fc2ブログ
2022-08-09(Tue)

リニア工事の残土処理 静岡県条例 「要対策土」原則盛り土禁止

川勝知事 燕沢盛り土 深層崩壊の可能性がある場所で不適  残土置き場予定地視察


静岡新聞 2022.8.9
静岡市の燕沢盛り土「不適」 川勝知事がリニア工事残土置き場予定地視察
----.川勝平太知事は8日、リニア中央新幹線南アルプストンネル工事に関連して大井川上流域の東京電力田代ダムや残土置き場予定地を視察した。最も規模が大きい残土置き場が計画されている静岡市葵区の燕(つばくろ)沢について、川勝知事は「(地盤の)深層崩壊の可能性がある場所で不適だ」との考えを示した。


静岡新聞 2022.8.7
リニア工事残土どう処理 静岡県条例で「要対策土」原則盛り土禁止に JR東海「適用除外」念頭
----熱海市の土石流災害を受けて県盛り土規制条例が7月に施行されたことで、リニア中央新幹線南アルプストンネル工事で発生する残土の処理方法に注目が集まっている。自然由来のヒ素などの重金属を含み、汚染対策が必要とされる「要対策土」の盛り土が原則禁止されたためだ。JR東海は、適切な措置が講じられていると知事が認めれば例外的に盛り土を可能とする「適用除外」を受けることを念頭に現地での存置計画を維持したい考えだが、県は「具体的に協議しているわけではなく(適用除外と)判断できない」と慎重な姿勢を崩していない。





以下参考


静岡新聞 2022年08月09日
リニア工事の残土処理どうなる? 条例施行で注目


静岡新聞 2022.8.9
静岡市の燕沢盛り土「不適」 川勝知事がリニア工事残土置き場予定地視察
https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/1105762.html


静岡新聞 2022.8.7
リニア工事残土どう処理 静岡県条例で「要対策土」原則盛り土禁止に JR東海「適用除外」念頭
https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/1104987.html


「要対策土」処分、他県の例は? 岐阜県御嵩町
※2021年7月31日 あなたの静岡新聞より


 ■岐阜・御嵩町 残土の処分場設置を町長容認
※2021年9月10日 静岡新聞朝刊より


//////////////////////////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

被災地 台風 爪痕 観光地 コロナ 地方圏 連続上昇 治水リーディング・プロジェクト ダム スーパー堤防 公示地価 レオパレス21 苦境 トンネル 陥没事故 大深度地下法 違憲性 東京外環 改修工事 決算公表 再延期 早期希望退職 施工不良 浮上 

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
膨れ上がる事業費の実態 公共事業の「後出し増額」止まらず 2024/04/11
外環道工事 鹿島JVが住民監視 2024/03/24
運転手の負担軽減義務化へ 荷待ち削減、計画義務化  2024/02/19
日航機・海保機衝突事故 国土交通省が緊急対策 出発順伝えず離陸許可 2024/01/12
リニア中央新幹線  開業時期「2027年以降」に変更 2024/01/07
能登半島地震 M7.6 200棟以上火災、3.2万人避難 2024/01/04
日航機・海保機 衝突事故 2024/01/02
リニア認可取消訴訟 原告36人 「原告適格あり」 東京高裁判決 2023/12/01
東京外環道 川に気泡発生で地盤補修中断 陥没こっそり埋め戻し 2023/11/29
ヤマト運輸 パート社員の「契約終了」方針を撤回し謝罪  2023/10/29
天気予報

-天気予報コム- -FC2-