FC2ブログ
2018-10-14(Sun)

台風21号 関空冠水で考える 本格運用に戻るが

安全対策 責任不明確 空港民営化は万能薬なのか 公共財の自覚どこへ 経営陣

台風21号で大きな被害を受けた関空。
本格運用に戻る見込みと国交省が発表した。

浸水で故障した重要機器の修理のめどがついたという。
ひとまず安堵するべきだろうが、貨物取扱量など、まだ元に戻っていないという。

ただ、災害対策に誰が責任を持っていたのか、あいまいなままだ。
運営会社の関西エア、民営化後、安全対策に責任を持つ態度が希薄に映る。

「空港民営化は万能薬なのか 公共財の自覚どこへ」(日経ビジネス)との記事も出ている。
共感できる指摘だ。国交省の検討会では、民営化も議論の対象にすべきだ。

◇関空が本格運用に戻る 設備も従来通りに
----国土交通省は10日、台風21号で大きな被害を受け一時閉鎖に追い込まれた関西国際空港が11日に本格運用に戻る見込みだと発表した。ターミナルビルは既に全面運用を再開しており、浸水の影響で故障していた機器の修理のめどがつき設備面でも従来通りに戻る。関空の本格運用まで大阪国際(伊丹)と神戸の両空港で受け入れていた代替便も11日付でとりやめる。
(日本経済新聞 2018/10/11 6:30)

関空冠水で考える…空港民営化は万能薬なのか 公共財の自覚どこへ 関空運営会社の経営陣
----ただ、空港民営化に対する問題意識は世界の航空関連業界に広がりつつある。
 「われわれの調査では、民営化された各国の空港で、効率性や投資水準が向上していないことがわかった。民営化に、すべての答えがあると仮定するのは間違いだ」。6月上旬、オーストラリア最大の都市、シドニー。世界的な航空業界団体「IATA(国際航空運送協会)」の年次総会で、アレクサンドル・ド・ジュニアック事務局長兼CEO(最高経営責任者)はこう発言した。各国政府が不十分な検討で空港民営化を進めた場合、長期的に空港の社会的な便益が損なわれる可能性があると、警鐘を鳴らしたのだ。

 翻って日本。空港を擁する自治体の首長から聞こえてくるのは「我も我も」という民営化の話ばかりだ。ただ、民営化で先行した関空や伊丹の例からは、空港運営において営利追及と公共性確保のバランスを取ることの難しさが浮かび上がってくる。航空会社や自治体など周囲から利益第一主義に見えてしまうKAPの経営姿勢について、十分な検証と関係者による本質的な議論が必要な段階にきているのではないだろうか。
 そして、空港の運営権者を選定する際、公共財を扱う経営者の資質を厳しく見る必要がある。
(日経ビジネスオンライン 2018年9月20日)


続きを読む

関連記事
プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

公示地価 スーパー堤防 ダム 治水リーディング・プロジェクト 連続上昇 地方圏 観光地 爪痕 被災地 台風 コロナ 

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
ポスト・コロナ危機 共生を見据えた協調 2020/05/24
リニア新幹線 新型コロナで万事休すか JR東海減収減益 2020/05/23
新型コロナ 訪日外国人 99.9%減 ほぼ鎖国 4月  2020/05/22
黒川検事長 賭けマージャン認める 辞意しても終わらない 政府の責任 2020/05/21
検察庁法見送り 反対世論が追い込んだ 先送りでなく撤回が筋 2020/05/20
GDPのマイナス 年率3.4%減 感染抑止との両輪で 2020/05/19
検察庁法改正案 今国会成立を断念 批判受け転換 2020/05/18
「コロナ倒産」本格化 追い込まれたホテル業界 需要蒸発 2020/05/17
検察庁法改正案 撤回しかない 法が終わり、暴政が… 2020/05/16
検察定年延長 元総長ら 14人連名で撤回要求 異例の意見書 2020/05/15
天気予報

-天気予報コム- -FC2-