FC2ブログ
2020-01-06(Mon)

事前放流の実施 利水ダム7ダム 多目的ダム 54ダム

ダムの洪水調節に関する検討会 治水協定、98水系で 発電・農業用ダム

「令和元年10月の台風第19号では、東日本を中心とした記録的な豪雨により、各地で甚大な洪水被害が発生しました。国土交通省所管ダム※1では、全国562ダムのうち146ダムで洪水調節※2を実施し、被害の軽減を図りました。
 一方で、洪水調節を行ったダムのうち6ダムにおいては、洪水調節容量を使い切る見込みとなり、ダムへの流入量と同程度の放流量とする異常洪水時防災操作に移行しました。また、昨年7月の西日本豪雨においても、8ダムで異常洪水時防災操作に移行するなど、施設規模を上回る洪水発生の常態化がみられます。
 これらを踏まえ、国土交通省では、これまでの知見や新たな技術等を活用した、より効果的なダム操作や情報提供の更なる改善等について検討することを目的として、「ダムの洪水調節に関する検討会」を設置。


日本経済新聞 2019/12/25 10:36
事前放流促進の検討着手 ダム治水機能向上へ国交省
----国土交通省は25日までに、相次ぐ台風・豪雨被害を受け、ダムの治水機能強化に関する有識者会議の初会合を開いた。降雨前に水を放出して災害リスクを下げる「事前放流」促進に向けた具体策を検討し、来年5月に対策を取りまとめる。
事前放流を巡っては、昨年の西日本豪雨に伴い愛媛県のダムの緊急放流後に下流で犠牲者が出た教訓から、活用を求める声が出ている。

日本経済新聞 2019/12/23付
事前放流協定、98水系で 発電・農業用ダム 下流の氾濫防ぐ
----国土交通省は国内の河川98水系の発電用や農業用の利水ダムを対象に、台風などによる豪雨の前に水位を下げてもらう協定を電力会社や地方自治体と個別に結ぶ。事前放流によって貯水力を高め、下流の河川の氾濫や堤防の決壊を防ぐのが狙いだ。協定には洪水対策に活用できるダムの容量や、事前放流する際の条件となる降雨量などを明記する。洪水対策で既存ダムを有効活用する。

◆2019年12月30日 神奈川新聞
ダム洪水調整容量倍増へ 利水活用で政府、台風19号教訓

----台風19号を教訓に、政府はダムの洪水調節機能を強化する方針を固めた。発電や農業用に水をためておく「利水ダム」にも洪水調節機能を持たせることで、大雨や台風に対応できる貯水容量の倍増を目指す。来夏の台風シーズンを見据えて調整を進める。

NHK 2020年1月6日 5時44分
利水ダムでも事前放流 損失を国が一部補填へ

----水害を防ごうと、洪水の調節機能が無いダムでも大雨の前に放流してもらい、貯水容量を増やそうという新たな取り組みです。発電や飲み水などに利用するためのダムは、水の量が戻らないと損失が出ることから、国土交通省は費用の一部を補填(ほてん)する制度を設けることにしています。

日本経済新聞 2020/1/5 23:00
発電容量、別のダムに付け替え 洪水対策を強化なら
----国土交通省は電力会社などが水力発電用として確保しているダムの容量を減らして洪水対策向けを増やした場合に、減らした分の発電容量を別のダムに付け替えることができる仕組みをつくる。電力会社の収益力を落とさずにダムの治水能力を強化する新たな制度によって、頻発する大雨災害に備える。


◇利水ダムの事前放流 実施7ダム 多目的ダムは54ダム
◇利水ダムの事前放流 実施7ダム 多目的ダムは54ダム




以下参考

ダムの洪水調節に関する検討会
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/damchousetsu_kentoukai/index.html
回数 開催日 配付資料 議事要旨
第1回 令和元年12月24日 第1回配付資料
第1回議事要旨
ダムの洪水調節に関する検討会
第1回 ダムの洪水調節に関する検討会 配付資料一覧
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/damchousetsu_kentoukai/dai01kai/index.html
令和元年12月24日
河川環境課
第1回 ダムの洪水調節に関する検討会(令和元年12月24日開催)配付資料を掲載いたします。
資料目次
議事次第(PDF:47KB)
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/damchousetsu_kentoukai/dai01kai/01_gijisidai.pdf
資料1-1 開催趣旨(PDF:50KB)
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/damchousetsu_kentoukai/dai01kai/1-1_kaisaisyusi.pdf
資料1-2 委員名簿(PDF:36KB)
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/damchousetsu_kentoukai/dai01kai/1-2_iinmeibo.pdf
資料1-3 規約(PDF:46KB)
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/damchousetsu_kentoukai/dai01kai/1-3_kiyaku.pdf
資料2-1 今後の進め方(PDF:39KB)
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/damchousetsu_kentoukai/dai01kai/2-1_kongonosusumekata.pdf
資料2-2 「異常豪雨の頻発化に備えたダムの洪水調節機能と情報の充実に向けて(提言)」(平成30年12月)を受けた取組状況(PDF:5.13MB)
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/damchousetsu_kentoukai/dai01kai/2-2_teigennotorikumi.pdf
資料2-3 令和元年台風第19号におけるダムの状況(PDF:6.70MB)
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/damchousetsu_kentoukai/dai01kai/2-3_R1T19_dam_taiou.pdf
資料2-4 ダムの洪水調節及び情報提供に関する課題(PDF:2.71MB)
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/damchousetsu_kentoukai/dai01kai/2-4_kadai.pdf
資料2-5 気象予測の現状について(PDF:5.85MB)
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/damchousetsu_kentoukai/dai01kai/2-5_kisyouyosoku.pdf
参考資料1 「異常豪雨の頻発化に備えたダムの洪水調節機能と情報の充実に向けて(提言)」(平成30年12月)(PDF:362KB)
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/damchousetsu_kentoukai/dai01kai/sankou-1_H30teigen_honbun.pdf
参考資料2 既存ダムの洪水調節機能強化に向けた基本方針(PDF:511KB)
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/damchousetsu_kentoukai/dai01kai/sankou-2_kihonhousin_kiyaku.pdf


「第1回 ダムの洪水調節に関する検討会」を開催します
令和元年12月19日
http://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo04_hh_000114.html
令和元年10月の台風第19号では、東日本を中心とした記録的な豪雨により、各地で甚大な洪水被害が発生しました。国土交通省所管ダム※1では、全国562ダムのうち146ダムで洪水調節※2を実施し、被害の軽減を図りました。
 一方で、洪水調節を行ったダムのうち6ダムにおいては、洪水調節容量を使い切る見込みとなり、ダムへの流入量と同程度の放流量とする異常洪水時防災操作に移行しました。また、昨年7月の西日本豪雨においても、8ダムで異常洪水時防災操作に移行するなど、施設規模を上回る洪水発生の常態化がみられます。
 これらを踏まえ、国土交通省では、これまでの知見や新たな技術等を活用した、より効果的なダム操作や情報提供の更なる改善等について検討することを目的として、「ダムの洪水調節に関する検討会」を設置し、12月24日(火)に第1回検討会を開催します。

※1 国土交通省、水資源機構、都道府県が管理し治水目的を有するダム
※2 洪水被害を防止・軽減するため、洪水時流量の一部をダムに貯めることでダム下流河川の流量を減らすこと


1. 日 時 令和元年12月24日(火)10:00~12:00
2. 場 所 国土交通省 水管理・国土保全局A会議室
        (東京都千代田区霞が関2-1-3 中央合同庁舎3号館1階)
3. 委 員 別紙のとおり
4. 議 題 (1)「異常豪雨の頻発化に備えたダムの洪水調節機能と情報の充実に向けて(提言)」(平成30年12月)を受けた取組状況
        (2)令和元年台風第19号におけるダムの状況
        (3)ダムの洪水調節及び情報提供に関する課題
5. その他
  (略)
添付資料
報道発表資料(PDF形式)
http://www.mlit.go.jp/report/press/content/001321030.pdf
別紙(PDF形式)
http://www.mlit.go.jp/report/press/content/001321670.pdf
お問い合わせ先
国土交通省 水管理・国土保全局 河川環境課 流水管理室 
TEL:(03)5253-8111 (内線35472、35492) 直通 03-5253-8449 FAX:03-5253-1603

************************************

日本経済新聞 2019/12/25 10:36
事前放流促進の検討着手 ダム治水機能向上へ国交省
http://nikkei.com/article/DGXMZO53773350V21C19A2000000/


日本経済新聞 2019/12/23付
事前放流協定、98水系で 発電・農業用ダム 下流の氾濫防ぐ
http://nikkei.com/article/DGKKZO53674160S9A221C1NN1000/

----------------------

NHK 2020年1月6日 5時44分
利水ダムでも事前放流 損失を国が一部補填へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20200106/k10012236091000.html


日本経済新聞 2020/1/5 23:00
発電容量、別のダムに付け替え 洪水対策を強化なら
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54047350V00C20A1NN1000/

-------------------------------------

八ッ場あしたの会 2019年12月23日
事務局だより
事前放流協定、98水系で 発電・農業用ダム 下流の氾濫防ぐ
http://yamba-net.org/49926/
 今年10月の台風19号による豪雨では、各地でダムの貯水量が限界に近づき、水害の危険性がある「緊急放流」が行われました。
 このため、菅官房長官が11月、ダムの緊急放流を減らすために、既存ダムの運用を見直す方針を示しました。 
 総理官邸に設置された「既存ダムの洪水調節機能強化に向けた検討会議」は、11月26日と12月12日に会議を開き、12月12日の会議で「既存ダムの洪水調節機能の強化に向けた基本方針」を決定しました。
 これを受けて、国交省は来春までに、ダムの事前放流についての基準を示したガイドラインを作成することになりました。
 ダムには利水と治水の役割があります。利水のためにはダムに水を貯めておかなければなりませんが、治水のためには洪水に備えてダムの水位を下げておく必要があります。わが国には治水と利水を一つのダムでこなす多目的ダムが多く、洪水に備えて十分な事前放流を行えないとされてきました。 
 なお、昨年7月の西日本豪雨において肱川の野村ダムと鹿野川ダムもそれなりの事前放流をしていましたが、それでも凄まじい緊急放流を行う事態になりました。
〈参考ページ〉「「緊急放流減らす」 既存ダム運用検証 官房長官」
 関連記事を転載します。

◆2019年12月13日 NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20191213/6050008305.html


◆2019年12月30日 神奈川新聞
https://this.kiji.is/584078808796152929?c=62479058578587648

-----------------------------

八ッ場あしたの会 2019年11月26日事務局だより
「緊急放流減らす」 既存ダム運用検証 官房長官
http://yamba-net.org/49546/

 
◆2019年11月26日 上毛新聞一面
ーダムの貯水機能強化 関係省庁で検討会議 降雨期に事前放流ー


◆2019年11月25日 時事通信
https://trafficnews.jp/post/91632


◆2019年11月26日 ロイター
https://jp.reuters.com/article/idJPT9N27G026


◆2019年11月26日12時1分 NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191126/k10012191361000.html


日本経済新聞 2019/11/26 18:00
発電・農業用ダム、洪水対策に活用 政府検討会議が初会合
http://nikkei.com/article/DGXMZO52626630W9A121C1EE8000/


時事通信 2019年11月26日18時32分
ダム1460カ所の治水強化へ 来夏に運用開始―政府
http://jiji.com/jc/article?k=2019112601007&g=eco


日本経済新聞 2019/11/16 22:30
ダム放流指示しやすく、国交省 電力などと手順協議
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52274630W9A111C1MM8000/


日本経済新聞 2019/11/15 2:00
国土強靱化「7兆円計画」延長せず 政府、利水ダム活用
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52180950U9A111C1PP8000/


/////////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

被災地 台風 爪痕 観光地 コロナ 地方圏 連続上昇 治水リーディング・プロジェクト ダム スーパー堤防 公示地価 レオパレス21 苦境 トンネル 陥没事故 大深度地下法 違憲性 東京外環 改修工事 決算公表 再延期 早期希望退職 施工不良 浮上 

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
GoToトラベル“段階的再開”検討 上限に減額案 2021/02/25
米旅客機部品落下 金属疲労か 乗り入れ禁止を 2021/02/24
菅首相長男接待疑惑 総務省幹部ら13人、接待 計39回60万円超 2021/02/23
首相長男接待疑惑 総務官僚接待 放送行政 疑念深めた 2021/02/23
米旅客機 巨大部品落下 米の住宅街 運航停止指示 2021/02/22
ウーバー運転手は従業員 英最高裁 仏に続く 2021/02/21
曙ブレーキ 検査データ改ざん不正11万件 20年前から 2021/02/20
外環道 大深度地下トンネル工事 安全神話の崩壊 2021/02/19
株価3万円回復 実体伴わぬバブルの恐れ 2021/02/18
福島県沖地震 震災10年で起きたM7級余震 2021/02/17
天気予報

-天気予報コム- -FC2-