FC2ブログ
2018-12-04(Tue)

インフラ維持・更新費試算 最大195兆円 国交省

鉄道・自動車道含まず、高速道路19.4兆円、18年度5.2兆円 13年度3.6兆円

国交省が30年間で最大約195兆円の維持・更新費がかかるとの試算を公表した。
13年にも試算しているが、合計額は出していなかった。
推計として比較できるのは、18年度は5.2兆円、13年度は3.6兆円で1.4倍になっていること。

18年度が12分野で、13年度が10分野としているが、
実際はほぼ同じ対象で、18年度のほうがより精緻に試算したということらしい。

18年3月には内閣府が2045年度までに547億円もかかるという試算も出している。
農水や厚生、文教など国土交通省以外のインフラも加えているからだが、それにしても大きな額だ。

なお、国交省の試算は、メンテナンス・長寿命化するという予防保全を前提としており、
内閣府の試算ではメンテナンスなしという条件のようだ。

◇国交省/今後30年のインフラ維持管理・更新費試算/予防保全で最大195兆円に
----国土交通省は、19年度から30年間で必要になる所管インフラ12分野の維持管理・更新費を推計した。損傷などの被害が出る前に修繕しておく「予防保全」と、損傷などが起きた後に修繕する「事後保全」の手法を採用する2パターンで試算。国交省が推進する予防保全を進めた場合、累計コストは176・5兆~194・6兆円と算出した。・・・・
(日刊建設工業新聞 2018年12月4日1面)

参考資料  国土交通省所管分野における社会資本の将来の維持管理・更新費の推計<国土交通省資料> (PDF形式:328KB)
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/reform/wg6/181130/pdf/sankou.pdf
181130国土交通省所管分野における維持管理・更新費の推計結果(平成30年度)




以下参考

内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 経済財政政策 > 経済財政諮問会議 > 専門調査会情報等 > 経済・財政一体改革推進委員会 > 国と地方のシステムワーキング・グループ > 第16回会議資料
第16回会議資料
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/reform/wg6/181130/agenda.html
第16回 国と地方のシステムワーキング・グループ
• 開催日時:平成30年11月30日(金曜日)13:00~14:00
• 開催場所:中央合同庁舎4号館4階 共用第2特別会議室
議事
(1)開会
(2)社会資本整備等について
 ○ 改革工程表案(改革工程・ロジックモデル)について
(3)地方行財政等について
 ○ 改革工程表案(改革工程・ロジックモデル)について
議事次第(PDF形式:93KB)
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/reform/wg6/181130/pdf/shidai.pdf
配布資料
参考資料  国土交通省所管分野における社会資本の将来の維持管理・更新費の推計<国土交通省資料> (PDF形式:328KB)
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/reform/wg6/181130/pdf/sankou.pdf

************

<参考>
インフラメンテナンス情報HOME > 社会資本の現状と将来 > 社会資本の老朽化の現状と将来 > 将来推計
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/maintenance/02research/02_01_01.html
社会資本整備審議会・交通政策審議会技術分科会技術部会「社会資本メンテナンス戦略小委員会」での審議を踏まえ、国土交通省において試算した結果によると、2013年度の維持管理・更新費は約3.6兆円※)、10年後は4.3~5.1兆円、20年後は4.6~5.5兆円程度になるものと推定されます。
年度 推計結果
2013年度 約3.6兆円※
2023年度(10年後) 約4.3~5.1兆円
2033年度(20年後) 約4.6~5.5兆円
2013年度の値(約3.6兆円)は、実績値ではなく、今回実施した推計と同様の条件のもとに算出した推計値
1. 国土交通省所管の社会資本10分野(道路、治水、下水道、港湾、公営住宅、公園、海岸、空港、航路標識、官庁施設)の、国、地方公共団体、地方道路公社、(独)水資源機構が管理者のものを対象に、建設年度毎の施設数を調査し、過去の維持管理、更新実績等を踏まえて推計。
2. 今後の新設、除却量は推定が困難であるため考慮していない。
3. 施設更新時の機能向上については、同等の機能で更新(但し、現行の耐震基準等への対応は含む。)するものとしている。
4. 用地費、補償費、災害復旧費は含まない。
5. 個々の社会資本で、施設の立地条件の違いによる損傷程度の差異や維持管理・更新工事での制約条件が異なる等の理由により、維持管理・更新単価や更新時期に幅があるため、推計額は幅を持った値としている。
• 将来の維持管理・更新費の推計方法等について (pdf: 137.3 KB)

****************

インフラ維持補修・更新費の中長期展望 平成30年3月29日 内閣府
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2018/0329/shiryo_03.pdf

*************************************

日刊建設工業新聞 [2018年12月4日1面]
国交省/今後30年のインフラ維持管理・更新費試算/予防保全で最大195兆円に
https://www.decn.co.jp/?p=104279


日本経済新聞 2018/11/30 20:00
インフラ補修、30年で195兆円 国交省推計
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3839169030112018EA4000/


時事通信 2018年11月30日21時02分
30年後は年最大6.5兆円=インフラの維持管理費-国交省推計
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018113001236&g=eco
 国土交通省は30日、道路や河川管理施設など老朽化したインフラについて、30年後までの維持管理・更新費の推計値を公表


////////////////////////////////////////////


関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

被災地 台風 爪痕 観光地 コロナ 地方圏 連続上昇 治水リーディング・プロジェクト ダム スーパー堤防 公示地価 レオパレス21 苦境 トンネル 陥没事故 大深度地下法 違憲性 東京外環 改修工事 決算公表 再延期 早期希望退職 施工不良 浮上 

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
GoToトラベル、3度目の停止措置延長 2021/03/07
新型コロナ 緊急事態再延長 4都県 確実に抑え込む期間 2021/03/06
NTTも総務官僚接待 全省庁対象に調査せよ 2021/03/05
東京外環道陥没 大深度地下工事中止を 「再開ありき」やめよ 2021/03/04
海上交通安全法等改正案  閣議決定 船舶へ退去命令可能に 2021/03/03
米軍ヘリ 都心低空飛行常態化 羽田新ルートも影響か 2021/03/02
リニア談合 大成建設と鹿島に有罪判決 「(談合に)徹底的に協力」 2021/03/01
北陸新幹線敦賀延伸 加賀トンネルに懸念材料  2021/02/28
新労務単価1.2%上昇 9年連続引き上げ 国交省 2021/02/27
大戸川ダム整備へ 計画変更案公表 流域府県 建設容認 2021/02/26
天気予報

-天気予報コム- -FC2-