FC2ブログ
2020-07-10(Fri)

リニア静岡工区 湧水流出防止は不可能 強引なJR東海

工事をやめ事業中止の決断を 静岡県「準備作業改めて認めず」

しんぶん赤旗 2020年7月7日
リニア事業中止の決断を 小池書記局長が指摘
----静岡県知事が工事に合意しないというのは当然の判断だと思う。
----小池氏は、新型コロナ危機でテレワークやリモート会議などが広がり一極集中の弊害も明らかになるもとで、東海道新幹線とリニアという二大幹線で結ぶという構想自体が、コロナ後の社会にとって必要なのかが問われると指摘。「静岡県が求めていることが不可能なことがわかっていながら、JR東海はリニアを強引におし進めようとしている。不可能なことを強引におし進めるというやり方は、イージス・アショアや辺野古新基地建設と同じ構造だ。イージス・アショアを断念したように、辺野古もリニアも断念するべきだ」と語りました。

しんぶん赤旗 2020年7月5日(日)
主張:行き詰まるリニア 工事をやめ事業中止の検討を
----JR東海が2027年に予定していたリニア中央新幹線(東京・品川―名古屋間)の開業が延期に追い込まれつつあります。静岡県内のトンネル工事が引き起こす大井川の流量減少にJR東海がまともな対策を示さず、県が工事を認めないためです。リニア計画は環境破壊、採算、沿線自治体の負担など数々の問題を置き去りに進められてきました。予定が行き詰まった今、工事をやめ、中止を含め事業そのものを見直すべきです。


静岡新聞(2020/7/10 10:25)
リニア静岡工区、豪雨で作業用道路崩落 「日本一崩れやすい地質」開業に影響も
----リニア中央新幹線工事に伴う大井川の流量減少問題を巡ってJR東海や国土交通省が追加工事への着手を認めるよう県に求めている静岡工区のヤード(作業基地)につながる作業用道路に、梅雨前線の停滞に伴う豪雨で路肩崩落などの被害が相次いで発生していることが9日、静岡市や県などへの取材で分かった。復旧には相当の時間がかかるとみられる。被災は頻発しており、リニア開業時期に影響は避けられない見通しだ。


NHK 2020年7月8日 19時54分
リニア中央新幹線 準備作業認められず“国と対応協議” JR東海
----リニア中央新幹線の工事をめぐり、静岡県は7日、JR東海が着手を急ぐ準備作業の開始は認められないという考えを改めて示しました。これに対し、JR側は8日、「大変残念だ」というコメントを公表し、今後の対応について国土交通省と協議したいとしています。





以下参考

しんぶん赤旗 2020年7月7日
リニア事業中止の決断を 小池書記局長が指摘
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-07-07/2020070702_03_1.html
 日本共産党の小池晃書記局長は6日、国会内での記者会見で、リニア中央新幹線の2027年開業の見通しがたたないことを問われて、「リニア中央新幹線は、環境を破壊し、財政的にも公的資金である財政投融資を3兆円投入し、(総工費で)9兆円もの莫大(ばくだい)な費用を注ぎこむものだ。工事を止めて、事業中止の決断をするべきだ」と強調しました。
 小池氏は、JR東海が南アルプスのトンネル工事で大井川の水量が毎秒2立方メートル減少するとしていることについて、「これは60万人分の静岡県民の生活用水にあたる。しかも、大井川にトンネル湧水を戻すと約束しながら、昨年8月に『工事中は戻せない』といいだした。そうなると工事中の期間、静岡県は渇水状態になる。静岡県知事が工事に合意しないというのは当然の判断だと思う」と述べました。
 さらに小池氏は、新型コロナ危機でテレワークやリモート会議などが広がり一極集中の弊害も明らかになるもとで、東海道新幹線とリニアという二大幹線で結ぶという構想自体が、コロナ後の社会にとって必要なのかが問われると指摘。「静岡県が求めていることが不可能なことがわかっていながら、JR東海はリニアを強引におし進めようとしている。不可能なことを強引におし進めるというやり方は、イージス・アショアや辺野古新基地建設と同じ構造だ。イージス・アショアを断念したように、辺野古もリニアも断念するべきだ」と語りました。


しんぶん赤旗 2020年7月5日(日)
主張:行き詰まるリニア 工事をやめ事業中止の検討を
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-07-05/2020070501_05_1.html


読売新聞 2020/07/08 05:00
社説:リニア開業延期 科学的見地で合意目指したい
https://www.yomiuri.co.jp/editorial/20200707-OYT1T50230/


産経新聞 2020.7.4 05:00
【主張】リニア新幹線 反対だけが知事の仕事か
https://www.sankei.com/column/news/200704/clm2007040001-n1.html

***************************************

Yahooニュース 2020/7/10(金) 12:00
リニア中央新幹線「静岡県がごねている」は本当か。大井川の水問題の歴史
https://news.yahoo.co.jp/byline/hashimotojunji/20200710-00187441/


静岡新聞(2020/7/10 10:25)
リニア静岡工区、豪雨で作業用道路崩落 「日本一崩れやすい地質」開業に影響も
https://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/784994.html


毎日新聞2020年7月10日 地方版
リニア着工に関門複数 専門部会検証後に環境協定 /静岡
https://mainichi.jp/articles/20200710/ddl/k22/020/172000c


静岡新聞(2020/7/9 07:54)
JR東海「大変残念」 リニア問題で静岡県の再回答にコメント
https://www.at-s.com/news/article/special/linear/003/784627.html


日本経済新聞 2020/7/8 20:10
JR東海、リニア工事認められず「残念」 静岡県回答に
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61302350Y0A700C2L91000/


NHK 2020年7月8日 19時54分
リニア中央新幹線 準備作業認められず“国と対応協議” JR東海
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200708/k10012505161000.html


中日新聞 2020年7月8日 05時00分 (7月8日 05時03分更新)
県、JRの質問に再回答 リニア着工
https://www.chunichi.co.jp/article/85084


日本経済新聞 2020/7/8付
県、リニア工事再開認めず JR東海の質問に回答
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO61253380X00C20A7L61000/


NHK 2020年7月7日 21時10分
リニア 静岡県がJRに文書提出「準備作業改めて認めず」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200707/k10012502331000.html


産経ニュース 2020.7.7 20:25
リニア問題、保全協定めぐり静岡県とJR東海がまた見解の相違で足踏み
https://www.sankei.com/economy/news/200707/ecn2007070040-n1.html


共同通信 2020/7/7 19:17 7/7 19:29
リニア、準備工事認めずと再回答 静岡県がJR東海に
https://this.kiji.is/653178486762308705?c=44341039600582657

-------------------------

朝日新聞デジタル 2020年7月7日 11時00分
静岡)自然環境保全協定の案文明らかに リニア問題
https://digital.asahi.com/articles/ASN767H22N76UTPB019.html


毎日新聞2020年7月8日 東京朝刊
みんなの広場
水源めぐる協議綿密に=小学校非常勤講師
https://mainichi.jp/articles/20200708/ddm/005/070/001000c


赤羽一嘉 大臣会見要旨 2020年7月7日(火)
https://www.mlit.go.jp/report/interview/daijin200707.html
質疑応答
(問)リニア中央新幹線についてお聞きします。
先週、静岡県は、ヤード整備は認められないと改めてJRに回答し、これに対してJRは、2027年の開業は難しくなった。
今後の対処については国土交通省と打ち合わせていくというコメントを発表しました。改めて2027年の開業について大臣のお考えと、国土交通省としての今後の対応についてよろしくお願いします。
(答)3日の静岡県からJR東海への回答について、JR東海から静岡県に対して再度確認を求めていると私たちは承知しております。
これは公開になっていると思います。ですから、そのやりとりをしっかりと見守らなければいけないと思っています。
加えて、JR東海から国土交通省に対して開業が遅れる旨の報告は受けておりませんので、現状は、まだ2027年開業の予定は変わっていないものと承知しているところです。
リニア中央新幹線につきましては、これまでも申し上げておりますように、沿線自治体をはじめ、早期開業への期待が大きいことから、JR東海と静岡県との間でしっかり協議をしていただくことが重要であると考えております。
当然、リニア中央新幹線の早期実現と、その建設工事に伴う水資源と自然環境への影響の回避・軽減を同時に進めることが重要であることは、静岡県、JR東海、そして私たち国土交通省の三者の共通認識であると考えております。
現在、国土交通省としても、有識者会議で議論等をしておりますので、引き続き必要な調整、協力等をしっかり行っていきたいと考えております。


NHK 2020年7月7日 15時17分
リニア「JR東海から報告なく開業予定に変更なし」国交相
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200707/k10012501341000.html


毎日新聞2020年7月7日 地方版
リニア工事、動植物290種に影響 議会委で見解 県絶滅危惧種も /静岡
https://mainichi.jp/articles/20200707/ddl/k22/020/215000c


静岡新聞(2020/7/7 09:50)
静岡県対応に県議苦言 静岡がどんどん悪者に/議論を前進させて リニア大井川水問題
https://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/783682.html


日本経済新聞 2020/7/6 15:30
リニア工事、「準備」の解釈にずれ JR東海と静岡県
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61187860W0A700C2L91000/



///////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

被災地 台風 爪痕 観光地 コロナ 地方圏 連続上昇 治水リーディング・プロジェクト ダム スーパー堤防 公示地価 レオパレス21 苦境 トンネル 陥没事故 大深度地下法 違憲性 東京外環 改修工事 決算公表 再延期 早期希望退職 施工不良 浮上 

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
新型コロナ 緊急事態再延長 4都県 確実に抑え込む期間 2021/03/06
NTTも総務官僚接待 全省庁対象に調査せよ 2021/03/05
東京外環道陥没 大深度地下工事中止を 「再開ありき」やめよ 2021/03/04
海上交通安全法等改正案  閣議決定 船舶へ退去命令可能に 2021/03/03
米軍ヘリ 都心低空飛行常態化 羽田新ルートも影響か 2021/03/02
リニア談合 大成建設と鹿島に有罪判決 「(談合に)徹底的に協力」 2021/03/01
北陸新幹線敦賀延伸 加賀トンネルに懸念材料  2021/02/28
新労務単価1.2%上昇 9年連続引き上げ 国交省 2021/02/27
大戸川ダム整備へ 計画変更案公表 流域府県 建設容認 2021/02/26
GoToトラベル“段階的再開”検討 上限に減額案 2021/02/25
天気予報

-天気予報コム- -FC2-