FC2ブログ
2019-11-25(Mon)

石木ダム 「誰一人として離れるつもりはない」

「強制収用」するな 徹底抗戦する住民の根深い行政不信 石木ダム反対の連帯

2019/11/23 08:31ハーバー・ビジネス・オンライン
長崎県の「強制収用」に石木ダム水没予定地住民「誰一人として離れるつもりはない」
◆長崎県は「住民の同意なしに工事は進めない」という原点に戻れ
----そこへきて、長崎県河川課の浦瀬俊郎課長の“不謹慎発言”だ。10月30日に開かれた県議などの意見交換会で「(台風19号などの自然)災害は我々にとって追い風」などと発言し、大炎上する騒ぎとなっている。
 浦瀬課長は昨年の住民との面会時にも、同年7月の西日本豪雨を引き合いに出して「だからダムが必要だ」と語り、住民たちの大きな怒りを買っている。肱川沿いのダムから放流直後に最大5mもの深さの浸水が流域に広がり、9名もの死者を出す大惨事になったのは周知の通りだ。
 国政レベルでも、長崎4区選出の北村地方創生大臣が石木ダム建設について「誰かが犠牲に」という持論を展開し、物議を醸した。一方で「住民の理解を得たい」と言いながらこのようなことを言われれば、気持ちが逆なでされない方がおかしい。
 そして、そんなことが何十年も続けば、かたくなにならない方がおかしい。
 このままだと、こうばるの住民は抵抗を続けるだろう。行政代執行が可能になったからといって、ダム建設計画の進捗が楽観視される状況にはまったくならない。
 長崎県と佐世保市、そして国は住民を殺してでも家屋を撤去し、土地を接収して工事を進めるつもりだろうか。そんなことは不可能だ。かといって、住民が自主的に立ち退くことも、ここまで事態がこじれた以上、ありえない。
 行政側と住民側の乖離をそれほどまで押し広げてしまったのは、住民を軽視した行動を取り続けた行政側の態度だ。もはや、「住民の同意なしには工事を進めない」という“覚書” (行政と住民が交わした数少ない合意である)の精神へと県が立ち返るしか、出口はない。

しんぶん赤旗 2019年11月18日(月)
石木ダム反対の連帯 地権者・市民・議員 力強く 長崎で集会
----長崎県と佐世保市が川棚町に計画する石木ダム事業をめぐり、「石木ダム建設絶対反対同盟」など県内7団体は17日、川棚町公民館で「石木ダムを断念させる全国集会IN川棚」を開催しました。全国各地から約700人が参加しました。


朝日新聞デジタル 2019年11月18日08時30分
沈む故郷描き続ける ダム計画「本当に守りたいものは」
----県、協議続ける姿勢
 18日の土地明け渡し期限が過ぎた後、長崎県の中村法道知事は家屋撤去などの行政代執行(強制収用)に踏み切るのか。当面はこうした強制的な手段ではなく、話し合いを通じて住民に「協力」を求めていく、というのが県幹部に共通する見方だ。
 ダム建設を巡る行政代執行は過去に例がない。明け渡し期限までに住民が応じなければ、県と佐世保市は知事に行政代執行を請求できる。その判断について中村知事は「選択肢として排除しない」と繰り返している。だが県幹部は「できることなら(知事は代執行を)やりたくないと思っているのでは」と話す。


毎日新聞2019年11月17日 21時05分(最終更新 11月17日 21時55分)
「裏切られた」長崎・石木ダム事業に徹底抗戦する住民の根深い行政不信
----長崎県川棚町で県と佐世保市が計画を進める石木ダム事業は18日、水没予定地の川原(こうばる)地区に住み続ける13世帯の土地・家屋の明け渡し期限を迎えた。19日以降、県は家屋から住民を排除する行政代執行が可能になるが、13世帯に立ち退きの意思はなく徹底抗戦の構えだ。国の事業採択から44年を経て、混迷が深まっている。



続きを読む

2019-11-24(Sun)

温暖化踏まえ 治水対策議論 社整審河川分科会

減災へ土地開発規制 洪水発生を前提にして減災 被害からの早期回復

国交省が社会資本整備審議会河川分科会で気候変動を踏まえた治水対策の議論を始めた。
「気候変動を踏まえた水災害対策検討小委員会」というらしい。

激甚化、頻発化する台風・豪雨に対する治水対策の抜本的強化が必要だ。
ただ、10月にも「気候変動を踏まえた治水計画のあり方」提言を、「技術検討会」がすでに出している。
昨年の西日本豪雨を受けてのものであるらしく、今度の審議会と、どう違うのかよくわからない。

温暖化の影響による豪雨災害は、毎年、発生している。
議論も必要だが、喫緊の課題として直ちに対策を実施すべきだ。と思うのだが・・・。

日本経済新聞 2019/11/23付
減災へ土地開発規制も 国交省検討 治水、早期回復を重視
----国土交通省は22日、各地で大きな被害をもたらした10月の台風19号など激甚化する水害を受け、新たな対策の検討を始めた。水害リスクの高い土地の開発規制、集団移転などを含む街づくりと一体化した対策作りを進める。気候変動で想定を超える降水量増加や海面上昇が懸念されるとし、インフラ整備だけでなく、様々な洪水の発生を前提にして減災や被害からの早期回復に重点を置く。


時事通信 2019年11月22日19時46分
温暖化踏まえ治水対策議論 台風被害検証、来夏答申案―国交省審議会
----社会資本整備審議会(国土交通相の諮問機関)河川分科会の小委員会は22日初会合を開き、10月の台風19号による河川やダムの被害の検証に着手した。検証で明らかになった課題への対策を検討するほか、近年の温暖化傾向を踏まえた治水対策の在り方を議論。2020年夏をめどに答申案を取りまとめる。


2019-10-27(Sun)
河川整備基本方針改定へ 温暖化踏まえた治水計画へ転換 
1時間降水量50ミリ以上の豪雨 発生件数1.4倍 約30年前と比べ
http://ajimura2.blog.fc2.com/blog-entry-568.html

気候変動を踏まえた治水計画に係る技術検討会
「気候変動を踏まえた治水計画のあり方」提言(令和元年10月)
【概要】気候変動を踏まえた治水計画のあり方(PDF形式:139KB)
【本文】気候変動を踏まえた治水計画のあり方(PDF形式:337KB)
別紙1(PDF形式:727KB)
別紙2(PDF形式:1.78MB)
別紙3(PDF形式:1.23MB)
参考資料(令和元年10月)
【参考資料】気候変動を踏まえた治水計画のあり方(PDF形式:15.6MB)




続きを読む

2019-11-06(Wed)

石木ダム 「災害はダム建設の追い風」長崎県課長

北村地方創生大臣 「誰かが犠牲になるべき」発言

石木ダム建設推進派の本音を露わにした発言が相次ぐ。
民主主義の本質をつゆほどもわきまえていない役人や政治家。
石木ダム問題は、遅れた日本の縮図のようになっている。

長崎新聞2019/11/6 09:56 (JST)
長崎県課長「災害は追い風」 石木ダム反対派抗議、発言撤回
----長崎県と佐世保市が東彼川棚町に計画する石木ダム建設事業を巡り、県河川課の浦瀬俊郎課長は5日、先月下旬にあった推進派の会合で「去年、今年と大きな災害が起きている。追い風だと思っている」と発言したことを明らかにした上で、「不適切だった」として撤回した。
 県などによると10月30日、同町内で開かれた推進派議員らによる意見交換会で、治水の必要性について理解を深めるべきだという出席議員の意見に対し発言したという。会合は冒頭を除き非公開だった。
 「石木ダム建設に反対する川棚町民の会」(代表・炭谷猛同町議)など計6団体は5日午前、連名で中村法道知事宛ての抗議文を提出。「(発言は)災害を自らに有利な状況と捉え、全国の被災者を愚弄(ぐろう)する」と指摘し、謝罪会見を開きダム建設推進を前提とした姿勢を改めることを求めた。・・・


ハーバービジネスオンライン 2019.10.03
北村地方創生相が「犠牲に」と切り捨てた石木ダム水没地区住民、涙の訴えも長崎県知事には届かず
----北村地方創生大臣が「誰かが犠牲になるべき」と発言
 新内閣発足直後の9月14日の記者会見で、自らの選挙区内の「石木ダム」(長崎県佐世保市川棚町)について「みんなが困らないように生活するためには、誰かが犠牲(になり)、協力して役に立つという精神で世の中は成り立っている」と発言。反対を続けて立ち退きに応じない地権者が「犠牲になるべき」というダム建設推進論をぶち上げたのだ。
 これを「ダム建設『誰かが犠牲に』 北村地方創生相」(14日の『日本経済新聞』)、「北村地方創生相 ダム建設『誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で』」(14日の『毎日新聞』)など大手新聞が一斉に報道すると、地権者は「住民の理解を得たいと言いながら、強制的に土地を奪おうとしている。これは人道上の問題だ」(炭谷潤一さん)などと反発。・・・




続きを読む

2019-10-27(Sun)

河川整備基本方針改定へ 温暖化踏まえた治水計画へ転換 

1時間降水量50ミリ以上の豪雨 発生件数1.4倍 約30年前と比べ

時事通信 2019.10.26 
温暖化前提に河川整備=降雨増踏まえ、基本方針改定へ-国交省
----国土交通省は、地球温暖化の進行を踏まえた河川整備の検討に入った。2020年以降の温暖化対策に関する国際的枠組み「パリ協定」が掲げる気温上昇の抑制目標を前提に、将来の降雨量増加を見据えた治水対策を急ぐ。近く社会資本整備審議会(国交相の諮問会議)で議論を本格化させ、今年度中にも国の「河川整備基本方針」を一部改定する。
 近年、温暖化に伴う異常気象が世界的な問題となっており、日本でも17年の九州北部豪雨、18年の西日本豪雨と立て続けに激しい豪雨災害が発生している。
 気象庁は、1時間の降水量50ミリ以上の豪雨の発生件数について、近年は約30年前と比べおよそ1.4倍に増えたと推計。今年も台風15号や19号の被害が発生するなど短時間豪雨の発生回数と降水量は今後も増えるとみられる。国交省はこうした状況にハード面で対応する。・・・



環境ビジネスオンライン 2019年10月23日掲載
国交省、気候変動を踏まえた治水計画へ転換 科学的知見を最大限活用
----国土交通省の有識者会議は10月18日、気候変動により増大する将来の水災害リスクを防止・軽減するため、「気候変動を踏まえた治水計画のあり方」について提言をとりまとめた。
この提言では、治水計画の立案にあたり、現在の科学的知見を最大限活用し、できる限り定量的な影響の評価を用いて、「過去の観測データを活用する手法」から「気候変動により予測される将来の降雨を活用する手法」に転換することを求めている。
国土交通省は、提言を踏まえ、気候変動による降雨量の増加を反映した治水対策に転換するための具体的な方策について、速やかに検討を進め、防災・減災対策に取り組んでいく。・・・

191018気候変動を踏まえた治水計画のあり方 提言 概要


続きを読む

2019-09-18(Wed)

石木ダム「誰かが犠牲に」北村地方創生相 発言

11月、県と市が土地収用強制執行狙うに迫る 水没予定地13世帯、反対派住民ら座り込み活動が続く
公開討論求める署名5万筆 石木ダム巡り県へ提出


権力による住民の土地収奪---土地収用法による強制執行の本質だ。
「誰かが犠牲」「互いに犠牲的精神発揮して、助け合って」という一般論は、当てはまらない。

むしろ、石木ダムの建設事業は、水あまりで、治水にも役立たない。
他の住民のためでも何でもない。一日の利権事業者の意向を汲むもの。

権力が住民の土地を強制的に収奪、住民を追い出す行為だ。
憲法で保障された生存権、居住権、財産権、幸福追求権などに反する非道なふるまいだ。

「忖度」道路発言と同様に自民閣僚の本音を発言したのだろうが、
こうした発言が、安倍政権のもとで相次いでいること自体に、民主主義の危機を感じる。

毎日新聞2019年9月14日 21時33分(最終更新 9月14日 22時27分)
北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」
----「みんなが困らないように生活していくには、誰かが犠牲、誰かが協力するという積極的なボランティア精神で世の中は成り立っている」

朝日新聞デジタル 2019年9月15日18時01分
「誰かが犠牲に」北村地方創生相、ダム建設めぐり発言
----「みんなが困らないように生活するためには、誰かが犠牲(になり)、協力して、人のために役に立とうという精神で世の中は成り立っている」
----発言の意図について、朝日新聞の取材に「互いに犠牲的精神を発揮し、助け合って世の中は回っていると一般論を言った」と説明した。

毎日新聞2019年8月29日 地方版
石木ダム:建設事業 反対派住民ら公開討論求め 署名5万人、県に提出 /長崎
----県と佐世保市が川棚町で進める石木ダム建設事業について、事業に反対する住民らでつくる「いしきをかえよう実行委」が28日、事業に関する公開討論会開催を求める5万947人分の署名を県に提出した。



続きを読む

2019-08-18(Sun)

石木ダム問題 民意無視、説明不足、利権のかほり

「石木ダム・強制収用を許さない県民ネットワーク」を設立

せやろがいおじさん@全国ツアー中
@emorikousuke
https://twitter.com/emorikousuke/status/1161942858573598720
長崎県の石木ダム建設に一言① 民意無視で強硬に推し進める、説明不足、利権のかほり。 日本の問題をギュッとしたようなこの問題にせやろがいおじさんが叫びました。

石木ダム問題に一言【せやろがいおじさん】
https://youtu.be/SbmizwxRCjA



長崎新聞 2019/8/11 00:14 (JST)8/11 15:58 (JST)updated
「石木ダム・強制収用許さない」 反対派がネットワーク設立 集会やパレードなど展開
----長崎県と佐世保市が東彼川棚町に計画する石木ダム建設事業を巡り、建設に反対する有志が10日、「石木ダム・強制収用を許さない県民ネットワーク」を設立した。今後、集会やパレードなどを展開し、強制収用反対を訴えるという。
----石木ダムを巡っては、家屋を含む土地の明け渡しを地権者に求める県収用委員会の裁決が出ている。9~11月の期限までに応じなければ、県と佐世保市は家屋の撤去や住民の排除といった行政代執行を知事に請求でき、知事が対応を判断することになる。

長崎県民の皆さまへ 「石木ダム・強制収用を許さない県民ネットワーク」参加の呼びかけ http://kawabegawa.jp/ishiki/KENMINNETMOSHIKOMI.pdf… 現在、参加申し込みの受付中です。
http://www.kawabegawa.jp/ishiki/KENMINNETMOSHIKOMI.pdf


続きを読む

2019-07-25(Thu)

肱川の河川整備計画変更 ダム優先は変わらず

「山鳥坂ダムの建設を優先して実施する」 堤防新たに3.6キロ整備 

18年7月の西日本豪雨から1年、国交省と愛媛県は、肱川河川整備計画の見直し原案を公表した。
堤防整備や河道掘削など必要で、効果的なものもあるが、相変わらず、ダムを優先している。

(愛媛新聞) 2019年7月24日(水)
国と県案公表 西予・大洲両市で 肱川計画変更 堤防新たに3.6キロ整備
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201907240157
----国土交通省四国地方整備局と県は23日、肱川水系河川整備計画の変更原案を公表した。西日本豪雨と同規模でも流域に被害を出さないよう治水対策を進める内容。肱川の県管理区間で西予市の野村地域と大洲市の菅田地区の一部、大川-鹿野川地区を計画対象区間に加えた。両市で3・6キロ分の堤防を新たに整備し河道掘削も進める。


八ッ場あしたの会 2019年5月13日
国交省、肱川の河川整備計画見直すも、ダム優先は変わらず
----国土交通省四国地方整備局は、肱川の治水対策の大筋を定める肱川水系河川整備計画の見直しを今年中に行い、治水安全度を現行の1/40(40年に一度規模の洪水に対応)から1/100(百年に一度規模の洪水に対応)に引き上げるようです。また、計画の対象外になっていて甚大な被害を受けた、鹿野川ダム直下の約10㎞の区間(大川、肱川(肱川中央、正山)両地区)についても整備計画を策定することになっています。
 現行の肱川水系河川整備計画の根本問題は、ダム優先の計画になっていることにあります。肱川水系には、緊急放流を行った野村ダムと鹿野川ダムという巨大ダムがすでにありますが、国交省はさらに山鳥坂ダムを建設しようとしています。

190723肱川水系河川整備計画(変更原案)のポイント
190723肱川水系河川整備計画(変更原案)の内容等比較表



続きを読む

2019-07-17(Wed)

豪雨被害を拡大 ダム緊急放流 

あなたの町のダムは安全か NHKクロ現が検証

NHK 2019年7月10日(水) クローズアップ現代
豪雨被害を拡大!?あなたの町のダムは安全か
----“私たちの命を守ってくれるはずのダム”。そのあり方が今、大きく問われている。去年の西日本豪雨で5人の犠牲者が出た愛媛県西予市では、ダムからの放流によって河川が急激に氾濫したことが被害の拡大につながった可能性が指摘されているのだ。取材を進めると、民間企業が管理するダムでは安全対策の議論が長年置き去りにされてきた実態も明らかに。今年も私たちに迫りくる豪雨の恐怖。“ダムがあれば安心”は本当なのか、水害から命を守るために今何が求められているのか、検証する。

(抜粋)
被災した住民
「ダムはやっぱり怖い存在でしかないです。凶器なんだなと。」
被災した住民
「野村も(ダムができて)だいぶ安全と言われて、すごく安心しとったんですけど。」
ダムにたまった水を急激に放流した結果、下流の川が氾濫し、住民が犠牲になったと言うのです。
ダムの下流2.5キロメートルにあるこの町では、放流からわずか20分で河川が氾濫、5人が犠牲になりました。
野村町住民
「こちらとしては、突然に(ダムの)放流で、その逃げる時間を奪われたと。ダムはやっぱり怖い存在でしかないです。私たちを守るものではなくて凶器なんだなと。」
国のダム担当者
「我々もルールというのは最初に決めて、それに基づいて操作をする。これを原則としていまして。」
川西浩二 野村ダム所長
「大変な、これまでに経験のないような大洪水になる。びっくりしたというのが正直なところですね。」
「緊急放流」と呼ばれる操作を行わなければなりません。しかし、大量の水を一気に流すこの操作は、短時間で川の氾濫を引き起こすおそれがあり、最終手段とされています。
川西浩二 野村ダム所長
「誰も(緊急放流の)ボタンを押したくなかったと思いますよ。押したくないですけど押さなければいけない。」
7月7日午前6時20分、緊急放流を開始。下流の河川の能力を大幅に超える毎秒1,800トンを放流します。その頃、大雨は、ピークを迎えていました。
野村町住民
「さっきより(水位が)上がっとる。」
小玉由紀さん
「ほんの2~3分の間に何か水がドバドバと押し寄せてきとるし、どうして?という感じやったんです。」
小玉由紀さん
「何でたったの2~3時間の放流というか、水で、こんなに死んだり、みんなの財産がぐじゃぐじゃと流れたり、みんな何か夢やったらいいのにねと言って。」
どうすれば、命を守ることができたのか?
河川工学の専門家は、「緊急放流」のタイミングを遅らせることで、被害を軽減できたとしています。野村ダムでは、事前放流した後も、すぐにダムがいっぱいにならないよう、少しずつ水を放流し、水位の上昇を抑えていました。その量は毎秒300トン。専門家は、この量を毎秒500トンに増やせば、より水位の上昇を抑えられたと指摘。これにより、理論上は、緊急放流を2時間以上遅らせることができ、住民の避難がより進んだとしています。
今本博健 京都大学名誉教授
「実際にそれができていれば、少なくとも住民の方は、あんな被害は出なかったと僕は思います。」



続きを読む

2019-06-12(Wed)

高梁川水系 新成羽川ダム 中電「事前放流」

治水協力 下流域浸水抑制 西日本豪雨教訓に 真備町大規模浸水被害 

中国電力の発電用の新成羽川ダムが、大雨が予想される際には事前に水位を下げる「事前放流」をすることになった。

18年7月の西日本豪雨、高梁川や支流の堤防が決壊し、倉敷市の真備町地区などで大規模な浸水被害が起きた。
上流にあるダムの緊急放流が要因の一つではないかと、流域4市がダムの「事前放流」を中電に要望していた。

発電用ダムは治水用ではないため、大雨が降ろうが、下流への放流は自由にできる。
そのため、協力するかたちしか取れない。

電力会社は、誰のものでもない河川流水をせき止め、発電施設として使用許可を受けている。
ならば、洪水対策に協力するのは当然で、むしろ、義務化すべきではないか。

全国にある電力ダムも「事前放流」できるよう徹底する必要がある。

山陽新聞 (2019年05月20日 23時15分 更新)
新成羽川ダムで6月「事前放流」 中電、豪雨教訓に下流域浸水抑制
----中国電力は20日、1級河川・高梁(たかはし)川水系に設置している発電用「新成羽川(しんなりわがわ)ダム」(岡山県高梁市)について、大雨が予想される際には事前に水位を下げる運用を始めると、流域4市(岡山県倉敷市、総社市、高梁市、新見市)に伝えた。昨年7月の西日本豪雨で高梁川や支流の堤防が決壊し、倉敷市の真備町地区などで大規模な浸水被害が起きたことを受け、4市が要望していた。国土交通省によると、民間の発電目的のダムが治水に協力するのは珍しいという。


中国電力HP お知らせ
2019年05月20日
新成羽川ダムの治水協力に関する検討結果について(岡山支社)
http://www.energia.co.jp/area/okayama/assets/info/2019/20190520_shinnariwa.pdf

190520新成羽川ダムの治水協力についてついて 中国電力


続きを読む

2019-06-09(Sun)

肱川、野村・鹿野川ダム 新操作規則 運用開始

18年7月西日本豪雨 操作規則の変更ない操作 不適切だった 

愛媛県の野村ダム(西予市)と鹿野川ダム(大洲市)の操作規則を6日付で変更し、運用を始めたと発表されている。
新たな操作は規則をきちんと定めてやります、ということらしい。

18年7月西日本豪雨の際に、野村ダムは、治水容量350万トンに、利水容量から250万トン増やして、600万トンにしていた。
治水用量が増えれば操作規則を変え、事前放流の規則も作るべきだったが、それをせず従前の規則のままで操作した。

この操作について、国交省は、「操作規則に従い適切に行った」と住民に説明してきた。
規則を変えるべきではなかったのか、と問われると、利水者との協議など時間がかかり、変更が困難だった、と言い訳している。

96年に中小洪水対応に規則を変更した際も、350万トンでは小さいので増やすべきとの声もあったという。
その後も、治水容量を増やすのは全国的な流れで、野村ダムも利水者と協議をしていたという。

規則変更の対応があまりに遅すぎる。20数年もの間、何をしていたのか。怠慢すぎる。
実際の容量に合わせた規則に変更していないため、従前の操作規則に従わざるを得なかっただけ。
適切な操作だったとは到底言えない。

国交省は、住民に、非を認めまず謝罪すべきだ。

この問題は、参議院国土交通委員会(2019年6月6日)でも取り上げられている。

愛媛県の肱川では、2つのダムの緊急放流で9人が亡くなり約5250戸が浸水。野村ダム、鹿野川ダムでは、安全に流せる水量の実に6倍の放流で一気に水かさが増し被害につながったといいます。
このダム操作について、「操作規則に従い適切に行った」と言い張る国交省です。「適切な操作」で甚大な被害をもたらしたことをどう捉えているのか――大臣は、今日はさすがに「適切」とは言いませんでしたが、この言葉は昨年現地で怒りを呼びました。命も家財も失わせておいて「適切だった」とはなにごとか。
野村ダムの操作規則は96年に改定され、治水容量350万トンを前提に中小規模の洪水に対応する操作とされていました。しかし実際には、利水用の一部を治水にも用いることとし、600万トンに拡大していました。治水容量が増えれば操作規則も変えるべきでしたが、「困難であった」として協議や検討がなされずに来たことを認めました。(山添拓議員のfakebookより)

2019年6月8日(土)(愛媛新聞)
野村・鹿野川:ダム新操作規則運用開始
---- 国土交通省四国地方整備局は7日、愛媛県の野村ダム(西予市)と鹿野川ダム(大洲市)の操作規則を6日付で変更し、運用を始めたと発表した。野村ダムでは、新たに事前放流の実施要領も策定し、大雨が予想される場合に洪水調節容量に加えて利水容量250万トンを空けておき、洪水調節に利用する。豪雨後に始めた運用を明文化した。

190607野村ダム・鹿野川ダムの新操作規則



続きを読む

プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
吉田川と阿武隈川 越水が堤防決壊要因 法面・法尻補強 2019/12/14
台風19号 越水が堤防決壊の原因 荒川と那珂川・久慈川 2019/12/13
土地基本法の改正  新たな総合的土地政策  2019/12/12
高級ホテル50カ所  「なぜ国費」「被災地支援が先」 2019/12/11
19臨時国会閉幕 疑惑逃げ切り、許されぬ 2019/12/10
千曲川堤防調査委 決壊までの時間稼ぐ工法を了承  2019/12/09
26兆円経済対策  真に必要な政策に絞れ 各紙社説等 2019/12/08
桜を見る会 逃げ切りは許されない (各紙社説等) 2019/12/07
新経済対策 事業規模は総額26兆円  2019/12/06
リニア基地も 浸⽔想定域 新幹線基地16か所 2019/12/05
天気予報

-天気予報コム- -FC2-