FC2ブログ
2019-09-08(Sun)

辺野古新基地 地盤工事 耐震レベル甘い基準 大地震想定なし

「辺野古技術検討会」基地建設の追認機関だ お手盛りでは意味がない

沖縄タイムス 2019年9月8日 09:25
社説[辺野古技術検討会]基地建設の追認機関だ
---名護市辺野古の新基地建設を巡り、防衛省は大浦湾側の埋め立て予定海域で見つかった軟弱地盤に関する技術検討会の初会合を同省で開いた。・・・委員は公正中立であるべきだが、8人のうち、清宮委員長を含む4人が国土交通省と防衛省に関わりがある。2人が現職で、残りの2人が過去に勤務経験があった。清宮委員長は辺野古新基地建設で海に投下するケーソン(コンクリート製の箱)の製造を請け負うJFEホールディングスの子会社の取締役にも名前を連ねている。
---委員らは利害関係者というべきではないか。客観的な提言や助言ができるか極めて疑問である。
 防衛省幹部の言葉はもっとあけすけだ。有識者らの技術検討会が「建設ありき」との批判があることについて「移設工事は決まっていて、意見をいただくのに、建設ありきではいけないのか」と開き直っている。・・・現状の検討会は、有識者から客観的な提言、助言を得るとは名ばかりで、政府の新基地建設を後押しする機関というほかない。

毎日新聞2019年9月8日 東京朝刊
社説:「辺野古」有識者会議 お手盛りでは意味がない
----政府方針を追認するだけでは有識者会議の意味がない。移設の是非とは別に、実現可能性やその時期の客観的な評価が求められる。メンバーの人選については県側と協議してしかるべきではなかったか。
 今後の検討作業ではその内容やデータを全て公開すべきだ。外部の誰もが検証し意見を言える形になれば、透明性と信頼性が増すだろう。
 逆にお手盛り会議とみなされれば問題解決はさらに遠のく。


琉球新報 2019年9月7日 06:01
<社説>「辺野古」耐震レベル 重要施設ではない証左だ
----米軍普天間飛行場の代替施設として名護市辺野古に建設中の新基地は、米軍にとって本当に必要なのか。改めて強い疑念を抱く。
 軟弱地盤の改良工事に関する防衛省の報告書で、大規模地震を想定した耐震性が検討されていなかったのである。
 空港の耐震設計に関する国土交通省の基準では、耐用年数中に起こる可能性のある中規模程度の地震を「レベル1」、東日本大震災級の最大規模の揺れを「レベル2」と規定する。防衛省の報告書は「レベル1」を採用して検討した。米国側とも調整した上での判断だという。


しんぶん赤旗 2019年9月7日(土)
辺野古 大地震想定なし 政府 新基地地盤工事 甘い基準
----沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設に伴う埋め立て区域のうち、大浦湾側に広がる軟弱地盤の改良工事をめぐり、政府は東日本大震災や阪神・淡路大震災級の大規模震災を想定していないことが分かりました。埋め立て区域には活断層の存在も指摘されており、甘い想定に批判が広がりそうです。



続きを読む

2019-08-17(Sat)

日韓関係を考える 安倍政権の危険な“発信”

今こそ冷静な対応を  次代へ渡す互恵関係維持を 「負の連鎖」脱する道探れ

朝日新聞デジタル2019年8月17日05時00分
(社説)日本と韓国を考える 次代へ渡す互恵関係維持を

毎日新聞2019年8月16日 東京朝刊
社説:文・韓国大統領の演説 抑制された姿勢の維持を

日本経済新聞 2019/8/15 19:00
[社説]日韓は今こそ冷静な対応を
----日韓関係が岐路に立っている。元徴用工判決や輸出管理の厳格化で外交摩擦が激しくなり、経済や安全保障から観光や文化、スポーツ分野まで影響が及んできたのは看過できない。対立を市民レベルに広げないための冷静な対応が日韓双方に求められる。

東京新聞 2019年8月17日
【社説】文大統領演説 関係悪化の歯止めに

神戸新聞 2019/08/14
社説:日韓輸出規制/害の一致点を見いだせ

西日本新聞 2019/8/17 10:42
社説:日韓関係 「負の連鎖」脱する道探れ

しんぶん赤旗 2019年8月17日【1面】
シリーズ日韓関係を考える 政権の危険な“発信” 元経済産業省官僚 古賀茂明さん
----米国のNBCも「文在寅は反日ではない。安倍政権が問題だ」という見方を示しています。
----世界は、ヒトラー、ムソリーニ、ヒロヒトが世界大戦で大きな誤りを犯したとみており、これはいくら年月がたっても変わりません。そのうえ安倍政権は歴史修正主義ではないかと疑われています。今回の一件はこれを増幅する危険な“発信”となりかねません。
----韓国は、歴史認識の問題で日本が居直り、徴用工問題の「報復」で韓国たたきに走り、経済圧力を強めていると主張しており、世界はその通りに受け取る可能性が高いのです。
----安倍政権は、日本経済は韓国よりはるかに強大だから、最後は韓国が“土下座”するはずだと考え違いをしているようです。
 日本は、今や世界的に広がった網の目のようなサプライチェーン(供給網)の中で生かされています。パソコンやAI、スマートフォンなどの製造業分野ではほとんど競争力を失っていますが、逆に、「偉大な下請け大国」として部品や原材料を供給して生き残っています。
----経済分野で韓国に制裁を加えたとき、何が起きるか。韓国が日本製品にはリスクがあると判断し、中国や台湾に最先端の情報を渡して材料、部品のグレードアップの関係を築く方向に動く。韓国との関係が途絶すると、日本の技術と経済は、深刻なダメージを受けます。



続きを読む

2019-08-15(Thu)

74回目の終戦の日 歴史に学び「不戦」後世へ

憲法の下 令和は流れる  強権・偽りの政治を許さぬ決意
 
<各紙社説・主張>

朝日新聞デジタル 2019年8月15日05時00分
(社説)8・15 戦場の記憶 時を超え、痛みを語り継ぐ

読売新聞 2019年8月15日
社説:終戦の日 国際協調の重み かみしめたい

毎日新聞2019年8月15日 東京朝刊
社説:終戦の日と戦後処理 世代をまたいで辛抱強く

日本経済新聞 2019/8/14 19:00
[社説]令和に持ち越された「追悼のあり方」

東京新聞 2019年8月15日
【社説】終戦の日に考える 憲法の下 令和は流れる

しんぶん赤旗 2019年8月15日(木)
主張:74回目の終戦の日 強権・偽りの政治を許さぬ決意

北海道新聞 2019/08/15 05:00
社説:きょう終戦の日 対話こそ平和紡ぐすべだ

河北新報 2019年08月15日木曜日
社説:終戦記念日/国際協調の歴史を顧みたい

信濃毎日新聞 (2019年8月15日)
社説:終戦の日に 情動の正体を見極める

[京都新聞 2019年08月15日掲載]
社説:終戦の日に  「継承」の意味を問い直す時

神戸新聞 2019/08/15
社説:終戦の日/時代の「空気」にあらがう

西日本新聞 2019/8/15 10:42
社説:終戦の日 歴史に学び「不戦」後世へ


続きを読む

2019-08-13(Tue)

74回目の「原爆の日」 被爆地の訴え 聞こえぬのか

被爆者の訴えに向き合え 空疎に響く首相の言葉 核兵器が使われる危険性が高まっている

<各紙社説・主張>
朝日新聞デジタル2019年8月10日05時00分
(社説)被爆地の訴え 首相には聞こえぬのか
----被爆地では首相へのいらだちと怒りが強まるばかりだ。「毅然とした態度」の象徴として、核兵器の開発と保有、使用などを幅広く禁止する核兵器禁止条約への署名・批准を求めているのに、首相が否定的な考えを示し続けているからだ。
----「世界から核兵器をなくそうと積み重ねてきた人類の努力の成果が次々と壊されている」(田上富久・長崎市長)と危機感を強める被爆地の希望が、被爆者の訴えを原動力として誕生した核禁条約である。
 だが首相は広島、長崎両市のあいさつで今年も条約に触れず、記者会見では条約を「現実の安全保障の観点を踏まえていない」と評した。日本が米国の「核の傘」に守られているのは確かだが、条約に背を向け続けるだけでよいのか。

信濃毎日新聞 2019年8月10日
社説:原爆の日の式典 空疎に響く首相の言葉
----田上富久市長は「核兵器を巡る世界情勢はとても危険な状況」とした上で「日本は核兵器禁止条約に背を向けている」と批判。「唯一の戦争被爆国の責任として一刻も早く署名、批准を」と求めた。
 広島市の松井一実市長も6日の式典で政府に署名、批准を促している。それなのに安倍晋三首相は訴えを事実上、無視している。広島と長崎の式典で条約には一切触れなかった。

神戸新聞2019/08/10
社説:長崎原爆の日/被爆者の訴えに向き合え
----長崎はきのう、被爆から74年の「原爆の日」を迎え、犠牲者を悼む多くの祈りに包まれた。
 式典で田上富久長崎市長は昨年に続き、使用や開発から保有まで全面的に禁じる核兵器禁止条約への署名と批准を政府に求めた。6日の広島市での式典でも、松井一実市長が被爆者の要望を受け、初めて禁止条約署名・批准の要求を掲げた。

中国新聞 2019/8/10
社説:長崎平和宣言 核軍拡への懸念、共有を
----核兵器が使われる危険性が高まっている―。長崎市の田上富久市長は、きのうの平和宣言で強調した。米国、ロシアの核超大国や北朝鮮が、核なき世界に向けて国際社会が積み重ねてきた努力の成果を近年、次々と壊しているからだ。
 宣言では、核兵器廃絶へ世界を動かしてきた市民社会の力がこれまで以上に重要とし、「核兵器は要らない」と声を上げるよう促した。危機感を共有して、反核平和を全世界に訴えることが不可欠だ。



続きを読む

2019-08-07(Wed)

あいち「表現の不自由展」中止 社会の自由への脅迫だ

中止招いた社会の病理  憲法違反の疑いが強い  自粛を広げないために
過去の歴史問題を「日本対韓国」の戦いにすり替える「歴史戦」の手法


朝日新聞デジタル2019年8月6日05時00分
(社説)あいち企画展 中止招いた社会の病理

毎日新聞2019年8月6日 東京朝刊
社説:「表現の不自由展」中止 許されない暴力的脅しだ

東京新聞 2019年8月7日
【社説】「不自由展」中止 社会の自由への脅迫だ

北海道新聞 2019/08/07 05:05
社説:芸術祭展示中止 憲法違反の疑いが強い

信濃毎日新聞 (2019年8月6日)
社説:表現の不自由展 自粛を広げないために

[京都新聞 2019年08月05日掲載]
社説:少女像展示中止  悪い前例にならないか


------------------
山崎 雅弘氏のTwitterより
@mas__yamazaki
https://twitter.com/mas__yamazaki/status/1157932280922267649
8月4日
河村たかし名古屋市長は、少女像の展示を公的行事で認めれば「韓国側の主張を認めたことになる」かのように吹聴しているが、これこそ過去の歴史問題を「日本対韓国」の戦いにすり替える「歴史戦」の手法。日本人なら日本側につけと脅し、大日本帝国擁護に加担させようとする。
記事
名古屋市長、関係者に謝罪要求 少女像展示で
国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」での「平和の少女像」などの展示中止を受け、中止を求めていた...
https://this.kiji.is/530378433990181985

山崎 雅弘
河村たかし名古屋市長の美術展における「日本対韓国」の戦いは、安倍政権が政治経済分野で展開している「日本対韓国」の戦いともリンクしている。美術館の展示でも何でも「韓国側の嫌がること」をすればポイントになる。殺人を示唆する脅迫でも、標的が「敵側」なら黙認され、警察も本気で捜査しない。



続きを読む

2019-08-03(Sat)

韓国を「輸出優遇」除外 「報復」の悪循環やめよ

負のスパイラルを案じる 交流の歩みも壊すのか 日韓は摩擦対象を広げるな
百害あって一利なし! 対韓輸出規制強化で墓穴を掘る安倍政権


朝日新聞デジタル2019年8月3日05時00分
(社説)対立する日韓 交流の歩みも壊すのか
----日本と韓国が国交を開いてから半世紀あまり。その歩みの中で両国関係は今、最も厳しく、危うい領域に入りつつある。
 密接に絡み合う産業の足を引っ張り、市民の交流までが寸断される危機をどう克服するか。双方の政治指導者は報復ではなく、修復の策を急ぐべきだ。

毎日新聞2019年8月3日 東京朝刊
社説:韓国を「輸出優遇」除外 負のスパイラルを案じる
----深刻なのは、日韓両政府が世論を意識してか、互いを批判する負のスパイラルに陥っていることだ。
 ・・・・世論を冷静に見極めて、政策を決めるのが政府の役割だ。ナショナリズムをあおるような手法は危険だ。

日本経済新聞 2019/8/2 19:00
[社説]日韓は摩擦対象を広げるな
----政府が輸出管理を簡略化する優遇対象国のリストから韓国を除外する政令改正を閣議決定した。韓国が安全保障上の懸念を払拭する必要があるのは言うまでもないが、政府も過度な貿易制限は厳に戒めてほしい。自由貿易の原則を徹底するよう重ねて求める。

東京新聞 2019年8月3日
【社説】ホワイト国除外 「報復」の悪循環やめよ
----日韓関係が危機的だ。日本政府が、輸出管理上の優遇を適用する国から韓国を除外、韓国が反発しているからだ。「報復」の悪循環はどちらの利益にもならない。感情を抑え、対話を始めるべきだ。

週プレニュース 2019年8月2日 06:00
百害あって一利なし! 対韓輸出規制強化で墓穴を掘る安倍政権
----今回の措置は徴用工問題などへの政治的報復ではないと日本側は主張するが、信じる者はいない。これを事実上認める世耕経済産業大臣のツイートが証拠として残っているからだ。
----日本は5億ドルの資金を韓国に供与したが、その名目は植民地支配への賠償ではなく、韓国が独立したことへの祝賀金であり、経済協力にすぎない。植民地支配の責任を認めていないのだ。しかも、条約を結んだのは、韓国の軍事独裁政権である。情に訴えれば、国際世論が韓国につく恐れは十分にある。
----輸出規制の問題は、不適切に第三国へ密輸されることがないように、淡々と防止策を韓国と協議すればよい。これ以上拡大すれば、今回の措置でとばっちりを受けるスマホのアップルやPCのDellなどが不満の声を上げ、「日本はやりすぎ」との批判が起こるかもしれない。
これらの国際的批判を避けるためには、安倍政権は韓国を「徴用工判決は国際法違反」などと単純に批判するだけの「泥沼化した」強硬路線をやめるべきだ。



続きを読む

2019-07-30(Tue)

フジロック 玉城デニー沖縄県知事出演

アトミックカフェでトーク「沖縄の現状を知るきっかけに」 日米地位協定は「鉄の鎖」

琉球新報2019/07/28 に公開
フジロックに玉城デニー知事出演 沖縄をテーマにトークライブ
https://youtu.be/Z96ucWV0CcA

新潟県の苗場スキー場で開催中の国内最大級の野外音楽イベント「フジロックフェスティバル」は最終日の28日、会場内の「アトミック・カフェ」で沖縄をテーマにしたトークライブがあり、玉城デニー沖縄県知事が出演した。玉城知事は名護市辺野古の新基地建設を巡る沖縄の問題を訴えたほか、自身の演奏も披露し、アコースティックギターをかき鳴らしながら張りのある歌声で聴衆を盛り上げた。


琉球新報 2019年7月28日 15:13
フジロックに玉城デニー沖縄県知事が出演 ギターでボブ・ディラン演奏も 「沖縄」をテーマにトーク【演奏動画付き】
----新潟県の苗場スキー場で開催中の国内最大級の野外音楽イベント「フジロックフェスティバル」は最終日の28日、会場内の「アトミック・カフェ」で沖縄をテーマにしたトークライブがあり、玉城デニー沖縄県知事が出演した。玉城知事は名護市辺野古の新基地建設を巡る沖縄の問題を訴えたほか、自身の演奏も披露し、アコースティックギターをかき鳴らしながら張りのある歌声で聴衆を盛り上げた。
----演奏に先立つトークでは、ジャーナリストの津田大介さんをMCに玉城知事や元山仁士郎さん(辺野古県民投票の会代表)YOHさんが沖縄の今について語り合った。玉城知事は父親が米兵だったことなど自身のルーツにも触れながら「(沖縄に)米軍基地があり続けている環境が、戦後74年、日本本土への復帰から47年たっても変わっていない」と強調。戦後、日本本土の反基地闘争を受けて米統治下の沖縄に基地が集中した経緯も示しながら「未来の子どもたちのこの状況を渡しちゃいけない」と説明した。


朝日新聞デジタル 2019年7月30日03時00分
新潟)フジロックで玉城知事、日米地位協定は「鉄の鎖」
----日米地位協定により在日米軍には日本の法律が原則適用されない。全国知事会も抜本的な見直しを要望しているが、玉城知事は沖縄以外ではあまり知られていないと指摘。沖縄県がドイツなど欧州4カ国の地位協定を調べたところ、その国の国内法を守ることが前提になっていた。玉城知事は「政府は見直しているというが、抜本的には何も変わっていない。米軍に聞いてOKをもらったものについて運用を改善しているだけだ」と批判。聴衆に「これは日本国と米国の協定。みなさんの上には鉄の鎖の協定がかぶさっていて、何かあればそれが適用される。沖縄だけの問題ではないんです」と話しかけた。


Yahooニュース 2019/7/26(金) 14:40琉球新報
なぜ沖縄県知事がフジロックに出演するの?
「沖縄の現状を知るきっかけに」”キーパーソン”の熱い思いとアトミックカフェ【WEB限定】



続きを読む

2019-07-28(Sun)

深まる日韓対立 WTOで応酬 冷静に話し合い解決を

この延長上に出口はない  日本に出口戦略あるか  舌戦より理性の外交を

<各紙社説・主張>
朝日新聞デジタル 2019年7月26日05時00分
(社説)日韓の対立 舌戦より理性の外交を
----多国が集う会合で、韓国と日本が言い争った。両国に死活的に重要な自由貿易を守るための枠組みでの一幕である。国際社会にどう映ったことか。

毎日新聞2019年7月26日 東京朝刊
社説:日韓がWTOで応酬 この延長上に出口はない
----かみあわない主張に固執したままでは解決の出口も見えてこない。日本政府による韓国への輸出規制を巡り、世界貿易機関(WTO)の全加盟国が参加する一般理事会の会合で、日韓が応酬を繰り広げた。

日本経済新聞 2019/7/26 19:05
[社説]日韓摩擦に向き合う企業に望むこと
----半導体材料などの対韓輸出規制をめぐって、日本と韓国の対立が激しくなっている。世界貿易機関では両政府が応酬を繰り広げた。両国の政治家からは刺激的な言葉が飛び出し、韓国では日本製品の不買運動も続いている。

産経新聞 2019.7.26 05:00
【主張】WTOで日韓応酬 情報戦への備えを万全に
----韓国に対する輸出管理の厳格化をめぐる世界貿易機関(WTO)一般理事会の討議は、日韓双方の主張が全くかみ合わないまま終わった。

東京新聞 2019年7月26日
【社説】日韓WTO 冷静に話し合い解決を
 輸出規制を巡る日韓の対立が世界貿易機関(WTO)の議題となった。これ以上、深刻化させてはいけない。両国はしこりを残しかねない紛争処理ではなく、話し合いでの解決を目指すべきだ。

北海道新聞 2019/07/26 05:05
社説:深まる日韓対立 首脳対話で事態打開を
 日韓は未来志向の関係発展を目指してきたのではなかったか。現状はあまりに懸け離れている。

[京都新聞 2019年07月29日掲載]
社説:日韓政府の対立  日本に出口戦略あるか
----政府は韓国向け輸出規制を巡り、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取っている「ホワイト国」から韓国を除外する方針だ。



続きを読む

2019-06-27(Thu)

日米安保 「片務的」 「米軍基地移設 土地収奪」 トランプ語録

「米国が攻撃されても日本は助ける必要はない」 
「沖縄の巨大な基地の移設」は「米国からのある種の土地収奪」
トランプ氏の車 伊丹空港の「門限」破って爆音、住民驚く


G20大阪サミットに参加するトランプ米大統領。傍若無人さは相変わらずだ。
日本は従属国と本気で思っているようだ。

サミット参加のための車を伊丹空港に運び込む際、夜間発着制限がある伊丹空港に「門限」破って米軍機が着陸した。
これだけでもトランプ氏の横柄な態度が浮き彫りになる。

日米安保をめぐる発言が報道されている。

「米国が攻撃されても日本は助ける必要はない」 と片務性に不満を述べたという。
菅官房長官は、「バランスが取れている」条約だと反論したようだが、「片務的」な条約なのは事実だ。

トランプ氏の「片務性」とは、まったく逆の「アメリカが起こす戦争に積極的に協力させられる」従属的片務性だ。
米軍基地を無償どころか「思いやり予算」付けて提供し、地位協定にあるように「文句も言えない」状態が実態だ。

だから、「安保破棄」するなら、日本側からこそ「破棄通告」すべきなのだ。

「沖縄の巨大な基地の移設」は「米国からのある種の土地収奪」との発言に至っては、日本を植民地と考えていることがよくわかる。
普天間基地は、銃剣とブルドーザーで住民から強制奪取した土地だ。その土地を「米国から収奪」など言語道断。

こんなこと言われても「辺野古移設」を強行する安倍政権。「強盗に追い銭」ではないか。
むしろ、辺野古新基地に移設しても、無条件では普天間基地は返還しないと言っているようなものだ。

トランプ氏自ら辺野古新基地と普天間返還は結び付かないと、安倍政権のウソを証明している。
辺野古埋立ては即刻中止すべきだ。


朝日新聞デジタル2019年6月27日14時15分
日米安保「片務的ではない」 菅長官がトランプ氏に反論
----菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で、トランプ米大統領が米テレビ局のインタビューで日米安全保障条約を片務的とみて不満を表明したことについて、「片務的ではなく、(日米にとって)お互いにバランスがとれている条約だと思う」と反論した。

毎日新聞2019年6月27日 00時44分(最終更新 6月27日 01時11分)
トランプ氏「米国が攻撃されても日本は助ける必要はない」安保条約に不満
----トランプ米大統領は26日、米FOXテレビの電話インタビューで、日米安全保障条約について「もし日本が攻撃されたら、米国は第三次世界大戦を戦う。あらゆる犠牲を払って戦う。しかし、米国が攻撃されても日本は助ける必要はない。ソニーのテレビで、攻撃されているのを見ていられる」と述べ、防衛義務の片務性に関し不満を述べた。

東京新聞 2019年6月26日 朝刊
日米安保破棄に言及か トランプ氏、片務的と不満
----また「沖縄の巨大な基地の移設」は「米国からのある種の土地収奪」だとする独自の論理で、移転する米軍のために経済的な補償を求める考えも示したという。米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古(へのこ)移設などが念頭にあるとみられる。土地は開発価値があり「不動産は百億ドル(約一兆一千億円)ほどの価値がある」と語ったという。

朝日新聞デジタル2019年6月26日19時33分
G20大阪サミット:トランプ氏の車?「門限」破って伊丹に 爆音、住民驚く
----大阪(伊丹)空港で25日、米軍機2機が運用時間外の午後9時以降に離着陸していたことがわかった。周辺自治体でつくる「大阪国際空港周辺都市対策協議会」(10市協)は26日、国土交通省と空港を運営する関西エアポートに対し、「時間内での離着陸に努めてほしい」と申し入れた。



続きを読む

2019-06-25(Tue)

6・23「慰霊の日」「対話による解決を強く要望」

チムグクル(沖縄の心)を内外に発信  玉城デニー知事あいさつ

沖縄タイムス 2019年6月24日 05:00
【全文】玉城デニー知事あいさつ「対話による解決を強く要望」 沖縄全戦没者追悼式

朝日新聞デジタル2019年6月22日05時00分
(社説)沖縄慰霊の日 日本のあり方考える鏡

しんぶん赤旗 2019年6月23日(日)
主張:6・23「慰霊の日」 沖縄のこころで新基地阻もう

北海道新聞 2019/06/23 05:05
社説:沖縄慰霊の日 苦難を顧みぬ国の横暴

神戸新聞 2019/06/23
社説:沖縄慰霊の日/問われる平和と民主主義

中国新聞 2019/6/24
社説:沖縄慰霊の日 未来語る言葉に応えよ

西日本新聞 2019/6/23 10:59 (2019/6/23 11:00 更新)
社説:沖縄慰霊の日 戦争の悲惨風化させるな

琉球新報 2019年6月24日 06:01
<社説>知事の平和宣言 沖縄の心を内外へ発信を

琉球新報 2019年6月23日 06:01
<社説>慰霊の日 沖縄戦の教訓継承したい

沖縄タイムス 2019年6月24日 05:00
社説[全戦没者追悼式]チムグクル内外に発信

沖縄タイムス 2019年6月23日 05:30
社説[きょう慰霊の日]埋もれた声に思い寄せ



続きを読む

プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
台風19号 越水が堤防決壊の原因 荒川と那珂川・久慈川 2019/12/13
土地基本法の改正  新たな総合的土地政策  2019/12/12
高級ホテル50カ所  「なぜ国費」「被災地支援が先」 2019/12/11
19臨時国会閉幕 疑惑逃げ切り、許されぬ 2019/12/10
千曲川堤防調査委 決壊までの時間稼ぐ工法を了承  2019/12/09
26兆円経済対策  真に必要な政策に絞れ 各紙社説等 2019/12/08
桜を見る会 逃げ切りは許されない (各紙社説等) 2019/12/07
新経済対策 事業規模は総額26兆円  2019/12/06
リニア基地も 浸⽔想定域 新幹線基地16か所 2019/12/05
経済対策 事業規模25兆円 財政措置13兆円 公共投資に6兆円  2019/12/04
天気予報

-天気予報コム- -FC2-