異例で、判決は事故の重大性を踏まえ組織としての安全対策の不備を厳しく批判した。


毎日新聞 2023/6/8 14:14(最終更新 6/8 14:48)
貸し切りバス会社の意識変えた軽井沢事故 国も動き規制強化
----貸し切りバスの安全対策は、悲惨な事故が起きるたびに強化されてきた。
 貸し切りバス事業は元々、需給調整の観点から国の免許制だったが、2000年に一定の要件を満たせば参入できる許可制に移行。この規制緩和で参入業者が急増し、価格競争が激化した。法定基準の下限を下回る額で旅行会社と契約するバス会社も現れた。
 07年2月、大阪府吹田市でツアーバスがモノレールの橋脚に衝突し、27人が死傷する事故が起きた。運転手の居眠りが原因で、国土交通省は、1人が1日に運転できる最大距離を670キロとする指針を定めた。


信濃毎日新聞 2023/06/08 14:15
軽井沢のスキーバス事故、社長と運行管理者に実刑 長野地裁判決
----■会社側の責任認める
 北佐久郡軽井沢町で2016年1月に起きたスキーツアーバス転落事故で、長野地裁(大野洋裁判長)は8日、業務上過失致死傷罪に問われた運行会社イーエスピー(東京都羽村市)の社長高橋美作(みさく)被告(61)に禁錮3年、運行管理者だった荒井強被告(54)に禁錮4年の判決を言い渡した。ともに求刑は禁錮5年。両被告は無罪を主張していたが、大学生ら計15人が死亡した事故の重大さを踏まえ、会社側の責任を認めた。



続きを読む

2023-05-27(Sat)

ダイハツ認証不正 国内も トヨタ供給含む2車種7.8万台

ポール側面衝突試験での不正行為/国内向けHV「ライズ」「ロッキー」でも試験手順に不正


ダイハツ工業(株)の衝突試験に係る型式指定申請における不正行為について
令和5年5月26日
https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_004792.html
 19日に、ダイハツ工業が、ハイブリッド車2車種について、型式指定申請時に不正行為があった旨を公表した件について、同社より、以下の報告を受けました。
 型式指定申請における不正行為は、自動車ユーザーの信頼を損なう行為であり、極めて遺憾です。
 国土交通省としては、同社に対して、事実関係の詳細な調査及び再発防止策の検討を実施し、速やかに報告するよう指示しています。
 引き続き、同社を指導し、安全性能の確保と再発防止の徹底について、厳正に対処して参ります。


トヨタ自動車 2023年05月19日
ダイハツ工業による衝突試験での不正行為の判明および弊社「ライズ」の販売・出荷停止に関するお知らせ
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/39217912.html
このたび、ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)よりOEM供給を受けている、トヨタ・ライズのHEV車について、電柱などを模したポールを車両側面に衝突させる試験(UN-R135)に関する認証手続きに不正がある事が判明いたしましたので、本日、販売を停止いたしました。


ダイハツ・ロッキーおよびトヨタ・ライズのHEV車の認証申請における不正行為について
2023年05月19日 ダイハツ工業株式会社
https://www.daihatsu.com/jp/news/2023/20230519-5.html
ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)は、2023年4月28日(金)に海外向け車両の側面衝突試験(UN-R95)の認証申請において不正行為があったことを公表しましたが、その後の社内での点検を行う中で、新たに、ダイハツ・ロッキーおよびトヨタ・ライズのHEV車のポール側面衝突試験(UN-R135)に関する認証手続きに不正がある事が判明いたしましたので、本日、出荷・販売を停止いたしました。

**************************

読売新聞オンライン 2023/05/19 20:02
ダイハツ、国内向けHV「ライズ」「ロッキー」でも試験手順に不正…対象7万台の出荷・販売を停止
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20230519-OYT1T50218/
----ダイハツ工業は19日、国内向けのハイブリッド車(HV)2車種で、安全性を確認する側面衝突試験の手続きに不正が見つかったと発表した。対象は約7・8万台に上る。4月に海外向けの自動車4車種で認証手続きの不正が発覚したことを受けて実施した調査で、新たに判明した。
----ダイハツの親会社のトヨタ自動車では、グループ内で相次いで不正が発覚している。日野自動車や豊田自動織機ではエンジンの性能試験を巡る不正があった。愛知製鋼でも、顧客の求める規格を満たさない鋼材を出荷していた。


朝日新聞デジタル 2023年5月20日 5時00分
ダイハツ認証不正、国内も トヨタ供給含む2車種7.8万台
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15640549.html
----ダイハツ工業は19日、国内向け2車種の計約7万8千台について、側面衝突試験の認証手続きに不正があったと発表した。同社は4月末、海外向けの4車種でも認証手続きに不正があったと明らかにしており、独立した第三者委員会が調査を進めている。
トヨタグループの主要企業では、昨年から不正が相次いでいる。
----日野自動車は昨年3月、排ガスや燃費の性能を偽る不正があったと発表。一時は電気自動車を除く国内向けのトラック・バスの全車種が出荷停止に追い込まれた。今年3月には、グループの源流企業である豊田自動織機でも国内向けフォークリフト用エンジンで排ガスなどに関連した劣化耐久試験の不正が明らかになった。5月には、愛知製鋼がエンジン部品に使われる鋼材の一部で、顧客と契約した規格外の製品を出荷していたと発表していた。
 ダイハツの4月の不正発表後、トヨタは豊田章男会長と佐藤恒治社長がオンラインで記者会見し、「総点検」を掲げ、グループ会社を含めて調査していた。



続きを読む

プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

被災地 台風 爪痕 観光地 コロナ 地方圏 連続上昇 治水リーディング・プロジェクト ダム スーパー堤防 公示地価 レオパレス21 苦境 トンネル 陥没事故 大深度地下法 違憲性 東京外環 改修工事 決算公表 再延期 早期希望退職 施工不良 浮上 

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
運転手の負担軽減義務化へ 荷待ち削減、計画義務化  2024/02/19
日航機・海保機衝突事故 国土交通省が緊急対策 出発順伝えず離陸許可 2024/01/12
リニア中央新幹線  開業時期「2027年以降」に変更 2024/01/07
能登半島地震 M7.6 200棟以上火災、3.2万人避難 2024/01/04
日航機・海保機 衝突事故 2024/01/02
リニア認可取消訴訟 原告36人 「原告適格あり」 東京高裁判決 2023/12/01
東京外環道 川に気泡発生で地盤補修中断 陥没こっそり埋め戻し 2023/11/29
ヤマト運輸 パート社員の「契約終了」方針を撤回し謝罪  2023/10/29
NEXCO東 狛江市管理の道路に穴 外環道トンネル工事付近 2023/10/13
リニアのトンネル「調査掘進」 また中断  2023/10/10
天気予報

-天気予報コム- -FC2-