FC2ブログ
2020-03-15(Sun)

宅地防災対策 新たな方向性

「大規模盛土造成地防災対策検討会」報告

<報告のポイント>
[1]大規模盛土造成地の事前対策は、人的被害や財産被害の防止・軽減、復旧コストの低減(事後復旧と比べて約3割の事業費削減が可能等)等の点において意義があること
[2]大規模盛土造成地マップが令和元年度末に全国で公表予定である中、新たな目標値(令和4年度までに安全性把握のための調査計画の作成を完了する等)が必要であること
[3]まちづくりの観点からは、居住誘導区域内の対策を立地適正化計画等に位置づけ、優先的に実施すべきであること

大規模盛土造成地防災対策検討会 報告概要(PDF形式)
http://www.mlit.go.jp/report/press/content/001332378.pdf
200313大規模盛土造成地防災対策検討会 報告概要

令和元年度大規模盛土造成地防災対策検討会報告(2020年3月13日公表)
  報告(概要) http://www.mlit.go.jp/toshi/web/content/001332380.pdf
  報告(本文) http://www.mlit.go.jp/toshi/web/content/001332512.pdf
  報告(参考資料) http://www.mlit.go.jp/toshi/web/content/001332381.pdf




以下参考

「大規模盛土造成地防災対策検討会」報告の公表
~今後取り組むべき宅地防災対策の方向性を提示~
令和2年3月13日
http://www.mlit.go.jp/report/press/toshi06_hh_000042.html
 地震や豪雨等の災害が頻発する中、宅地防災対策の重要性が高まってきていることを受け、今後の対策を検討するために設置された「大規模盛土造成地防災対策検討会」において、今般、報告がとりまとめられ、今後取り組むべき新たな方向性が提示されました。
 国土交通省では、本報告で示された方向性をふまえた具体的な取組の進め方等について検討を進め、必要な技術的助言等を地方公共団体に対して行うこととしています。

<検討経緯>
○国土交通省では、今後の宅地防災対策を推進するため、大規模盛土造成地防災対策検討会(委員長:二木幹夫 (一財)ベターリビング つくば建築試験研究センター 総括役(建築基礎・地盤技術高度化担当)、委員:別紙参照)を設置し、第1回(令和元年6月6日)以降、5回にわたり議論を重ねてきました。

<報告のポイント>
[1]大規模盛土造成地の事前対策は、人的被害や財産被害の防止・軽減、復旧コストの低減(事後復旧と比べて約3割の事業費削減が可能等)等の点において意義があること
[2]大規模盛土造成地マップが令和元年度末に全国で公表予定である中、新たな目標値(令和4年度までに安全性把握のための調査計画の作成を完了する等)が必要であること
[3]まちづくりの観点からは、居住誘導区域内の対策を立地適正化計画等に位置づけ、優先的に実施すべきであること

※報告(本文、参考資料)及び過去の会議資料は、下記URLからご覧下さい。
http://www.mlit.go.jp/toshi/web/toshi_tobou_tk_000031.html
添付資料
報道発表資料(PDF形式)
http://www.mlit.go.jp/report/press/content/001332377.pdf
大規模盛土造成地防災対策検討会 報告概要(PDF形式)
http://www.mlit.go.jp/report/press/content/001332378.pdf
委員名簿(PDF形式)
http://www.mlit.go.jp/report/press/content/001332379.pdf

お問い合わせ先
国土交通省都市局都市安全課 
TEL:03 -5253- 8111 (内線32332、32354) 直通 03 -5253- 8402 FAX:03-5253-1587

***************************************

令和元年度大規模盛土造成地防災対策検討会
http://www.mlit.go.jp/toshi/web/toshi_tobou_tk_000031.html
 宅地防災については、総合的な宅地防災対策検討会報告(平成18年1月)を踏まえ、宅地造成等規制法の改正や宅地耐震化推進事業の創設等が行われました。その後、東日本大震災(H23)、熊本地震(H28)等では盛土造成地で宅地被害が多数発生し、復旧・再度災害防止等の観点から、大規模盛土造成地滑動崩落防止事業等が活用されました。また、重要インフラの緊急点検(H30)では、令和元年度中に国が全国の区域を対象に大規模盛土造成地マップを作成・公表するなど変動予測調査や予防対策を加速することとしました。
 こうした経緯を踏まえ、今後の宅地防災対策を推進するために大規模盛土造成地防災対策検討会を設置しました。

開催状況
令和元年度大規模盛土造成地防災対策検討会報告(2020年3月13日公表)
  報告(概要) http://www.mlit.go.jp/toshi/web/content/001332380.pdf
  報告(本文) http://www.mlit.go.jp/toshi/web/content/001332512.pdf
  報告(参考資料) http://www.mlit.go.jp/toshi/web/content/001332381.pdf

第5回(2020年1月30日)
〇 会議資料  
  議事次第
  資料1:令和元年度大規模盛土造成地防災対策検討会 報告(案)
  資料2:報告(案)参考資料
資料3:報告(案)概要
参考資料:第4回 令和元年度大規模盛土造成地防災対策検討会 議事概要
  ※当日の配付資料より一部変更しています。
〇 議事概要
  
第4回(2019年11月25日)
〇 会議資料  
  議事次第
  資料1-1:令和2年度予算概算要求概要について
  資料1-2:大規模盛土造成地防災対策の実施状況等
  資料2-1:令和元年度大規模盛土造成地防災対策検討会報告(骨子案)
  資料2-2:今回ご意見いただきたい事項
資料3:今後のスケジュール(案)
参考資料1:第3回 令和元年度大規模盛土造成地防災対策検討会 議事概要
参考資料2:「全国の盛土造成地の安全性把握状況の公表」(令和元年10 月10 日記者発表)
  ※個別地区に関する資料等について、当日の配付資料より一部変更しています。
〇 議事概要

第3回(2019年7月24日)
〇 会議資料  
  議事次第
  資料1-1:「大規模盛土造成地の滑動崩落対策推進ガイドライン及び同解説」(平成27 年5 月)
1.変動予測調査編について  
  資料1-2:変動予測調査の取組状況等について  
  資料2:横浜市における宅地耐震化事業について(横浜市資料)
  資料3:論点と検討の方向性(第3回検討会時点案)
  資料4:今後のスケジュール(案)
  参考資料1:第2回令和元年度大規模盛土造成地防災対策検討会議事概要
  ※個別地区に関する資料等について、当日の配付資料より一部変更しています。
〇 議事概要


第2回(2019年7月4日)
〇 会議資料  
  議事次第
  資料1:大規模盛土造成地滑動崩落防止事業の実施状況  
  資料2-1:平成29年台風21号等による宅地被害と復旧 (奈良県資料)  
  資料2-2:西宮市における宅地耐震化推進事業 (西宮市資料)
  資料2-3:岬町(大阪府)における宅地耐震化推進事業について(岬町資料)
  資料3:論点と検討の方向性(第2回検討会時点案)
  資料4:今後のスケジュール(案)
  参考資料1:第1回令和元年度大規模盛土造成地防災対策検討会議事概要
  参考資料2:大規模盛土造成地滑動崩落防止事業に関する条例等
  ※個別地区に関する資料等について、当日の配付資料より一部変更しています。
〇 議事概要



第1回(2019年6月6日)
〇 会議資料  
  議事次第
  資料1:令和元年度大規模盛土造成地防災対策検討会について  
  資料2:大規模盛土造成地防災対策検討の趣旨及び経緯  
  資料3-1:東日本大震災による宅地被害と復旧(仙台市資料)  
  資料3-2:熊本地震による宅地被害と復興(熊本市資料)  
  資料3-3:北海道胆振東部地震被害からの復旧(札幌市資料)
  資料4:今後のスケジュール(案)
  参考資料
  ※個別地区に関する資料等について、当日の配布資料より一部変更しています。
   ※資料2について、資料内の数値に一部誤りがあったため、2019年7月2日に修正。
〇 議事概要
委員
委員名簿

国土交通省 都市局 都市安全課 
電話 :03-5253-8111(内線32332、32354)
直通 :03-5253-8402
ファックス :03-5253-1587

*****************************************

毎日フォーラム・ファイル 2020年3月10日 09時51分(最終更新 3月10日 09時55分)
防災 小規模盛り土4201カ所 主要都市分
https://mainichi.jp/articles/20200306/org/00m/010/013000d


佐賀新聞 2020/2/27 7:30
盛り土造成地マップ公表 19市町分、佐賀県の調査完了
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/493322


マイナビニュース 2020/03/08 19:00 ARUHIマガジン
自宅の土地は地震で崩れない? 「大規模盛土造成地マップ」で崩落リスクを読む
https://news.mynavi.jp/article/20200308-991386/


////////////////////////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

被災地 台風 爪痕 観光地 コロナ 地方圏 連続上昇 治水リーディング・プロジェクト ダム スーパー堤防 公示地価 レオパレス21 苦境 トンネル 陥没事故 大深度地下法 違憲性 東京外環 改修工事 決算公表 再延期 早期希望退職 施工不良 浮上 

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
新型コロナ 緊急事態再延長 4都県 確実に抑え込む期間 2021/03/06
NTTも総務官僚接待 全省庁対象に調査せよ 2021/03/05
東京外環道陥没 大深度地下工事中止を 「再開ありき」やめよ 2021/03/04
海上交通安全法等改正案  閣議決定 船舶へ退去命令可能に 2021/03/03
米軍ヘリ 都心低空飛行常態化 羽田新ルートも影響か 2021/03/02
リニア談合 大成建設と鹿島に有罪判決 「(談合に)徹底的に協力」 2021/03/01
北陸新幹線敦賀延伸 加賀トンネルに懸念材料  2021/02/28
新労務単価1.2%上昇 9年連続引き上げ 国交省 2021/02/27
大戸川ダム整備へ 計画変更案公表 流域府県 建設容認 2021/02/26
GoToトラベル“段階的再開”検討 上限に減額案 2021/02/25
天気予報

-天気予報コム- -FC2-