fc2ブログ
2019-12-29(Sun)

地域公共交通活性化再生法 改正案提出へ

自治体の地域公共交通計画策定 努力義務化 「MaaS(マース)」の制度づくり
交通政策審議会 地域交通網の維持に向けた制度改正案  

日本経済新聞 2019/12/24 16:01
地方の交通網維持へ 自治体が計画策定 国交省
----国土交通省は24日、交通政策審議会(国交相の諮問機関)の部会に地域交通網の維持に向けた制度改正案を示した。原則として全ての自治体に公共交通事業の利用者数や経営上の収支といった定量目標を盛り込んだ計画の策定を促す。人口減や担い手不足が深刻な中、自治体が主導的な役割を果たすように求める。
2020年の通常国会に地域公共交通活性化再生法改正案の提出を目指す。自治体が作る計画は現在もあるが、地域によって記載されている内容にばらつきがある。策定数も500超で、策定も義務ではない。そのため国交省は原則として全国の市町村と都道府県、約1800の自治体に努力義務として計画の策定を求めることにした。

日本経済新聞 2019/12/22付
交通サービス融合促進 「MaaS」普及へ手続き一括
----国土交通省は鉄道やバスなど複数の交通機関をまとめて1つの交通サービスにする「MaaS(マース)」の制度づくりに動く。包括的な交通サービスとして法律に位置づけ、今は交通事業ごとに必要な運賃の届け出手続きなどが1回で済むようにする。縦割りだった規制をサービス単位でまとめ、新しい移動サービスの普及を後押しする。
マースは利用者に複数の交通手段を提供し、目的地への経路検索、予約、決済までを完了できるサービスだ。自家用車を減らして公共交通機関の利用を促し、二酸化炭素(CO2)の削減にもつながるとして注目されている。国内でも地域交通の利便性向上や過疎化対策の観点で期待される。
国交省はマースを法律で定義したうえで、関係の手続きを1つの窓口で可能にする特例を設ける。国交相から事業計画の認定を受ければ、代表となる事業者が1つの窓口に届け出をすれば済むようにする。2020年の通常国会に地域公共交通活性化再生法の改正案の提出を目指す。


*******************************

交通政策審議会交通体系分科会地域公共交通部会 配布資料より
【資料2】中間とりまとめ(案)概要(PDF形式:2.10MB)

【資料3】中間とりまとめ(案)溶け込み版(PDF形式:671KB)

【資料4】参考資料(PDF形式:6.7MB)

交通政策審議会交通体系分科会地域公共交通部会 
中間とりまとめ(案)概要
191224地域公共交通活性化再生法等の制度改正案


続きを読む

関連記事
プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

被災地 台風 爪痕 観光地 コロナ 地方圏 連続上昇 治水リーディング・プロジェクト ダム スーパー堤防 公示地価 レオパレス21 苦境 トンネル 陥没事故 大深度地下法 違憲性 東京外環 改修工事 決算公表 再延期 早期希望退職 施工不良 浮上 

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
外環道工事 鹿島JVが住民監視 2024/03/24
運転手の負担軽減義務化へ 荷待ち削減、計画義務化  2024/02/19
日航機・海保機衝突事故 国土交通省が緊急対策 出発順伝えず離陸許可 2024/01/12
リニア中央新幹線  開業時期「2027年以降」に変更 2024/01/07
能登半島地震 M7.6 200棟以上火災、3.2万人避難 2024/01/04
日航機・海保機 衝突事故 2024/01/02
リニア認可取消訴訟 原告36人 「原告適格あり」 東京高裁判決 2023/12/01
東京外環道 川に気泡発生で地盤補修中断 陥没こっそり埋め戻し 2023/11/29
ヤマト運輸 パート社員の「契約終了」方針を撤回し謝罪  2023/10/29
NEXCO東 狛江市管理の道路に穴 外環道トンネル工事付近 2023/10/13
天気予報

-天気予報コム- -FC2-