FC2ブログ
2018-10-06(Sat)

スルガ銀 業務停止 不動産業者 他行でも資料改ざん 

預金偽造の悪質業者「野放し」 鈍い行政の動き  金融庁 不正を踏まえ実態把握

スルガ銀行が、シェアハウス向けなどの不正な融資で、6カ月の業務停止命令を受けた。
スルガ銀は、行員が不正に加担、経営陣が引責辞任してた。
立ち入り検査に入った金融庁から、厳しい行政処分が出されることが予想されていた。

一方、スルガ銀に限らず、他の銀行でも、不動産業者による融資資料改ざんが行われていたという。
それも、問題が発覚した後にもかかわらず・・・。

三井住友銀行やりそな銀行などで、オーナーの収入や預金額を多く見せかけるよう偽装された不正な資料が提出され、一部では実際に融資金が引き出されていたという。

金融庁は、こうした不正の広がりを見抜けなかったため、ほかの銀行での投資用不動産向けの融資について、実態の把握を急ぐ方針だという。

しかし、
◇預金偽造の悪質業者「野放し」 鈍い行政の動き(朝日新聞)
---不動産投資向け融資で不正が横行する問題で、金融機関は基本的に「被害者」の立場だ。資料の原本確認など対策が求められるのは当然としても、業者の不正が巧妙化する中で、対策には限界もある。
---預金通帳などを偽造した不動産業者に行政処分が出た例は国土交通省や東京都ではまだなく、悪質な業者は「野放し」のままだ。不動産業界を監督する行政機関の動きは鈍い。

この指摘の通りだと思う。


続きを読む

関連記事
プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

公示地価 スーパー堤防 ダム 治水リーディング・プロジェクト 連続上昇 地方圏 観光地 爪痕 被災地 台風 コロナ 

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
新型コロナ 経済危機 オイルショック級か 2020/04/05
新型コロナ 医療体制 人・物の確保 感染爆発に備え 2020/04/04
新型コロナ 景況感大幅マイナス 追い付かない対策 2020/04/03
20年度公共事業費の配分 8兆8609億円 国交省分 2020/04/02
森友文書改ざん 忖度人事続々 崩落する官僚機構 2020/04/01
森友文書改ざん 自殺した財務局職員の妻 ネット署名 2020/03/31
羽田新ルート運用開始 「あまりに強引」 抗議の声 2020/03/30
大規模盛土造成地 51,306 カ所(面積約10万ha) 2020/03/29
リニア流量問題 疑義指摘の委員変更 専門家会議人選案 2020/03/28
下関北九州道路 「橋が妥当」 国交省調査結果 2020/03/27
天気予報

-天気予報コム- -FC2-