FC2ブログ
2018-12-15(Sat)

辺野古に土砂 民意も法理もなき暴走

民意は埋め立てられない 自治破壊の非常事態だ  第4の「琉球処分」強行だ
沖縄を国防の道具にする植民地主義  沖縄の人々は決して諦めない


「歴史から見えるのは、政府が沖縄の人々の意思を尊重せず、『国益』や国策の名の下で沖縄を国防の道具にする手法、いわゆる植民地主義だ」
「だが沖縄の人々は決して諦めないだろう。自己決定権という人間として当然の権利を侵害され続けているからだ」(琉球新報)

◇(社説)辺野古に土砂投入 民意も海に埋めるのか(朝日新聞 2018年12月15日)
----政府の振る舞いはこの1年を見るだけでも異様だった。
----辺野古の海底に想定していなかったマヨネーズ並みの軟弱な地盤が広がっていることがわかった。
----行政不服審査法を使って2カ月後に効力を停止させる挙に出た。
----「使われる土砂が環境基準にかなうものか、国が約束していた確認手続きがとられていない」

----日ごろ「民主主義」や「法の支配」の重要性を説く安倍首相だが、国内でやっていることとのギャップは目を覆うばかりだ。

----そしていま、戦後間もなく米軍が行った「銃剣とブルドーザー」による基地建設とみまごう光景が繰り広げられる。
----無理に無理を重ねて工事を急ぐ背景に、来年の政治日程があるのは間違いない。
----それまでに既成事実を積み重ねて、県民に「抵抗してもむだ」とあきらめを植えつけ、全国の有権者にも「辺野古問題は終わった」と思わせたい。そんな政権の思惑が、土砂の向こうに透けて見える。

----何より憂うべきは、自らに異を唱える人たちには徹底して冷たく当たり、力で抑え込む一方で、意に沿う人々には経済振興の予算を大盤振る舞いするなどして、ムチとアメの使い分けを躊躇(ちゅうちょ)しない手法である。
その結果、沖縄には深い分断が刻み込まれてしまった。国がこうと決めたら、地方に有無を言わせない。

------沖縄に対する政権のやり方が通用するのであれば、安全保障に関する施設はもちろん、「国策」や「国の専権事項」の名の下、たとえば原子力発電所や放射性廃棄物処理施設の立地・造営などをめぐっても、同じことができてしまうだろう。
----そんな国であっていいのか。苦難の歴史を背負う沖縄から、いま日本に住む一人ひとりに突きつけられている問いである。

◇(社説)辺野古に土砂 民意も法理もなき暴走(東京新聞 2018年12月15日)
----群青の美(ちゅ)ら海とともに沖縄の民意が埋め立てられていく。辺野古で政権が進める米軍新基地建設は法理に反し、合理性も見いだせない。工事自体が目的化している。土砂投入着手はあまりに乱暴だ。
 重ねて言う。
 新基地建設は、法を守るべき政府が法をねじ曲げて進めている。なぜそこに新基地が必要か。大義も根底から揺らいでいる。直ちに土砂投入を中止し虚心に計画を見直す必要があろう。

----あらゆる民主的な主張や手続きが力ずくで封じられる沖縄。そこで起きていることは、この国の民主主義の否定でもある。
 これ以上の政権の暴走は、断じて許されない。

(社説)辺野古へ土砂投入 第4の「琉球処分」強行だ(琉球新報 2018年12月15日)
----民意を無視した土砂投入は暴挙と言わざるを得ない。歴史的に見れば、軍隊で脅して琉球王国をつぶし、沖縄を「南の関門」と位置付けた1879年の琉球併合(「琉球処分」)とも重なる。日本から切り離し米国統治下に置いた1952年のサンフランシスコ講和条約発効、県民の意に反し広大な米軍基地が残ったままの日本復帰はそれぞれ第2、第3の「琉球処分」と呼ばれてきた。今回は、いわば第4の「琉球処分」の強行である。
----歴史から見えるのは、政府が沖縄の人々の意思を尊重せず、「国益」や国策の名の下で沖縄を国防の道具にする手法、いわゆる植民地主義だ。
----土砂が投入された12月14日は、4・28などと同様に「屈辱の日」として県民の記憶に深く刻まれるに違いない。だが沖縄の人々は決して諦めないだろう。自己決定権という人間として当然の権利を侵害され続けているからだ。





以下参考

朝日新聞デジタル 2018年12月15日05時00分
(社説)辺野古に土砂投入 民意も海に埋めるのか
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13812446.html

毎日新聞2018年12月15日 東京朝刊
社説:辺野古の土砂投入始まる 民意は埋め立てられない
https://mainichi.jp/articles/20181215/ddm/005/070/056000c

東京新聞 2018年12月15日
【社説】辺野古に土砂 民意も法理もなき暴走
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018121502000160.html

しんぶん赤旗 2018年12月15日(土)
主張:辺野古土砂投入 法治国家ではあり得ぬ大暴挙
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-12-15/2018121501_05_1.html

北海道新聞 2018/12/15 05:05
社説:辺野古土砂投入 沖縄の声無視する暴挙
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/258132?rct=c_editorial

信濃毎日新聞 (2018年12月15日)
社説:辺野古に土砂 民意顧みない無理押し
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20181215/KT181214ETI090002000.php

[京都新聞 2018年12月15日掲載]
社説:辺野古土砂投入  民意背く強行許されぬ
https://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/index.html

神戸新聞 2018/12/15
社説:辺野古土砂投入/民意踏みにじる実力行使
https://www.kobe-np.co.jp/column/shasetsu/201812/0011906120.shtml

琉球新報 2018年12月15日 06:01
<社説>辺野古へ土砂投入 第4の「琉球処分」強行だ
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-849072.html

沖縄タイムス 2018年12月15日 09:28
社説[辺野古 土砂投入強行]自治破壊の非常事態だ
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/359827

琉球新報 2018年12月14日 06:01
<社説>今日辺野古土砂投入 傍若無人の一語に尽きる
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-848444.html

沖縄タイムス 2018年12月14日 07:05
社説[「宝の海」土砂投入]保護こそ未来への責任
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/359156


////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

被災地 台風 爪痕 観光地 コロナ 地方圏 連続上昇 治水リーディング・プロジェクト ダム スーパー堤防 公示地価 レオパレス21 苦境 トンネル 陥没事故 大深度地下法 違憲性 東京外環 改修工事 決算公表 再延期 早期希望退職 施工不良 浮上 

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
GoToトラベル、3度目の停止措置延長 2021/03/07
新型コロナ 緊急事態再延長 4都県 確実に抑え込む期間 2021/03/06
NTTも総務官僚接待 全省庁対象に調査せよ 2021/03/05
東京外環道陥没 大深度地下工事中止を 「再開ありき」やめよ 2021/03/04
海上交通安全法等改正案  閣議決定 船舶へ退去命令可能に 2021/03/03
米軍ヘリ 都心低空飛行常態化 羽田新ルートも影響か 2021/03/02
リニア談合 大成建設と鹿島に有罪判決 「(談合に)徹底的に協力」 2021/03/01
北陸新幹線敦賀延伸 加賀トンネルに懸念材料  2021/02/28
新労務単価1.2%上昇 9年連続引き上げ 国交省 2021/02/27
大戸川ダム整備へ 計画変更案公表 流域府県 建設容認 2021/02/26
天気予報

-天気予報コム- -FC2-