FC2ブログ
2018-08-25(Sat)

リニア談合事件 清水建設に罰金2億円求刑 10月判決

清水建設「他3社に誘われ、断れなかった」…検察「性懲りも無く幹部が主導」

リニア中央新幹線工事をめぐる談合事件で、独禁法違反(不当な取引制限)罪に問われた清水建設の公判があった。
検察側は「談合体質は根深い」として罰金2億円を求刑。弁護側は自ら企てたわけではないなどと訴え結審。判決は10月22日。

証人尋問で、清水建設の法務部長は、
「間違いありません」「このような事態になったことを会社として重く受け止めている。社会に重大な影響を与え、深く反省している」
などと起訴内容は争わず、陳謝したという。

なぜ談合事件を起こしたのかについては、
「コンプライアンスの責任者として大変残念だった。営業担当者が、リニアという国家事業において当社としての実績をぜひ残したいという思いがあったのは間違いない。そこに他社からの誘いがあり、誘惑で断れなかったのではないか」と述べたらしい。

大林組と大成建設、鹿島の3社の担当者が「3社会」などと称して密に連絡を取り合っていたところ、
「清水建設が勝手に動いてもらっては困る。こちらに入らないか」との誘いを受け、清水建設側はいったん回答を留保したものの、最終的に受注調整の輪に加わることになったと弁護側は主張しているという。(弁護士ドットゴム)

清水建設は談合を認めているが、大成、鹿島は認めず争っている。
清水建設が、談合の首謀者は大林、大成、鹿島の「3社会」だとチクっている格好だが、大成・鹿島らの裁判に何らかの影響はあるのだろう。

談合事件のおおもとに、発注者であるJR東海の意向が色濃く反映している点、いわゆる官製談合的要素の有無について明らかにしてほしいものだ。


続きを読む

関連記事
プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

治水リーディング・プロジェクト ダム スーパー堤防 

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
GDP大幅マイナス 消費税増税 経済破壊 2020/02/19
桜を見る会 ANAホテル 「営業の秘密と言った事実はない」  2020/02/18
公共工事労務単価 過去最高 2.5%増の2万214円 2020/02/18
新型肺炎 「国内流行」想定し対策を 2020/02/17
九州新幹線・長崎ルート 「フル前提なき協議を」 佐賀県 2020/02/16
羽田新ルート飛行確認終了 1267便飛行 2020/02/15
日田彦山線 バスでなく鉄道で 東峰村は鉄道復旧譲らず 2020/02/14
コンビニ 24時間営業など見直し 経産報告書 2020/02/13
「楽天」送料無料 公取委立入り 独禁法違反容疑で 2020/02/12
新型肺炎 感染拡大 クルーズ船 観光  2020/02/11
天気予報

-天気予報コム- -FC2-