FC2ブログ
2018-07-24(Tue)

リニア関連工事中断 斜面崩壊の次は「野鳥消失」

渡り鳥「ブッポウソウ」姿消す 工事用道路の四徳渡(しとくわたり)トンネル工事

リニア新幹線の工事用道路として建設している中川村の四徳渡(しとくわたり)トンネル工事。
17年末に斜面崩壊の原因となったトンネル工事だが、新たな問題が発生している。

現場付近の四徳大橋一帯には、県天然記念物の渡り鳥「ブッポウソウ」が毎年営巣していた。
それが、今年は飛来した後に姿を消したというのだ。

地元の保護団体「ブッポウソウの里の会」は、今年5月にも2組のブッポウソウ営巣を確認したが、6月20日ごろまでにいなくなったという。

県が作成した公共事業配慮書では、ブッポウソウについては、専門家の助言を受けながら工事をすることになっているが、JR側は5月中旬まで営巣があったトンネル西側出入り口でクレーンや重機を使用。
「里の会」のメンバーらは、 工事の影響で巣を放棄したのではないか、と指定している。

これを受け、発注者のJR東海は7月13日に工事を中断。
トンネル東側は19日に工事再開したが、西側は、7月末以降には結論を出す方向で検討しているという。

自然豊かな南アルプスにトンネルで穴をあけ、残土を運搬するために県道に新たなトンネルを掘る。
際限なく拡幅する自然破壊行為への警告ではないだろうか。

本体トンネル工事で計り知れない自然環境破壊に対する疑問、疑念は深まるばかりだ。
リニア建設について、いま一度、根本から見直す必要がある。




以下参考

日経コンストラクション 2018/07/24 05:00
リニア関連工事で問題続出、斜面崩壊の次は「野鳥消失」
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00142/00189/

信濃毎日新聞 (2018年7月19日)
中川のトンネルを現地調査 ブッポウソウ問題でJR
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20180719/KT180718FTI090058000.php

テレ朝news (2018/07/16 18:54)
ブッポウソウが消えた!リニア工事中断
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000131861.html


///////////////////////////////////////////////


関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

被災地 台風 爪痕 観光地 コロナ 地方圏 連続上昇 治水リーディング・プロジェクト ダム スーパー堤防 公示地価 レオパレス21 苦境 トンネル 陥没事故 大深度地下法 違憲性 東京外環 改修工事 決算公表 再延期 早期希望退職 施工不良 浮上 

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
GoToトラベル“段階的再開”検討 上限に減額案 2021/02/25
米旅客機部品落下 金属疲労か 乗り入れ禁止を 2021/02/24
菅首相長男接待疑惑 総務省幹部ら13人、接待 計39回60万円超 2021/02/23
首相長男接待疑惑 総務官僚接待 放送行政 疑念深めた 2021/02/23
米旅客機 巨大部品落下 米の住宅街 運航停止指示 2021/02/22
ウーバー運転手は従業員 英最高裁 仏に続く 2021/02/21
曙ブレーキ 検査データ改ざん不正11万件 20年前から 2021/02/20
外環道 大深度地下トンネル工事 安全神話の崩壊 2021/02/19
株価3万円回復 実体伴わぬバブルの恐れ 2021/02/18
福島県沖地震 震災10年で起きたM7級余震 2021/02/17
天気予報

-天気予報コム- -FC2-