fc2ブログ
2022-04-24(Sun)

建築物省エネ法改正案 閣議決定 新築住宅の省エネ義務化 

全ての新築住宅・非住宅に省エネ基準適合を義務付け 防火規制等の合理化も


河北新報 2022年4月24日 10:00
住宅の省エネ法案 性能の底上げが機運高める 社説(4/24)
----温室効果ガスの排出削減に向けて、私たちができる取り組みの一つに住宅の省エネルギー化がある。対策の遅れが指摘されてきたが、国民の覚悟が試される法改正が具体化する見通しになった。
 政府は、新築住宅に省エネ基準適合を義務付ける法案を閣議決定し、今国会での成立を目指す。国会の審議日程の都合から秋以降に先送りされる方向だったが、関連業界などから早期成立を求める声が相次ぎ、方針を転換した。


時事通信 2022年04月22日09時07分
新築住宅にも省エネ基準義務化 25年度から、改正案を閣議決定
----政府は22日、住宅を含むすべての新築建築物に2025年度から省エネ基準適合を義務付ける建築物省エネ法等改正案を閣議決定した。50年に温室効果ガス排出量を実質ゼロにする目標の達成に向け、建築物の対策を強化する狙い。今国会での成立を目指す。


朝日新聞デジタル 2022年4月22日 9時29分
新築住宅の省エネ義務化、改正法案を閣議決定 一転今国会提出へ
----政府は22日、住宅の省エネ化を進める「建築物省エネ法」の改正案を閣議決定した。今国会に提出する。いったんは提出が見送られる可能性が取りざたされていたが、方針を転換した。斉藤鉄夫国土交通相は閣議後会見で「原油価格の高騰が急務となる中、住宅の省エネ化促進など経済構造の転換が必要となっていることなどもふまえ、今国会に提出することとした」と述べた。

「脱炭素社会の実現に資するための建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律等の一部を改正する法律案」
概要
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001479248.pdf

220422建築物省エネ法改正案 概要



続きを読む

2022-04-15(Fri)

建築物省エネ法改正案 今国会への提出 先送りから一転

提出を見送る公算大だったが、カーボンニュートラル目標に逆行批判受け


日本経済新聞 2022年4月15日 2:00
住宅省エネ法案、一転国会提出へ 国交省
----国土交通省は住宅の省エネルギー化を促すための関連法案について、今国会に提出する方向で調整に入った。夏の参院選を控え審議日程の確保が難しいとして秋以降に先送りする見通しだったが、専門家や関係業界から早期の法案提出を求める声が強まり方針を転換した。改正案は月内の閣議決定を目指す。


朝日新聞デジタル 2022年4月14日 6時00分
建築物省エネ法改正案、今国会への提出検討 先送りから一転
https://digital.asahi.com/articles/ASQ4F62HCQ4FULFA01F.html
----国土交通省は13日、住宅の省エネ化を進める建築物省エネ法の改正案を、今国会に提出する方向で調整に入った。関係省庁と協議を始め、月内の閣議決定をめざす。提出の先送りが取りざたされていたが、一転して今国会で成立する可能性が強まってきた。


朝日新聞デジタル 2022年3月31日 5時00分
建築物省エネ法案、提出を見送る公算大―― カーボンニュートラル目標に逆行
----国土交通省が、今国会で予定していた建築物の省エネ化を進めるための法案の提出を見送る公算が大きくなっている。今夏の参院選に加えて国交省の統計不正問題で、法案審議に割ける時間がとれなくなったためだ。関係者からは、政権が掲げる「2050年の温室効果ガス排出実質ゼロ(カーボンニュートラル)」の目標に逆行するとの声が上がっている。



続きを読む

2022-03-21(Mon)

22年航空法改正案 脱炭素化の推進 コロナ禍支援

「航空運送事業脱炭素化推進計画」 「空港脱炭素化推進計画」 空港使用料減免の継続


トラベルボイス 2022年03月01日
航空法も「脱炭素化」推進に向け改正へ、「空港使用料減免の継続」も、法案閣議決定
----政府は、「航空法等の一部を改正する法律案」を閣議決定した。航空分野全体の脱炭素化の推進とコロナ禍における航空ネットワークの確保を図っていく。
脱炭素化の推進では、脱炭素化を総合的かつ計画的に推進していくために、国土交通大臣による「航空脱炭素化推進基本方針」を策定する。
また、低燃費機材の導入や持続可能な航空燃料の導入に向けて、航空会社による「航空運送事業脱炭素化推進計画」、空港管理者による「空港脱炭素化推進計画」において、その作成および国土交通大臣の認定、これに基づく特別の措置を実施する。・・・


航空法等の一部を改正する法律案 概要(PDF形式)
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001465541.pdf
220301 22年航空法改正案



続きを読む

2022-03-02(Wed)

盛土規制法 閣議決定 危険な盛り土 全国一律の基準で包括的に規制

宅地造成等規制法の一部を改正する法律案 (盛土規制法案)  建設残土の適正処理は盛り込まず


宅地造成等規制法の一部を改正する法律案 概要(PDF形式)
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001465744.pdf

220301宅地造成等規制法の一部を改正する法律案 概要


朝日新聞デジタル 2022年3月1日 11時36分
危険な盛り土、全国一律で規制へ 政府が改正法案閣議決定
----静岡県熱海市で昨年7月に起きた土石流被害を受け、政府は1日、盛り土の安全対策を強化する「宅地造成等規制法」の改正案を閣議決定した。盛り土を知事の許可制とし、罰則を強化した。個人には最大で3年以下の懲役、または1千万円以下の罰金。法人には3億円以下の罰金を科す。
 盛り土は一律に規制する法律がなく、同法の規制対象も一定規模の工事に限られていた。今回、同法を抜本改正し、森林や農地など土地の用途に関わらず、危険な盛り土に全国一律の基準で規制をかける。法律の名称も「宅地造成及び特定盛土等規制法」(通称・盛土規制法)に変更する。


日本経済新聞 2022年3月1日 14:30
違法盛り土、厳罰化 法改正案閣議決定 罰金最大3億円
----政府は1日、盛り土の規制を強化する宅地造成等規制法改正案を閣議決定した。都道府県などが指定した区域内の盛り土を許可制とし、無許可造成などをした法人に最高3億円の罰金を科すなど厳罰化する。同法は「盛土規制法」に改称、宅地や森林、農地など土地の用途にかかわらず一律に規制する。2023年にも施行を目指す。
21年7月の静岡県熱海市の土石流被害を受け、違法な盛り土への抑止力を高める狙い。熱海市では不適切に造成された盛り土が被害を拡大したとされた。
盛り土は現状、土地の用途や場所により森林法や農地法、自治体の条例など規制が異なる。規制の緩い場所を選んで建設残土が不適切に処理されているとの指摘があり、全国知事会などから全国一律の規制を求める声が上がっていた。


NHK 2022年3月1日 12時30分
盛り土による被害対策強化 「盛土規制法」を閣議決定
----大雨などで崩壊すると被害のおそれのある「盛り土」の規制を強化する宅地造成等規制法の改正案が閣議決定されました。「規制区域」を設け、工事は知事などの許可制とすることなどが盛り込まれています。
・・・この中では、盛り土による被害のおそれのある場所を規制区域に定め、区域内で工事する際には都道府県知事などの許可制とするほか、土地所有者に安全性を維持する責任があることを明確化するとしています。



続きを読む

2022-02-26(Sat)

被害者支援へ自賠責値上げ 最大150円 不正常運用 反省と改善を

自動車損害賠償保障法及び特別会計法の改正案(自賠法等改正案) 閣議決定


東京新聞 2022年2月25日 09時01分 (共同通信)
被害者支援へ自賠責値上げ 最大150円、関連法決定
----政府は25日、交通事故被害者の安定的な支援に向け、自動車損害賠償責任保険(自賠責)の保険料値上げに必要な仕組みを整備する関連法改正案を閣議決定した。2023年度から車1台当たり最大150円の値上げとなる見通しで、金額は秋以降に政令で定める。


NHK 2022年2月25日 12時12分 事故
「自賠責保険」制度改正に「丁寧な説明に努める」斉藤国交相
----自動車ユーザーが支払う「自賠責保険」の保険料を、介護の必要な重い障害が残った事故被害者を支援する事業の財源に充てる国の方針について、斉藤国土交通大臣は、保険料の増額も検討されていることを踏まえ、ユーザーの理解を得るために丁寧な説明を尽くす考えを示しました。
交通事故に巻き込まれ、介護の必要な重い障害が残った被害者を支援する国の事業については、主な財源となる特別会計の積立金が今後十数年で枯渇すると試算されています。
 このため国土交通省は、保険料のうち「賦課金」と呼ばれる部分を、被害者支援の事業などの財源に充てるよう自賠責保険の制度を改めることを決め、関連する法律の改正案が25日閣議決定されました。


河北新報 2022年01月30日 10:30
社説(1/30):自賠責保険料引き上げ/不正常運用 反省と改善を
----自動車ユーザーが支払う自動車損害賠償責任(自賠責)保険料が2023年度以降、最大で年間150円引き上げられる見通しとなった。国土交通省は関連法改正案を今国会に提出する。事故被害者の支援事業などに充てる原資の充実が目的だが、ユーザーに負担を求める以外にすべきことはないのか、十分に吟味する必要がある。


自賠法等改正案の概要
220225自動車損害賠償保障法等改正案の概要


続きを読む

2022-02-05(Sat)

所有者不明土地法改正案 閣議決定

防災・再生エネに 防災倉庫など整備可能に 公共利用の用途広げる


所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法の一部を改正する法律案
概要(PDF形式:246KB)
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001462673.pdf
220204所有者不明土地特措法改正案概要


日本経済新聞 2022年2月5日 2:00
所有者不明土地、防災・再生エネに 改正法案を閣議決定、公共利用の用途広げる
----政府は4日、所有者がわからない土地の活用を促す特別措置法改正案を閣議決定した。公共目的で利用できる用途を広げ、防災施設や小規模な再生可能エネルギー設備を新たに加える。使用期限も現行の10年から20年間に延ばす。少子高齢化で放置される土地が増えることを見据え、対策を強化する。


NHK 2022年2月4日 10時37分
所有者不明土地 防災倉庫など整備可能に 法律改正案が閣議決定
----所有者が分からずに放置された土地を有効活用するための法律の改正案が4日、閣議決定されました。こうした土地に防災関連の施設を整備できるようになることなどが盛り込まれています。
所有者が分からず放置された土地をめぐっては、全国で九州に相当する面積を超えていると推測されていて、政府は4年前にこうした土地に公園などを整備できる法律「所有者不明土地法」を制定しましたが、実際に活用された事例は1件にとどまっています。



続きを読む

2022-02-03(Thu)

国際園芸博覧会特措法 閣議決定

27年に横浜で花博 90年以来の大阪花博以来 集客1500万人を設定


令和九年に開催される国際園芸博覧会の準備及び運営のために必要な特別措置に関する法律案
概要(PDF形式)
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001461960.pdf
220201国際園芸博覧会特措法


トラベルボイス 2022年02月02日
2027年開催「国際園芸博覧会」への準備本格化、特措法案が閣議決定、「大阪花の万博」以来の規模感で集客1500万人を設定
----政府は2027年に横浜市で開催予定の国際園芸博覧会について、準備と運営を目的に「令和九年に開催される国際園芸博覧会の準備及び運営のために必要な特別措置に関する法律案」を閣議決定した。
同園芸博は横浜市旭区の旧上瀬谷通信施設の一部で、最上位となるA1クラスの園芸博として開催。日本で同クラスの園芸博が開催されるのは、1990年の「大阪花の万博」に次いで2回目となる。政府は同博覧会を、SDGsの達成やグリーン社会の実現に向けた取り組みの共有など意義のある国民的な大事業とし、KPIとして参加者数1500万人(ICT活用など多様な参加形態を含む)を設定している。

[時事通信社 ]2022-02-01 09:09政治
27年に横浜で花博=90年以来の規模、法案決定
----政府は1日の閣議で、2027年に横浜市で開催する国際園芸博覧会(花博)に関する特別措置法案を決定した。各国の園芸・造園団体などでつくる国際園芸家協会(AIPH)のランクで最も大規模な「A1」クラスで開く方針。国内でのA1園芸博は、1990年の大阪花の万博に続き2回目。 



続きを読む

2022-01-23(Sun)

2022年度予算 公共事業関係費 国土交通省の予算

22年度 6,057,523百万円(21年度当初6,054,922百万円 補正後8,051,807百万円)


財務省
令和4年度予算及び財政投融資計画の説明
第2 一般会計
(A)歳出(PDF:768KB)
https://www.mof.go.jp/policy/budget/budger_workflow/budget/fy2022/tousyoyosetu3.pdf
公共事業関係費 

国土交通省
令和4年度予算概要
https://www.mlit.go.jp/page/kanbo01_hy_008313.html
令和4年度予算概要(PDF形式)
https://www.mlit.go.jp/page/content/001460097.pdf
 (参考)公共事業関係費(国土交通省関係)の推移(PDF形式)
https://www.mlit.go.jp/page/content/001460098.pdf

公共事業関係費(政府全体)の推移
220117公共事業関係費(政府全体)の推移



続きを読む

2021-12-29(Wed)

2022年度公共事業関係費 6兆575億円 26億円増

国土交通省予算  5兆8508億円 減災・防災関連は3兆8736億円


時事通信 2021年12月25日08時07分
公共事業費、26億円増 老朽化対策に重点―来年度予算案
----公共事業関係費は、前年度当初予算比で26億円増の6兆575億円となった。激甚化する自然災害に対応するため、2021年度から始まった国土強靱(きょうじん)化の「5カ年加速化対策」に力を入れるほか、インフラの老朽化対策にも重点を置いた。
財政「正常化」道筋示せず 与党、参院選にらみ歳出圧力―バラマキ批判空振り・来年度予算案
 国土強靱化関連は3.0%増の3兆8736億円。5カ年加速化対策の2年目として21年度補正予算に計上した1兆2539億円と合わせて、取り組みを加速させる。


日経クロステック/日経コンストラクション 2021.12.27
22年度予算は国土強靱化3%増、公共事業費は高水準を維持
----政府は2021年12月24日、一般会計総額が過去最大となる107兆5964億円の22年度予算案を閣議決定した。21年度当初予算よりも9867億円(0.9%)増え、4年連続で100兆円を超えた。過去最大の更新は10年連続。高水準の公共事業関係費を維持しており、引き続き国土強靱化へ力を注ぐ。
 公共事業関係費は総額6兆575億円。21年度の6兆695億円からは減少した。しかし、21年度まで公共事業関係費に含めていたシステム関連など一部の費用は、22年度予算案では21年9月に発足したデジタル庁で計上している。21年度の金額から該当する費用を差し引いた6兆549億円と比べると、22年度は26億円上回った。


建設通信新聞 [ 2021-12-27 1面 ]
公共事業関係 横ばい6兆円/22年度政府予算案/防災・減災対策を重点化
----政府は24日、2022年度当初予算案を閣議決定した。政府全体の公共事業関係費の総額は、前年度から0.04%増の6兆0575億円で、ほぼ横ばいとなった。そのうち、防災・減災、国土強靱化関連の予算額は1144億円増の3兆8736億円。5か年加速化対策の2カ年目分の予算を含む21年度補正予算と併せて強靱化投資を推進する。


令和4年度予算政府案 (財務省HP)
国土交通省・公共事業関係予算
https://www.mof.go.jp/policy/budget/budger_workflow/budget/fy2022/seifuan2022/17.pdf
概要 
https://www.mof.go.jp/policy/budget/budger_workflow/budget/fy2022/seifuan2022/18.pdf

2022年度国土交通省予算決定概要(国土交通省HP)
令和4年度予算決定概要
https://www.mlit.go.jp/page/kanbo01_hy_008292.html

公共事業関係費の推移(S58年度~)
211224公共事業関係費の推移(S58年度~)


続きを読む

2021-12-25(Sat)

2022年度政府予算案 過去最大107兆5964億円 

「16ヵ月予算」監視の目甘く 無駄招く 総額は143兆円


令和4年度予算政府案 政府案閣議決定
令和3年12月24日
令和4年度政府予算案が閣議決定されました 
https://www.mof.go.jp/policy/budget/budger_workflow/budget/fy2022/seifuan2022/index.html


朝日新聞デジタル 2021年12月25日 5時00分
(社説)来年度予算案 漫然と借金を重ねるな
----財政の真の姿も、政府が重視する政策も見えない。ただ財政規律を守っているかのごとく取り繕う。そんな予算編成をいつまで続けるつもりなのか。政府がきのう閣議決定した来年度当初予算案である。
 総額は過去最大の107・6兆円。予算の3分の1を占める社会保障費は、診療報酬を改定するなどした結果、前年度比0・4兆円増に伸び幅を圧縮した


読売新聞 2021/12/25 05:00
社説:来年度予算案 効果的な支出を精査したのか
----国の予算の膨張に歯止めがかからない。本当に必要な予算は何かを精査して効率的な支出に努めなければ、国民の将来不安は増すばかりだ。
 政府は2022年度予算案を決定した。一般会計の総額は107・6兆円となり、21年度の当初予算より1兆円増えて、10年連続で過去最大を更新した。


産経新聞 2021/12/25 05:00
主張:来年度予算案 財政の思考停止許されぬ
https://www.sankei.com/article/20211225-SLBGTWAL6FKQRKNZDTOK54UUMA/
----コロナ禍がもたらした経済社会の危機的状況に対応するため、財政が果たすべき役割は大きく、積極的な財政出動をためらうべきときではない。同時にそれが、財政をさらに悪化させている現実も厳しく認識する必要がある。
懸念するのは、そうした問題意識が政府・与党にほとんど見受けられないことだ。コロナ禍に伴う経済対策とセットで財源確保が議論される欧米のような動きが日本にはない。むしろ、借金頼みで歳出を増やすことばかりである。


東京新聞 2021年12月25日 06時58分
<社説>来年度予算案 査定形骸化してないか
https://www.tokyo-np.co.jp/article/150969
----一般会計の総額は百七兆円を超え十年連続で過去最大となった。コロナ禍対策に予算がかかるとはいえ、査定が形骸化しているのではないか。予算案が百兆円を超えるのは四年連続だ。膨張した理由について国は社会保障費の伸びが全体を押し上げたと説明する。
 社会保障費の増加は高齢化の進展という避けられない事態が要因だ。想定内の増加であり財務省は査定の強化により予算全体でメリハリを付けるべきだった。だが出来上がった予算案は、財政圧力に屈した単なる膨張型と評価せざるを得ない。


しんぶん赤旗 2021年12月25日(土)
主張:22年度予算案決定 岸田政治の新たな危険を示す
----岸田文雄政権として最初の当初予算となる2022年度政府予算案が閣議決定されました。一般会計で107・6兆円と過去最大です。20日成立した21年度補正予算と一体で、「16カ月予算」と位置付けられています。補正と当初をあわせた歳出規模は143・6兆円に上ります。
莫大(ばくだい)な税金を投入しながら、新型コロナウイルスの感染拡大に対応する医療機関や暮らしへの支援は不十分で、社会保障予算は高齢化による自然増を削減します。軍事費は過去最高を更新する5・4兆円を計上するなど、岸田政権の新しい危険を浮き彫りにしています。

---------------------

朝日新聞デジタル 2021年12月25日 5時00分
膨張、107兆円予算案 コロナ予備費5兆円 税収最高見込む 閣議決定
----政府が24日に閣議決定した2022年度の当初予算案は、一般会計の歳出総額が107兆5964億円と10年連続で過去最大となった。高齢化の影響で伸び続ける社会保障費や防衛費が過去最大の規模になったほか、新型コロナウイルス対応の予備費で前年度と同額の5兆円を計上するなど歳出が膨れあがった。歳入は過去最高の税収を見込む分、国債依存度は少し低下するものの、借金頼みの体質は変わっていない。


日本経済新聞 2021年12月25日 2:00
補正で膨張、無駄招く 監視の目甘い「16ヵ月予算」 コロナ対策事業、33%が繰り越し
----政府が24日に閣議決定した2022年度予算案は、20日成立した21年度補正予算と合わせ「16カ月予算」として編成された。10月に発足した岸田文雄政権の下で編成した本予算と補正予算を合わせた一般会計の総額は143兆円を超え過去最大となる。新型コロナウイルス禍を受けた補正予算の肥大化が、無駄を呼び込む予算編成のゆがみを際立たせる結果となった。



続きを読む

プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

被災地 台風 爪痕 観光地 コロナ 地方圏 連続上昇 治水リーディング・プロジェクト ダム スーパー堤防 公示地価 レオパレス21 苦境 トンネル 陥没事故 大深度地下法 違憲性 東京外環 改修工事 決算公表 再延期 早期希望退職 施工不良 浮上 

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
05/25のツイートまとめ 2022/05/26
知床観光船事故 運航会社事業許可取り消し  2022/05/25
05/24のツイートまとめ 2022/05/25
05/23のツイートまとめ 2022/05/24
知床観光船事故1カ月 なぜ沈没 究明本格化へ 2022/05/23
05/22のツイートまとめ 2022/05/23
知床観光船事故  不十分な船舶検査の方法 すべて変更・廃止 2022/05/22
05/21のツイートまとめ 2022/05/22
盛土規制法 成立 指定区域「許可制」一律基準 罰則強化 2022/05/21
05/20のツイートまとめ 2022/05/21
天気予報

-天気予報コム- -FC2-