fc2ブログ
2018-10-06(Sat)

スルガ銀 業務停止 不動産業者 他行でも資料改ざん 

預金偽造の悪質業者「野放し」 鈍い行政の動き  金融庁 不正を踏まえ実態把握

スルガ銀行が、シェアハウス向けなどの不正な融資で、6カ月の業務停止命令を受けた。
スルガ銀は、行員が不正に加担、経営陣が引責辞任してた。
立ち入り検査に入った金融庁から、厳しい行政処分が出されることが予想されていた。

一方、スルガ銀に限らず、他の銀行でも、不動産業者による融資資料改ざんが行われていたという。
それも、問題が発覚した後にもかかわらず・・・。

三井住友銀行やりそな銀行などで、オーナーの収入や預金額を多く見せかけるよう偽装された不正な資料が提出され、一部では実際に融資金が引き出されていたという。

金融庁は、こうした不正の広がりを見抜けなかったため、ほかの銀行での投資用不動産向けの融資について、実態の把握を急ぐ方針だという。

しかし、
◇預金偽造の悪質業者「野放し」 鈍い行政の動き(朝日新聞)
---不動産投資向け融資で不正が横行する問題で、金融機関は基本的に「被害者」の立場だ。資料の原本確認など対策が求められるのは当然としても、業者の不正が巧妙化する中で、対策には限界もある。
---預金通帳などを偽造した不動産業者に行政処分が出た例は国土交通省や東京都ではまだなく、悪質な業者は「野放し」のままだ。不動産業界を監督する行政機関の動きは鈍い。

この指摘の通りだと思う。


続きを読む

関連記事
プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

被災地 台風 爪痕 観光地 コロナ 地方圏 連続上昇 治水リーディング・プロジェクト ダム スーパー堤防 公示地価 レオパレス21 苦境 トンネル 陥没事故 大深度地下法 違憲性 東京外環 改修工事 決算公表 再延期 早期希望退職 施工不良 浮上 

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
膨れ上がる事業費の実態 公共事業の「後出し増額」止まらず 2024/04/11
外環道工事 鹿島JVが住民監視 2024/03/24
運転手の負担軽減義務化へ 荷待ち削減、計画義務化  2024/02/19
日航機・海保機衝突事故 国土交通省が緊急対策 出発順伝えず離陸許可 2024/01/12
リニア中央新幹線  開業時期「2027年以降」に変更 2024/01/07
能登半島地震 M7.6 200棟以上火災、3.2万人避難 2024/01/04
日航機・海保機 衝突事故 2024/01/02
リニア認可取消訴訟 原告36人 「原告適格あり」 東京高裁判決 2023/12/01
東京外環道 川に気泡発生で地盤補修中断 陥没こっそり埋め戻し 2023/11/29
ヤマト運輸 パート社員の「契約終了」方針を撤回し謝罪  2023/10/29
天気予報

-天気予報コム- -FC2-