FC2ブログ
2018-09-07(Fri)

北海道震度7 ブラックアウト インフラ壊滅

全道295万戸が停電  JRや地下鉄 交通機関マヒ

北海道で初の震度7の地震。 
全道295万戸が停電する初の大停電が全道を襲った。
JR、地下鉄も全面運休し、交通機関がマヒ。道路の信号機も止まった。
医療機関が外来患者の受け入れを止めた。
北海道のインフラが壊滅したかのようだった。影響は生活や経済に広く及んだ。


続きを読む

関連記事
2018-09-07(Fri)

リニア中央新幹線 JR東海 同意ない着工は許されない


静岡工区 27年開業に間に合わない いのちの水、軽んじる身勝手な発想

リニアの南アルプス工事で唯一未着工になっている静岡工区。
JR東海が、県が求める大井川の減水対策の協定を未締結のまま工事に着手する検討に入ったという。
このまま着工できない状況が続けば、2027年開業予定に間に合わないかららしい。

もともと、南アルプスに穴をあけるという無謀なトンネル工事計画をつくり、大井川流れる水を毎秒2トンも減らそうとしているのはJR東海だ。

静岡県の川勝平太知事が求めているのは、トンネル内に湧き出る水の全量を川に戻すようにという、至極当たり前のことだ。
大井川下流では、毎年のように、渇水に悩まされており、減水は、住民のいのち、生活にかかわる問題だ。
だから、行政側もJR東海との協定にこだわっている。

ところが、JR東海側は、開業に間に合わなくなると焦り、
「知事が『全量戻しが前提』では話し合いができない。協定を結ばなくとも着工できないか考えたい」と毎日新聞に話したという。

JR東海の態度は筋が通らない。
大事な水だから、真っ先に「全量戻す」という約束して、協定を結ぶべきだ。
JR東海は、住民のための公共物である地下水を自分の工事で減らしておいて、
「『全量戻しが前提』では話し合いができない。」など傲慢さにはあきれる。

全量戻しの約束ができないのはなぜか。
技術的な問題なのだろうか。
6月には、渇水期のみではあるが「トンネル湧水の全量を川に戻すポンプの設置を検討」「良い形で工事を進めたい」と記者会見していた。
今回は、これまでのJR東海の態度とも違うものだ。
傲慢な態度で工事着工を強行すれば、住民の理解はますます得られなくなる。

安倍首相のお友達の案件だから、安倍首相の任期中に、せめて工事に全事業で着工しておきたい、ということか。

続きを読む

関連記事
プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

被災地 台風 爪痕 観光地 コロナ 地方圏 連続上昇 治水リーディング・プロジェクト ダム スーパー堤防 公示地価 レオパレス21 苦境 トンネル 陥没事故 大深度地下法 違憲性 東京外環 改修工事 決算公表 再延期 早期希望退職 施工不良 浮上 

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
東京外環道陥没 大深度地下工事中止を 「再開ありき」やめよ 2021/03/04
海上交通安全法等改正案  閣議決定 船舶へ退去命令可能に 2021/03/03
米軍ヘリ 都心低空飛行常態化 羽田新ルートも影響か 2021/03/02
リニア談合 大成建設と鹿島に有罪判決 「(談合に)徹底的に協力」 2021/03/01
北陸新幹線敦賀延伸 加賀トンネルに懸念材料  2021/02/28
新労務単価1.2%上昇 9年連続引き上げ 国交省 2021/02/27
大戸川ダム整備へ 計画変更案公表 流域府県 建設容認 2021/02/26
GoToトラベル“段階的再開”検討 上限に減額案 2021/02/25
米旅客機部品落下 金属疲労か 乗り入れ禁止を 2021/02/24
菅首相長男接待疑惑 総務省幹部ら13人、接待 計39回60万円超 2021/02/23
天気予報

-天気予報コム- -FC2-