FC2ブログ
2019-10-05(Sat)

台湾で140mのアーチ橋が突如崩落

港の橋崩落、死者6人に 国営企業トップが辞任へ

中央社フォーカス台湾 2019/10/03 14:20
港の橋崩落、死者6人に 港湾運営の国営企業トップが辞任へ/台湾
----(台北、宜蘭中央社)北東部・宜蘭県の南方澳漁港に架かる橋が崩落した事故で3日午前11時ごろ、6人目の遺体が発見され、行方不明者全員の死亡が確認された。

日経 xTECH  2019/10/03 05:00
台湾で140mのアーチ橋が突如崩落
----台湾北東部・宜蘭県(ぎらんけん)の漁港内で2019年10月1日朝、鋼製アーチ橋が突然崩落した。崩れた橋や通行していたタンクローリーが、桁下で停泊していた漁船に直撃。少なくとも4人が死亡、10人が負傷した。巻き込まれた人々の捜索活動が続いている。


FNN.jpプライムオンライン 2019/10/01
通行中に橋が崩落 少なくとも10人けが 台湾北東部
https://youtu.be/fnH_0X2Z65c
台湾北東部の漁港にかかる連絡橋。 突然、真ん中から真っ二つに折れた。 橋の上を通行していた車も、折れた橋と一緒に落ちていく。 現地メディアによると、1日午前に起きたこの事故で、少なくとも10人がけがをして、6人が行方不明となっている。 ↓




続きを読む

2019-08-19(Mon)

イタリアの橋崩落1年 瞬間を捉えた新映像

亀裂、ひび割れひどかった  道路管理会社の保守作業に不備 老朽化した橋がほかにも多数

朝日新聞デジタル 2019年8月17日13時00分
亀裂、ひび割れ…イタリアの橋、下から見たらひどかった
----イタリア北部ジェノバの幹線道路の高架橋「モランディ橋」が崩落して多数の死傷者が出た事故から、14日で1年がたった。地元検察は、この橋を管理する道路管理会社の保守作業に不備があったことが事故原因だとみて、捜査を進めている。同国には老朽化した橋がほかにも多数あり、架け替えや改修などの対策が課題となっている。
 モランディ橋は1967年、当時の最先端技術を使ったコンクリート製の橋として、同国とフランスをつなぐ幹線道路上に完成した。だが昨年8月14日、橋桁が約200メートルにわたって崩れ落ち、通行中の車30台以上が巻き込まれ、43人が犠牲になった。
 検察は、橋が自立できないほど老朽化していたのに対策を怠ったことが事故を招いたとして、道路管理会社の責任者ら70人以上を対象に捜査を進めている。・・・・

日経アーキテクチュア 2019/07/09 05:00
43人が死亡した落橋事故の瞬間を捉えた新映像
----イタリア財務警察は現地時間の2019年7月1日、43人が死亡したポルチェベーラ高架橋(通称「モランディ橋」)の落橋事故の瞬間を捉えた新たな映像を公開した。・・・
■ポルチェベーラ高架橋の崩落を捉えた新映像
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00142/00483/

(動画:Guardia di Finanza)


続きを読む

2019-08-13(Tue)

道路の橋梁・トンネルなど8万カ所 5年以内に修繕必要

インフラ老朽化対策 点検実施状況、判定区分 14~18年度 
18年度道路メンテナンス年報(一巡目)の公表


毎日新聞2019年8月10日 東京朝刊
インフラ老朽化:橋など8万カ所、5年以内に修繕必要
https://mainichi.jp/articles/20190810/ddm/012/010/065000c
 国土交通省や地方自治体が2014~18年度に実施したインフラ老朽化点検で、全国の橋約6万9000、トンネル約4400、歩道橋などの道路付属物約6000の計8万カ所近くが「5年以内の修繕が必要」と判定された。・・・



道路メンテナンス年報(平成30年度・一巡目)
https://www.mlit.go.jp/road/sisaku/yobohozen/yobohozen_maint_h30.html
1. 道路メンテナンス年報【PDF形式】
https://www.mlit.go.jp/road/sisaku/yobohozen/pdf/h30/R1_03maint.pdf
2. 道路メンテナンス年報データ集(集計表)
工事中




続きを読む

2019-08-01(Thu)

笹子トンネル事故 2人は不起訴不当-甲府検審

「誰一人として刑事責任を問われないのは、あまりに不当」遺族が申し立て
NEXCO中日本 事故教訓に研修施設を新設


時事通信 2019年08月01日13時45分
2人は不起訴不当=笹子トンネル事故-甲府検審
----9人が死亡した2012年の中央自動車道笹子トンネル(山梨県)の天井板崩落事故で、甲府地検が不起訴処分とした中日本高速道路の関係者10人のうち2人について、甲府検察審査会は1日までに不起訴不当と議決した。8人は不起訴相当とした。


朝日新聞デジタル 2018年8月3日03時00分
山梨)「残された道」 笹子事故遺族が検察審へ申し立て
----中央自動車道で計12人もの死傷者を出した2012年の笹子トンネル事故。誰一人として刑事責任を問われないのは、あまりに不当ではないか。検察が下した判断に異を唱え、遺族らが甲府検察審査会に審査を申し立てた。「唯一残された道」「市民の判断にゆだね、待つしかない」。刑事裁判への最後の手段に願いを託した。


********************

毎日新聞2019年7月27日 地方版
中日本高速道路、今秋着工 安全教育に特化、研修施設 笹子トンネル事故など踏まえ /愛知
----2012年に9人が死亡した中央自動車道笹子トンネル(山梨県)天井板崩落事故などの教訓を研修に生かすため、中日本高速道路(NEXCO中日本、名古屋市)は、社員ら約6600人の安全教育に特化した研修施設を新設すると発表した。今秋に着工し、20年度に完成予定。



続きを読む

2018-12-04(Tue)

インフラ維持・更新費試算 最大195兆円 国交省

鉄道・自動車道含まず、高速道路19.4兆円、18年度5.2兆円 13年度3.6兆円

国交省が30年間で最大約195兆円の維持・更新費がかかるとの試算を公表した。
13年にも試算しているが、合計額は出していなかった。
推計として比較できるのは、18年度は5.2兆円、13年度は3.6兆円で1.4倍になっていること。

18年度が12分野で、13年度が10分野としているが、
実際はほぼ同じ対象で、18年度のほうがより精緻に試算したということらしい。

18年3月には内閣府が2045年度までに547億円もかかるという試算も出している。
農水や厚生、文教など国土交通省以外のインフラも加えているからだが、それにしても大きな額だ。

なお、国交省の試算は、メンテナンス・長寿命化するという予防保全を前提としており、
内閣府の試算ではメンテナンスなしという条件のようだ。

◇国交省/今後30年のインフラ維持管理・更新費試算/予防保全で最大195兆円に
----国土交通省は、19年度から30年間で必要になる所管インフラ12分野の維持管理・更新費を推計した。損傷などの被害が出る前に修繕しておく「予防保全」と、損傷などが起きた後に修繕する「事後保全」の手法を採用する2パターンで試算。国交省が推進する予防保全を進めた場合、累計コストは176・5兆~194・6兆円と算出した。・・・・
(日刊建設工業新聞 2018年12月4日1面)

参考資料  国土交通省所管分野における社会資本の将来の維持管理・更新費の推計<国土交通省資料> (PDF形式:328KB)
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/reform/wg6/181130/pdf/sankou.pdf
181130国土交通省所管分野における維持管理・更新費の推計結果(平成30年度)


続きを読む

2018-10-24(Wed)

トンネル点検手抜き 高速3社 新ルール守らず 

笹子事故 反省どこへ 会計検査院指摘 「道路構造物の点検等について」

会計検査院が高速道路3社にトンネル点検、補修について改善を求めた内容について
日経コンストラクションが、詳しく報じている。

----東日本、中日本、西日本の高速道路3社が、100カ所以上のトンネルで自社の点検要領に従わず、内装板の裏側の近接目視を怠っていたことが会計検査院の調査で分かった。さらに、橋も含めて早期に補修が必要と診断した1400カ所以上の変状に対して、2年以上対策を講じていなかった。検査院が10月15日、3社に改善を求めた。

各紙で報道された10月初めには、会計検査院は公表していなかったが、
15日に「道路構造物の点検等について」の意見表明をHPでアップしていたので紹介する。

2018-10-04(Thu)
「高速道 未補修1474カ所 検査院、「2年以上放置」指摘へ
速やかな対策が必要約6700カ所 4579カ所補修工事未契約 88カ所は4年以上
http://ajimura2.blog.fc2.com/blog-entry-143.html



続きを読む

2018-10-04(Thu)

高速道 未補修1474カ所 検査院、「2年以上放置」指摘へ

速やかな対策が必要約6700カ所 4579カ所補修工事未契約 88カ所は4年以上

----高速道路会社のNEXCO3社(東日本、中日本、西日本)が管理する橋やトンネルで、早急な対策が必要と判断されながら、2年以上も補修されていない場所が1474カ所あることが、会計検査院の調査で判明した。

----不十分な点検や記録の不備なども見つかり、検査院は適切な対策を実施するよう3社に改善を求める方針だ。

----検査院は今年3月時点で、このうち最も状態が悪い「AA」と判定され、速やかな対策が必要となる約6700カ所の補修状況を調べた。
その結果、補修の工事契約が4579カ所で結ばれておらず、うち1474カ所は判定から2年以上、88カ所は4年以上が過ぎていた。

----補修予定が2年以上先の2020年度以降になると見込まれる場所も1850カ所にのぼるなど、点検結果が補修計画に適切に反映されていなかった。

----「あれだけの大事故を経験しながら、新たに定められた点検のルールも守れないというのは信じられないし、許しがたい」。
(2012年、笹子トンネル天井崩落事故で、娘を亡くした松本邦夫さん)

----9人が死亡したこの事故の後、14年の法令改正を受け、それまで双眼鏡による点検でよかった場所も、近づいて目視することや、目視が難しい場所はファイバースコープで確認することなど、高速道路3社の点検のルールが厳しくなった。
会計検査院は今回、その実施状況を初めて検査。ドライバーの視認性を向上させるためにトンネル内に設置されている内装板(反射パネル)は、壁のコンクリートと板の隙間にファイバースコープを入れて内側を確認することになっているが、調べた110カ所すべてのトンネルでスコープは使用されていなかった。

----点検や補修の結果を記録するシステムには、点検した約12万カ所、補修した約3万カ所の写真が記録されていない不備も見つかった。NEXCO中日本管内では、16年度に点検した約2万9千カ所の記録が、以前の点検時の写真のままになっていたという。
(朝日新聞)



続きを読む

2018-08-29(Wed)

道路メンテナンス 543橋が緊急対策必要

老朽化点検結果まとめ  橋梁修繕に着手 国は6割 地公体は1割

道路のメンテナンス、老朽化対策で橋梁やトンネル、付属物の点検結果が公表された。
道路法の改正で、14年7月から、道路管理者に、5年に1度、近接目視での点検が義務付けられ、
点検結果として健全性を4段階に診断し、修繕に着手することになっている。

点検完了率は、橋(全国約72万カ所)が80%、トンネル(同約1万カ所)71%、付属物(同約4万カ所)が75%だという。
なんとか18年度までに点検を100%完了するペースとみることができる。

一方、点検し、健全性を診断し、問題のある個所を修繕することになるが、この修繕に着手した地公体は1割しかないらしい。
14~16年度に点検したものの判定結果は、修繕の必要性が高い「緊急措置段階」と「早期措置段階」と判定された橋は、15%の4万2438橋、トンネルが40%の2304本に上る。

うち、16年度までに橋の修繕設計・工事に着手したストック割合は、国交省が62%、高速道路会社が36%、
都道府県・政令市等は9%、市町村が13%となっている。
国や高速道路会社と比べ自治体の対応が遅れているのが実態だ。

問題は、一気に点検、修繕を実施できるようにしないといけない。
そのためには、必要なだけの予算と土木系職員を確保するかだ。
*****************
道路メンテナンス年報(平成29年度)
http://www.mlit.go.jp/road/sisaku/yobohozen/yobohozen_maint_h29.html
道路メンテナンス年報
http://www.mlit.go.jp/road/sisaku/yobohozen/pdf/h29/30_03maint.pdf
道路メンテナンス年報の概要
http://www.mlit.go.jp/road/sisaku/yobohozen/pdf/h29/road_outline.pdf



続きを読む

2018-08-23(Thu)

老朽化対策 前例が役に立たない災害が警鐘を鳴らす

地域創生は地域「維持」が基盤だ――維持管理強化は、前向き、地域経済の発展にもつながる

「前例のない」、「今までの経験が役に立たない」と報道される豪雨災害が今年は連続して発生。
中村智彦神戸国際大学教授の「前例が役に立たない災害が警鐘を鳴らす ~ 地域創生は地域「維持」が基盤だ」に同感する。
(yahooニュース7/29付)。

東北地方の自治体幹部職員の言葉
 「1960年代から1980年代にかけて建物や道路などの都市インフラを私たちは造り上げてきた。こうしたインフラが老朽化し、適切な維持管理が行われていない場合、今年のような大規模災害が襲うと、深刻な損壊を引き起こし、地方の経済活動にも大きな影響を及ぼす。」
「地方部では、場合によっては第二次大戦前後に作られた建物や鉄道などを抜本的な改修をせずに使い続けている。現在でも、そのことに触れれば、莫大な費用が掛かることが分かっているので、行政も、議会も見て見ぬふりをしている。これらも、いよいよ無視できない深刻な状況になっている。」

傾聴に値する。インフラ老朽化に対し、適切な維持管理が行われていないと大規模災害で深刻な損害を引き起こす、と指摘している。
インフラ老朽化対策は、大規模災害対策でもあるということだ。

そして、今後、インフラの維持管理に膨大な費用が必要になり、行政も議会も見て見ぬふりを続けられないほど深刻化している。

関西のある地方議員の言葉
「オリンピックだ、IRだ、カジノだ、万博だと、新しいものを創る話は明るいし、まだまだ票につながる。今、実際に使っているインフラが危機に瀕していて、そこに修理や維持のお金をつぎ込もうというと、暗い話をするな、未来を語れと批判されてしまう」

まさに、安倍政権が推し進める成長戦略にそった政治の状況を言い当てている。

中村氏が指摘する。
「もう私たちは充分に様々なものを持っているのである。その持っているものを、いかに維持し、便利で安全な生活を維持していくのかを考える段階に来ている。

さらに、そこに資金を投ずることで、インフラの維持や長寿命化などの分野で新たな産業や技術を生み出すことが可能だ。こうした方向性で地域経済の活性化を図ることこそが、今の時代に合致しているのではないか。

時代遅れの派手な宣伝文句に目くらましされて、今、持っている大切なものを失うような愚行を起こすべきではない。私たちが生きているのは、2018年であって、1968年ではないのだ。」と。
まったく同感である。

さらに、中村氏の指摘。
「大規模な自然災害であっても被害を減らす、つまり私たちが持っている大切なインフラを守るために行動すべきだ。それは決して後ろ向きでも、暗い発想でもない。むしろ、前向きであり、地域経済の発展にもつながる方向である。」

「今年のこの自然災害の連続が、私たちに利便性が高く安全な生活が、今、危うい状況にあることの警鐘を鳴らしている。無駄にせず、発想の転換の契機にすべきだ。
 
新しいインフラを次々建設していった人口増加時代とは異なり、今、手にしている重要なインフラをいかに維持し、そこで必要とされる技術やノウハウを新しい地方の経済発展につなげていくことこそが、人口減少時代の地方創生だ。」と。

中村氏は、インフラ老朽化対策、維持管理を担うべき地方自治体の技術職員が減少している実態も告発している。
「実際には、すでに土木関係職員はこの20年間で大幅に削減され、町村部では土木技術職の職員がほとんどいないという惨状だ。現場に専門知識を持っている人材が少なくなっている結果、ますます負担が重くなると同時に、対応に遅れや支障を引き起こす可能性も捨てきれない」

「普段必要ないからと、どんどん削減しておいて、災害が発生した時には、なにをやっているんだと叱責される。人員削減が進みすぎ、様々な技術やノウハウの伝承などにも問題が発生している現場の困窮具合などを理解してもらえない。」

公共施設等の集約・縮小を施設削減目標の優先、住民合意抜きで推し進めている地方自治体も少なくない。
個別の公共施設の長寿命化計画など早急に住民参加のもとで作成し、維持改修事業など進めるべきだ。
が、肝心かなめの発注者(自治体など)に、技術等が分かる専門家がいなければ絵に描いた餅みたいなことになりかねない。

こうした中村氏の指摘など、政府は真摯に受けとめて具体化、実行してもらいたい。




続きを読む

2018-08-16(Thu)

イタリア 相次ぐ高架橋崩落 5年間で6度目

39人死亡 「構造上の疑念」 民間の運営会社が管理 /道路投資 10年で1/3 

イタリア・ジェノバの高速道路の高架橋崩落事故は、民間の運営会社が管理していたようだ。
副首相が、高速道路の運営会社に対し、橋の安全な維持管理を怠ったとして、契約解除と罰金1億5000万ユーロ(約190億円)の執行手続きを開始した。運輸相もフェイスブックに「悲劇の責任者は罰を受けなければならない」と投稿し、運営会社の責任を追及した、と報道されている。

民間会社がインフラ施設を管理することで、政府や自治体のコスト削減につながるかもしれない。
が、利益優先で「手抜き」も生まれやすくなる。その懸念が、現実となったともいえる。

もともと、イタリアでは、高架橋崩落事故が5年間で6度もあったという。17年3月や16年10月など。
緊縮策で、インフラ予算が大幅に削減されたことも背景にあるとも指摘されている。

イタリアでは08年の金融危機後、道路への投資額が激減したようだ。
2010年は34億ユーロで2006年の約3分の1にとどまっている。

AFP通信によると、崩落した橋は、以前から「構造上の疑念」があり、「悲劇がいつ起きてもおかしくない」状態だったらしい。

鉄筋コンクリート構造の専門家が、「使われた建築技法に関連した極めて深刻な腐食問題」があり、継続的な保守工事が必要だったと指摘していたという。イタリア当局も、2000万ユーロ(約25億円)規模の補修工事の入札を実施し、橋脚などを補強する予定だったという。

さらに、年間2500万台もの車両が通行する重要な道路だが、2009年から取り壊しが議論されてきたらしい。
この橋には100年以上の耐用年数が求められるが、完成からしばらくするとコンクリートの劣化やひびの修復のため大規模な工事が必要となっていたという。

ジェノバ建築当局の元責任者は、「50年前われわれは鉄筋コンクリートに限りない信頼を置き、永久にもつと考えていた。だが数十年しかもたないことが分かった」と記者団に語ったという。さらに、イタリアで1950~60年代に造られたインフラは「差し迫った改修の必要がある」、しっかり改修工事をしなければ今回と同様の惨事が起こるのは避けられないと警告しているという。

日本でも、2012年12月、中央道笹子トンネル天井崩落事故が発生。インフラの老朽対策が喫緊の課題となった。
外環道など新規の高速道路建設やリニア新幹線建設など大規模開発につぎ込む予算を老朽化対策に回すべきだ。


続きを読む

プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
吉田川と阿武隈川 越水が堤防決壊要因 法面・法尻補強 2019/12/14
台風19号 越水が堤防決壊の原因 荒川と那珂川・久慈川 2019/12/13
土地基本法の改正  新たな総合的土地政策  2019/12/12
高級ホテル50カ所  「なぜ国費」「被災地支援が先」 2019/12/11
19臨時国会閉幕 疑惑逃げ切り、許されぬ 2019/12/10
千曲川堤防調査委 決壊までの時間稼ぐ工法を了承  2019/12/09
26兆円経済対策  真に必要な政策に絞れ 各紙社説等 2019/12/08
桜を見る会 逃げ切りは許されない (各紙社説等) 2019/12/07
新経済対策 事業規模は総額26兆円  2019/12/06
リニア基地も 浸⽔想定域 新幹線基地16か所 2019/12/05
天気予報

-天気予報コム- -FC2-