FC2ブログ
2019-06-12(Wed)

高梁川水系 新成羽川ダム 中電「事前放流」

治水協力 下流域浸水抑制 西日本豪雨教訓に 真備町大規模浸水被害 

中国電力の発電用の新成羽川ダムが、大雨が予想される際には事前に水位を下げる「事前放流」をすることになった。

18年7月の西日本豪雨、高梁川や支流の堤防が決壊し、倉敷市の真備町地区などで大規模な浸水被害が起きた。
上流にあるダムの緊急放流が要因の一つではないかと、流域4市がダムの「事前放流」を中電に要望していた。

発電用ダムは治水用ではないため、大雨が降ろうが、下流への放流は自由にできる。
そのため、協力するかたちしか取れない。

電力会社は、誰のものでもない河川流水をせき止め、発電施設として使用許可を受けている。
ならば、洪水対策に協力するのは当然で、むしろ、義務化すべきではないか。

全国にある電力ダムも「事前放流」できるよう徹底する必要がある。

山陽新聞 (2019年05月20日 23時15分 更新)
新成羽川ダムで6月「事前放流」 中電、豪雨教訓に下流域浸水抑制
----中国電力は20日、1級河川・高梁(たかはし)川水系に設置している発電用「新成羽川(しんなりわがわ)ダム」(岡山県高梁市)について、大雨が予想される際には事前に水位を下げる運用を始めると、流域4市(岡山県倉敷市、総社市、高梁市、新見市)に伝えた。昨年7月の西日本豪雨で高梁川や支流の堤防が決壊し、倉敷市の真備町地区などで大規模な浸水被害が起きたことを受け、4市が要望していた。国土交通省によると、民間の発電目的のダムが治水に協力するのは珍しいという。


中国電力HP お知らせ
2019年05月20日
新成羽川ダムの治水協力に関する検討結果について(岡山支社)
http://www.energia.co.jp/area/okayama/assets/info/2019/20190520_shinnariwa.pdf

190520新成羽川ダムの治水協力についてついて 中国電力


続きを読む

2019-06-09(Sun)

肱川、野村・鹿野川ダム 新操作規則 運用開始

18年7月西日本豪雨 操作規則の変更ない操作 不適切だった 

愛媛県の野村ダム(西予市)と鹿野川ダム(大洲市)の操作規則を6日付で変更し、運用を始めたと発表されている。
新たな操作は規則をきちんと定めてやります、ということらしい。

18年7月西日本豪雨の際に、野村ダムは、治水容量350万トンに、利水容量から250万トン増やして、600万トンにしていた。
治水用量が増えれば操作規則を変え、事前放流の規則も作るべきだったが、それをせず従前の規則のままで操作した。

この操作について、国交省は、「操作規則に従い適切に行った」と住民に説明してきた。
規則を変えるべきではなかったのか、と問われると、利水者との協議など時間がかかり、変更が困難だった、と言い訳している。

96年に中小洪水対応に規則を変更した際も、350万トンでは小さいので増やすべきとの声もあったという。
その後も、治水容量を増やすのは全国的な流れで、野村ダムも利水者と協議をしていたという。

規則変更の対応があまりに遅すぎる。20数年もの間、何をしていたのか。怠慢すぎる。
実際の容量に合わせた規則に変更していないため、従前の操作規則に従わざるを得なかっただけ。
適切な操作だったとは到底言えない。

国交省は、住民に、非を認めまず謝罪すべきだ。

この問題は、参議院国土交通委員会(2019年6月6日)でも取り上げられている。

愛媛県の肱川では、2つのダムの緊急放流で9人が亡くなり約5250戸が浸水。野村ダム、鹿野川ダムでは、安全に流せる水量の実に6倍の放流で一気に水かさが増し被害につながったといいます。
このダム操作について、「操作規則に従い適切に行った」と言い張る国交省です。「適切な操作」で甚大な被害をもたらしたことをどう捉えているのか――大臣は、今日はさすがに「適切」とは言いませんでしたが、この言葉は昨年現地で怒りを呼びました。命も家財も失わせておいて「適切だった」とはなにごとか。
野村ダムの操作規則は96年に改定され、治水容量350万トンを前提に中小規模の洪水に対応する操作とされていました。しかし実際には、利水用の一部を治水にも用いることとし、600万トンに拡大していました。治水容量が増えれば操作規則も変えるべきでしたが、「困難であった」として協議や検討がなされずに来たことを認めました。(山添拓議員のfakebookより)

2019年6月8日(土)(愛媛新聞)
野村・鹿野川:ダム新操作規則運用開始
---- 国土交通省四国地方整備局は7日、愛媛県の野村ダム(西予市)と鹿野川ダム(大洲市)の操作規則を6日付で変更し、運用を始めたと発表した。野村ダムでは、新たに事前放流の実施要領も策定し、大雨が予想される場合に洪水調節容量に加えて利水容量250万トンを空けておき、洪水調節に利用する。豪雨後に始めた運用を明文化した。

190607野村ダム・鹿野川ダムの新操作規則



続きを読む

2019-04-22(Mon)

野村・鹿野川ダム 操作規則変更案 試算結果を公表 

洪水吐(ばき)設置による洪水調節容量拡大(740万トン)、利水容量事前放流による容量確保(250万トン)

(愛媛新聞)2019年4月21日(日)
社説:野村・鹿野川ダム 操作ルールの変更 丁寧な説明を
----昨年7月の西日本豪雨での肱川水系氾濫を受け、国土交通省四国地方整備局は流域の野村ダム(西予市)と鹿野川ダム(大洲市)の操作ルールの変更案を公表した。
----現行ルールでは、ダムの洪水調節容量が4割を超えるまでは野村ダムが毎秒300㌧、鹿野川ダムは600㌧で放流を固定し、水をためる対応を取る。それ以上を放流すると、鹿野川ダム下流の大洲市の一部で浸水が始まるためだ。ただ、放流を抑えるとダムの貯水能力は早く危険水域に達する。この場合、大量の放流を余儀なくされ、大規模洪水を起こしやすい。・・・・流入量と同じ量を放流する「異常洪水時防災操作」を実施した後、大規模な浸水被害が起きた。
----今回のルール変更で、野村ダムは早い段階から放流量を増やし、最大で千㌧に引き上げる。ダムに水をたまりにくくし、異常洪水時防災操作の開始を遅らせ、ピーク時の放流量を減らす狙いがある。
 ----残念ながらダム操作を見直しても被害軽減には限界がある。特に危惧されるのは堤防が未整備の大洲市菅田地域だ。国の試算でも他の浸水地域より改善効果が低かった。危険から取り残される地域があることは許されない。堤防整備や河床掘削など河川改修を急ぐべきだ。


愛媛新聞 2019年4月17日(水)
四国整備局 浸水被害「大幅減」 野村・鹿野川ダム操作変更案 試算結果を公表
----2018年の西日本豪雨での肱川水系氾濫を受けて四国地方整備局は16日、流域の野村ダム(西予市)と鹿野川ダム(大洲市)の操作規則変更の考え方を公表した。18年豪雨でシミュレーションした場合、放流量を流入量に近づける異常洪水時防災操作は避けられないが、操作の実施時期は遅くなりピーク時放流量は減る。浸水被害は野村ダム下流の西予市野村地域で650世帯から40世帯に、鹿野川ダム下流の大洲市では3640世帯から600世帯と大幅に減るとしている。・・・



四国地方整備局 河川部
野村ダム・鹿野川ダム操作ルールの考え方について意見を募集します(PDF:1.13MB) (平成31年4月16日)
http://www.skr.mlit.go.jp/pres/new/i1703/190416-2.pdf
190416野村ダム・鹿野川ダム新たな操作ルールの考え方



続きを読む

2019-02-03(Sun)

上水道の民営化 浜松市 導入延期

「市民、国民の理解進まず」  市長選争点化回避の憶測も

上水道の「民営化」を検討してきた浜松市が、民営化の「導入を延期する」と発表した。
理由は、コンセッション方式について「市民、国民の理解が進んでいない」からだという。

浜松市は、2018年4月、下水道のコンセッション導入を全国で初めて実施し、上水道でも検討していた。

市はHPで、
「-----これまで広報紙やホームページ、出前講座などで積極的に説明を重ねてきたものの、市民の皆様のご理解が進んでいない状況です。また、国民全体としても理解が進んでおらず、現時点ではコンセッション導入を進めていくのは困難であると判断しました。
 こうしたことから、水道事業へのコンセッション方式について、国民や市民の皆様にご理解いただける時期が来るまで、検討も含め導入を当面延期します。」

市民らは昨年6月、「浜松市の水道民営化を考える市民ネットワーク」を結成し、民営化中止を求める署名を1万2千人分提出するなど運動してきた。
こうした運動を受けての延期表明だ。

一方、「鈴⽊市⻑は「市⺠の理解が深まれば検討を再開する」と話していて、市⻑選での争点化を避ける狙いがあるのではという憶測も広まっている。」(日テレニュース)
4月の市長選挙で、争点化して断念、中止まで追い込む必要がありそうだ。


続きを読む

2018-12-09(Sun)

水道法改定案成立 住民の命の源脅かす 各紙社説

37か国235事業が再公営化、水メジャーの社員が法案推進関与

水道法改定案が6日、衆院本会議で可決された。
通常国会で継続審議となり、臨時国会で、参議院での審議、議決を経て衆院に戻って再可決された。

審議が進むにつれて、問題点が浮き彫りになっていった。
民営化後に水道料金が上がるなどして、
「2000年からの15年間で37カ国の235水道事業が民営化後に再び公営化」
「政府は海外の再公営化事例を3例調査しただけで件数すら把握していなかった」など。

◇改正水道法 諸外国の事例、件数すら把握せず 「民営化」の不安は未解消
----改正水道法が施行されると、水道事業の広域化や老朽化対策といった公共水道の維持に必要な取り組みが進むことが期待される。ただ、焦点だった官民連携を巡っては、「民営化」に伴う安定供給への不安が国会審議を通じて解消されたとは言い難い。
 ボリビアやジャカルタなどでは、水道事業の民営化後に料金が上がったり、水質が低下したりした。国際的な調査機関によると、2000年からの15年間で37カ国の235水道事業が民営化後に再び公営化されている。
だが、政府は海外の再公営化事例を3例調査しただけで件数すら把握していなかった。根本匠厚生労働相は「十分に分析した」と答弁したが、説得力は弱い。こうした姿勢は、働き方改革関連法案や入管法改正案の審議で浮上したずさんなデータ提示にも通じる。
(毎日新聞2018年12月6日 21時28分)


さらに、水道民営化法案の準備に、水メジャーの社員がかかわっていた。
水メジャー「ヴェオリア社」の社員が、内閣府のPPP推進室にいて政策調査員として法案成立を補佐していた。

◇水道民営化促進で内閣府に出向した人の正体 7日成立予定の改正水道法に不透明な背景
----そればかりではなく、不透明な問題も持ち上がった。そのひとつが上記の福田氏の突然の辞任であり、もうひとつがヴェオリア社の女性社員が内閣府の「民間資金等活用事業推進室」に政策調査員として2017年4月1日から2019年3月31日までの予定で出向していることだ。ヴェオリア社はフランスの多国籍水処理企業で、世界で上下水道の民営化を扱って成長してきた。この出向者の任期はまさに水道民営化のための審議の期間に重なっている。
これを明らかにしたのは11月29日の参議院厚生労働委員会で社民党の福島瑞穂参議院議員。
「もっともこの法案で利益を得る可能性のあるヴェオリア社、水メジャーですよね。まさにその担当者がPPP推進室にいる。これって受験生が採点者になって、自分の答案をこっそり採点しているようなものではないですか」・・・
(東洋経済オンライン 2018/12/07 5:50)


さらに、共産党の討論では、
民営化後に問題が発覚して、「地方自治体が再公営化を決断しても、多額の違約金や訴訟リスクがのしかかる」という。
例えば、「ドイツ・ベルリン市では民間企業が水道料金値上げ中止の要請に応じないため再公営化し多額の違約金が生じた事例」があるらしい。
まさに「民営化で担保されるのは企業の利益」ということだ。

また、「広域水道の押し付け、簡易水道など各地の自己水源の廃止につながる危険」があり、
「老朽化対策や耐震化、人材不足の解決のため、過大な需要を見込んだダム開発の中止と人員確保、必要な財政支援」
を求めている。
(しんぶん赤旗 2018年12月6日)


続きを読む

2018-11-29(Thu)

スーパー堤防 宅地地中にコンクリ片 住民に説明せず

強度不足問題 再発防止策  「宅地利用に供する高規格堤防の整備に関する検討会」

東京・江戸川区北小岩ですすめられている「スーパー堤防」事業。
昨年6月に「地中から大量のコンクリート片が見つかりながら、地域住民に知らされないまま除去されていた」
ことが分かったと東京新聞が報じている。

「この場所では、国土交通省の堤防建設と江戸川区の土地区画整理事業が進められていた。
国交省によると、堤防はいったん完成したが、宅地造成後の昨年一月、江戸川区が地盤を調べたところ、約束した強度に満たないことが判明。
このため、国交省が昨年五月から地盤改良に着手。
盛り土を地下五・五メートルまで掘り下げたところ、一部からコンクリート片計約百四十八立方メートルが出てきた。
国交省はこれを約千八百万円の追加工事で取り除いたが、この事実は地権者や住民に説明されなかった」
というもの。

京大の今本博健名誉教授(河川工学)が
「土中にコンクリート片が交じっていれば、地震ですき間が沈下したり、液状化につながる可能性もある。強度があれば説明が不要になるわけではない。誠意を持って説明すべきだ」とコメントしている。

この地域では、堤防の上に住宅を整備しているが、昨年、宅地としての地盤の強度不足が地権者に引き渡す直前に発覚した。
国交省関東地整は、共同事業者である江戸川区との連携が不十分だったため、造成後の地盤調査が遅れたなど、共同事業者との情報共有や合意を徹底させる事業の進め方を今年8月から検討していた。

その「宅地利用に供する高規格堤防の整備に関する検討会」は、
「スーパー堤防は一般に、国が事業を進める盛り土造成と、自治体が担当する土地区画整理などの街区工事の2段階で整備する。国は地盤調査の方法や結果などについて盛り土造成の初期段階から自治体と緊密に連携し、自治体による街区工事の開始後も必要に応じて協議する」などとする再発防止策を10月まとめている。

そもそも、スーパー堤防の整備は現実的なものなのか。
一見、洪水を防ぐ堤防としては、破堤もせず強力なものだと考えられるが、巨大なコストがかかるのも事実。
堤防だけなら理想的かもしれないが、市街地再開発、区画整理事業などまちづくりとセットの事業となることが多い。

堤防の上や中に、住宅など建築物や道路トンネルなど構造物が設置される。
堤防の強度が心配になる。

まして、巨額の費用がかかることから、今年3月時点のスーパー堤防整備の整備率は、整備済み12.4%、本来の断面形状を確保したものは2.9%しかない。

180820■スーパー堤防の進捗状況 日経コンストラクションが取材と国土交通省の資料を基に作成
■スーパー堤防の進捗状況 日経コンストラクションが取材と国土交通省の資料を基に作成 

「整備計画の規模は当初、延長が約870kmだったが、民主党政権の事業仕分けを経て2011年12月に約120kmに縮小した。翌12年12月に自公連立政権が再スタートし、近年は豪雨で水害が激化しているが、国交省は人口が集中する地域での整備を優先する方針は不変として、計画の規模を見直していない。」(日経コンストラクション)

激甚化、頻発化している集中豪雨による洪水対策として、実現性の乏しいスーパー堤防事業の見直しこそ必要ではなかろうか。


続きを読む

2018-06-30(Sat)

水道民営化法案 国会審議の動き 公明主導

国民の“命の源”を売り飛ばすのか 水道民営化法案の危うさ

会期を 7月22日まで延長した国会。水道法改正案が動き出した。
内容は、水道管の老朽化対策などを口実に、厳しい経営環境にある水道事業の経営効率化や民間企業の参入を促進するもの。
大阪北部地震で緊急性が高まったとして、公明党が今国会での成立の必要性を訴え主導する。
来年の統一地方選や参院選に向けた実績つくりを急ぐ思惑もあるという。

日刊ゲンダイが「真の狙いはズバリ、水道事業を民営化し、日本が誇る水道技術を外資に売り渡すことだ」と批判している。

法案は、水道管の老朽化対策など維持管理を強化する条文もあるが、水道事業の管理を民間企業にゆだねる制度を盛り込んでいる。
上下水道施設は自治体が所有し、運営権を民間に包括的に委託するコンセッション(官民連携)方式による民営化だ。
これまで、地方公共団体など自治体が管理運営してきた、浄水場の維持管理から、水質検査、料金徴収まで民間に任せてしまう。

つまりは、民間に水道事業を売り渡すことになるわけで、売り渡し先は主に外資だ。
安倍政権になってすぐの2013年4月、麻生副総理が、米シンクタンク・CSISの講演で、「日本の水道はすべて民営化する」と国際公約している。
この民営化の旗振り役は、パソナの竹中平蔵会長。同時期の産業競争力会議で日本の上下水道の資産価値は126・1兆円とする資料を提出するなどして、売り渡し促進を提案している。

そもそも水道事業は、国民のいのち、生活に直結するもので、市場競争にゆだねるようなものではない。
「民営化によって経済合理性を優先させれば、いずれ料金は暴騰し、貧乏人は水さえ飲めなくなる恐れがある」(日刊ゲンダイ)

海外の事例では、
 ・ フィリピンのマニラ市:97年に水道事業を民営化。米ベクテル社などが参入、料金は4~5倍に跳ね上がり、メーター設置料を払えない低所得者は水道の使用を禁じられた。
 ・ ボリビア第3の都市コチャバンバ市:ベクテル社は99年に水道事業を買収し、ダム建設費調達を理由に料金を2倍以上も値上げ。雨水の利用にまで料金の支払いを求め、耐えかねた住民たちは大規模デモを起こし、200人近い死傷者を出す紛争に発展。
 ・ 米アトランタ市:排水管損傷や泥水噴出が相次いでも、行き過ぎたコストカットで復旧できる技術者が不足。03年に再公営化に踏み切った。
 ・ 仏パリも日本と同じコンセッション方式を採用した結果、14年間で水道料金は倍増。やはり10年に再公営化している。
 ・ 15年までに再公営化を決断した自治体は世界で180に上る。
(日刊ゲンダイ)

こうした事例を見ると、「国民の“命の源”を売り飛ばすのか」というタイトルは決して大げさではない。


続きを読む

プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

治水リーディング・プロジェクト ダム スーパー堤防 

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
GDP大幅マイナス 消費税増税 経済破壊 2020/02/19
桜を見る会 ANAホテル 「営業の秘密と言った事実はない」  2020/02/18
公共工事労務単価 過去最高 2.5%増の2万214円 2020/02/18
新型肺炎 「国内流行」想定し対策を 2020/02/17
九州新幹線・長崎ルート 「フル前提なき協議を」 佐賀県 2020/02/16
羽田新ルート飛行確認終了 1267便飛行 2020/02/15
日田彦山線 バスでなく鉄道で 東峰村は鉄道復旧譲らず 2020/02/14
コンビニ 24時間営業など見直し 経産報告書 2020/02/13
「楽天」送料無料 公取委立入り 独禁法違反容疑で 2020/02/12
新型肺炎 感染拡大 クルーズ船 観光  2020/02/11
天気予報

-天気予報コム- -FC2-