FC2ブログ
2019-07-06(Sat)

6月下旬からの大雨 土砂災害、13県で73件

九州南部豪雨死者2人 長雨後の土砂災害警戒 専門家「地層崩れやすい状態」

九州南部を中心に6月下旬から降り続いた大雨について、鹿児島や宮崎など13県で計73件の土砂災害が発生したという。
国交省が7月5日午前8時時点の速報値を集計し発表。今後増える可能性があるとも。
内訳は、崖崩れ64件、土石流6件、地滑り3件。
鹿児島県では、45件と最多発生し、住宅被害も5棟が全半壊した。
鹿児島市内と曽於市で死者2名の犠牲。

西日本新聞 2019/7/5 6:00
九州南部豪雨死者2人に 鹿児島 土砂崩れ住宅に流入
----記録的大雨に見舞われた九州南部では4日、梅雨前線の南下に伴い、発達した雨雲の帯も南に遠ざかった。鹿児島県内では同日までに34カ所で土砂崩れが発生、同県曽於市では女性が住宅ごと土砂にのみ込まれて死亡した。総雨量が千ミリ前後に達した場所もあり、地盤が緩んでいることから今後も土砂災害の危険性がある。気象庁は引き続き厳重な警戒を呼び掛けている。


西日本新聞 2019/7/5 6:00
長雨後の土砂災害警戒 専門家「地層崩れやすい状態」
----長雨の後は地層深くに水が浸透し、土砂災害が起きやすくなる。過去には、雨が降っていなくても大規模な土砂災害が発生したケースもあった。今回、九州南部を襲った記録的大雨のピークは過ぎたものの、専門家は「地層は不安定になっており、引き続き警戒が必要」と呼び掛ける。


内閣府 防災情報のページ
6月下旬からの大雨に係る被害状況等について(令和元年7月5日9:00現在)(PDF形式:404KB)

http://www.bousai.go.jp/updates/r1gou/pdf/r10630oame4.pdf

国土交通省 災害情報 第4報(2019年7月5日現在)8:00作成
6月下旬からの大雨による被害状況等について(第4報)(PDF形式:301KB)

http://www.mlit.go.jp/common/001298149.pdf

続きを読む

関連記事
プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

治水リーディング・プロジェクト ダム スーパー堤防 

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
クルーズ船対応 各国批判「防疫の概念ないのか」 2020/02/26
沖縄県民投票1年 「辺野古」正当性なし 新基地計画破綻 2020/02/25
桜を見る会 首相の説明 破綻明らか 2020/02/24
森友学園問題 忘れるわけにはいかぬ 2020/02/23
クルーズ船の集団感染 無理があった隔離 2020/02/22
検事長定年延長 政府の説明破綻状態 2020/02/21
建築検査9機関に行政処分 不適切行為で 2020/02/20
GDP大幅マイナス 消費税増税 経済破壊 2020/02/19
桜を見る会 ANAホテル 「営業の秘密と言った事実はない」  2020/02/18
公共工事労務単価 過去最高 2.5%増の2万214円 2020/02/18
天気予報

-天気予報コム- -FC2-