FC2ブログ
2020-09-06(Sun)

リニア計画全体の中間評価・見直しを コロナ禍の今こそ 

政府がやるべきこと / 安倍政権退陣で今後はどうなる? 出口が見えないリニア

川勝平太・静岡県知事の主張。まったくその通りだ。
「リニアは南アルプス・大井川・地域住民だけの問題ではありません。コロナ禍の中でリニア計画の根本的見直しの声が各界から上がっています。コロナ禍の今こそ、政府はリニア計画全体の中間評価・見直しを行うべきでしょう。」


毎日新聞 2020年8月31日
コロナ禍の今こそ、リニア計画の見直しを 川勝平太・静岡県知事
----コロナ禍を受けた計画の見直しを
 一方、新しい局面も生まれています。新型コロナウイルスの流行で、東京で感染が拡大しており、働き方や暮らし方は激変しています。コロナ感染症が新しい現実を突きつけたのです。
 第一に、スーパー・メガリージョンは必要でしょうか。大都市に感染者が多く、コロナ禍問題は今や「東京問題」です。東京中心主義は揺らいでいます。都会から地方への回帰が始まり、「働き方改革」の中で、ICT技術を活用すれば地方で仕事のできる時代が来ています。国土は一極集中型から分散型に変えるのが望ましいでしょう。
 第二に、南アルプスは年間4ミリメートル隆起し、その造山活動は世界で最も活発です。ユネスコのエコパーク「南アルプス」を守るのか、最速のリニアをとるのか。21世紀は地球環境の時代です。リニアのトンネル工事は南アルプスの自然破壊です。南アルプスの保全はユネスコとの国際公約ですから優先されるべきです。
 第三に、リニアが消費する電力源は確保できるのでしょうか。リニアは膨大な電力を消費し、電力源は原発を前提にしています。しかし原発依存モデルは崩壊しました。東電の原発事故に加え、関電は不祥事でもめ、中電の浜岡原発は使用済み核燃料の処理の見通しが立たず、動かしようがありません。他の電力源では、火力発電はCO2排出を助長します。再生可能エネルギーでリニアは動かせません。
 第四に、危機管理は万全でしょうか。「南アルプストンネル」の避難路は直線3キロを登り、出口は南アルプスの山中です。季節によっては死を覚悟しなければなりません。
 第五に、超電導磁石の原料は確保できますか。超電導コイルに必要な希少金属(ニオブ、チタン、タンタル、ジルコニウム等)は世界中で取り合いです。
 第六に、リニアプロジェクトの審議会が最終答申を出す前に行ったパブリックコメントでは73%がリニア計画に否定的でした。審議会がゴーサインを出したのは正当だったのでしょうか。
 リニアは南アルプス・大井川・地域住民だけの問題ではありません。コロナ禍の中でリニア計画の根本的見直しの声が各界から上がっています。コロナ禍の今こそ、政府はリニア計画全体の中間評価・見直しを行うべきでしょう。

Yahooニュース 2020/9/6(日) 6:30
出口が見えないリニア「静岡」問題 安倍政権退陣で今後はどうなる?
----リニア中央新幹線はどうなるのか――長きに渡って政権を担い続けてきた安倍晋三首相が辞意を表明した8月28日、そんなことを筆者は考えた。
 安倍首相は盟友・葛西敬之JR東海名誉会長とタッグを組み、リニア中央新幹線計画を推し進め、2027年には開業させようと力をつくしてきた。近年、葛西名誉会長から代表権が外れ、取締役でもなくなるという流れは、工事が着実に進んでいて、計画が軌道に乗っているということを示しているかのようだった。
 しかし、リニア中央新幹線の計画には暗雲が立ちこめている。静岡工区の工事において、地下水脈との関係で大井川の水がどうなるか、という議論の結論が、いまだ見えていないのだ。
 この結論が見えない限り、リニア中央新幹線の工事は前へと進まない。少なくとも、静岡工区の工事は開始しない。





以下参考

Yahooニュース 2020/9/6(日) 6:30
出口が見えないリニア「静岡」問題 安倍政権退陣で今後はどうなる?
https://news.yahoo.co.jp/byline/kobayashitakuya/20200906-00196779/
小林拓矢 | フリーライター
 リニア中央新幹線はどうなるのか――長きに渡って政権を担い続けてきた安倍晋三首相が辞意を表明した8月28日、そんなことを筆者は考えた。
 安倍首相は盟友・葛西敬之JR東海名誉会長とタッグを組み、リニア中央新幹線計画を推し進め、2027年には開業させようと力をつくしてきた。近年、葛西名誉会長から代表権が外れ、取締役でもなくなるという流れは、工事が着実に進んでいて、計画が軌道に乗っているということを示しているかのようだった。
 しかし、リニア中央新幹線の計画には暗雲が立ちこめている。静岡工区の工事において、地下水脈との関係で大井川の水がどうなるか、という議論の結論が、いまだ見えていないのだ。
 この結論が見えない限り、リニア中央新幹線の工事は前へと進まない。少なくとも、静岡工区の工事は開始しない。
2027年開業は困難に

面子にこだわる政府

自民党総裁選と静岡県知事選



毎日新聞 2020年8月31日
コロナ禍の今こそ、リニア計画の見直しを 川勝平太・静岡県知事
https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20200828/pol/00m/010/002000c
かつてはリニアの大推進論者

欠かせない「命の水」

遅延の責任はJR東海に

コロナ禍を受けた計画の見直しを
 一方、新しい局面も生まれています。新型コロナウイルスの流行で、東京で感染が拡大しており、働き方や暮らし方は激変しています。コロナ感染症が新しい現実を突きつけたのです。
 第一に、スーパー・メガリージョンは必要でしょうか。大都市に感染者が多く、コロナ禍問題は今や「東京問題」です。東京中心主義は揺らいでいます。都会から地方への回帰が始まり、「働き方改革」の中で、ICT技術を活用すれば地方で仕事のできる時代が来ています。国土は一極集中型から分散型に変えるのが望ましいでしょう。
 第二に、南アルプスは年間4ミリメートル隆起し、その造山活動は世界で最も活発です。ユネスコのエコパーク「南アルプス」を守るのか、最速のリニアをとるのか。21世紀は地球環境の時代です。リニアのトンネル工事は南アルプスの自然破壊です。南アルプスの保全はユネスコとの国際公約ですから優先されるべきです。
 第三に、リニアが消費する電力源は確保できるのでしょうか。リニアは膨大な電力を消費し、電力源は原発を前提にしています。しかし原発依存モデルは崩壊しました。東電の原発事故に加え、関電は不祥事でもめ、中電の浜岡原発は使用済み核燃料の処理の見通しが立たず、動かしようがありません。他の電力源では、火力発電はCO2排出を助長します。再生可能エネルギーでリニアは動かせません。
 第四に、危機管理は万全でしょうか。「南アルプストンネル」の避難路は直線3キロを登り、出口は南アルプスの山中です。季節によっては死を覚悟しなければなりません。
 第五に、超電導磁石の原料は確保できますか。超電導コイルに必要な希少金属(ニオブ、チタン、タンタル、ジルコニウム等)は世界中で取り合いです。
 第六に、リニアプロジェクトの審議会が最終答申を出す前に行ったパブリックコメントでは73%がリニア計画に否定的でした。審議会がゴーサインを出したのは正当だったのでしょうか。
 リニアは南アルプス・大井川・地域住民だけの問題ではありません。コロナ禍の中でリニア計画の根本的見直しの声が各界から上がっています。コロナ禍の今こそ、政府はリニア計画全体の中間評価・見直しを行うべきでしょう。
リニア活用法の提案


///////////////////////////////////////////////
関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimura2

Author:ajimura2

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
記事タグ

被災地 台風 爪痕 観光地 コロナ 地方圏 連続上昇 治水リーディング・プロジェクト ダム スーパー堤防 公示地価 レオパレス21 苦境 トンネル 陥没事故 大深度地下法 違憲性 東京外環 改修工事 決算公表 再延期 早期希望退職 施工不良 浮上 

カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事 (サムネイル付)
新型コロナ 緊急事態再延長 4都県 確実に抑え込む期間 2021/03/06
NTTも総務官僚接待 全省庁対象に調査せよ 2021/03/05
東京外環道陥没 大深度地下工事中止を 「再開ありき」やめよ 2021/03/04
海上交通安全法等改正案  閣議決定 船舶へ退去命令可能に 2021/03/03
米軍ヘリ 都心低空飛行常態化 羽田新ルートも影響か 2021/03/02
リニア談合 大成建設と鹿島に有罪判決 「(談合に)徹底的に協力」 2021/03/01
北陸新幹線敦賀延伸 加賀トンネルに懸念材料  2021/02/28
新労務単価1.2%上昇 9年連続引き上げ 国交省 2021/02/27
大戸川ダム整備へ 計画変更案公表 流域府県 建設容認 2021/02/26
GoToトラベル“段階的再開”検討 上限に減額案 2021/02/25
天気予報

-天気予報コム- -FC2-